最慘的時刻還沒到!企業必須做更長期的準備?

0
85


コロナウイルスの影響で、観光産業は、どの国でも、大きな影響を受けているという。台湾のビジネス雑誌(天下)によると、「最悪の時期には来ていないので、企業は準備をしておくべきた」と述べている。SARSの例でいうと、5月ぐらいに落ち込むらしい。

ただ、いわゆるゲーム理論のように、全員が自分の利益のためにコスト削減に励むと、全体の経済は悪化してしまう。そういう意味では、取引関係を含めたエコシステムにも気を配る親分的なリーダーが必要なのだろうけれど、日本の場合は、どうだろうか・・。

オーストラリアのように、温かく、自然も多く、ゴルフやダイビングもOKで、病原菌とは無関係の地域もある。オーストラリアに研修所でも作っておいて、数カ月は、英語圏の仕事をするぐらいが、ちょうど良いと思うけれど、昔から、そんな会社があるとは、あまり聞かないね・・。

(1)出典
天下雑誌:https://www.cw.com.tw/article/article.action?id=5098911

storage.googleapis.com

Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA