windows in mobile phone….

0
59

マイクロソフトというと、クラウドの世界では、Amazonの遥か後方を走っていた感がある。要するに、あまり使われなかった。ところが、最近は、だんだん追いついてきたのではないだろうか?

マイクロソフトの場合は、OSのwindowsを持っているので、その部分では強みがある。クラウド上でVirtual Desktop PCが使えるようなので、マイクロソフトのAzureサーバーから、windows pcのインスタンスを作ってみた。

Amazonの仮想デスクトップPCよりも、低額で、無料枠もある。この分野に関しては、マイクロソフトは、品質を上げて価格を下げてきたみたいで、これは本気だと思う。

クラウド上のソフトウェアも、そこそこ充実してきている。AIや機会学習のソフトウェアがあるのは、当然だとして、ブロックチェーン関連のソフトウェアも揃えてきている。

スマホからPCやサーバーも操作できるが、欠点は、操作の解説が少し不親切である。この辺は、Amazon方が、顧客サービスのスタンスとしては、優れている。

Amazonだと、新規提案を上司が却下するには、そのための十分な書類を作る必要があったと思う。それほど、進化を推奨している。行政に近い組織ほど、変化を嫌い、取りあえず、却下してしまう。

最近のシステムの進化をみると、マイクロソフトも、組織内部が、進歩的になってきているのかもしれない。




Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA