Patent Analysis for Business….

0
131


近年、幾つかの学会では、知財データの解析を、ディープラーニングや、自然言語処理をつかって、行う手法が発表されており、開発のしきいが下がっています。逆にいうと、ソフトウエア開発は、ちょっとした競争環境にあるとも言えます。

一方で、GoogleのDataStudio(https://datastudio.google.com)にデータを供給するところも出てきており、開発者自体も増えることが予想されます。まあ、知財の分野でも、高度なデータ戦略技術が可視化できるかどうかで、ちょっとした差がつくような気がします。。。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here