NASA。 〜イノベーションの本質〜…

0
49

 NASAというと、すごいとこだというイメージがあるので、そのイノベーションについて調べていたら、いい本(実体験書)をみつけた(^^)。知っている人もいるかもしれないけど、良書なので、紹介します。

 〜以下、紹介〜
 北海道赤平市。「もうすぐ潰れそうな町」と言われている。従業員20名のマグネットの会社で、クレームに土下座をする日々。その中で冷徹こそ正義だと信じていた経営者が、あるとき友人に誘われて、児童虐待を受けた子供達の養護施設にでかける。そして、「どうせ無理」・・・そんな言葉が、この社会と子供達を作り出していると考え始め、町工場で、宇宙ロケットを作り始めることにした。実験施設は自腹。企画書を書いて、生命保険に加入して資金を調達する。そして、本当に作ってしまうのだ。
 未来というものは、現在できることの先にはない。「できないからやる」。NASAの門には、「Dream can do, Really can do」と書いてあるという。泣ける人もいるかもしない本だ。

 尤も、幾つかのプロジェクトでは、何十億円か稼いだそうだけどね・・・^_^/




Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA