iPS細胞の研究室。…

0
172

 
この分野、読者が少ないせいか、意外と書籍が少ない。オライリーのデータ解析本を見ても、裾野が広く売れるように考えられている。少しやさしい内容が多い。難しい内容だと、たぶん売れない。
 
商業と科学の発展、両立させるのは、難しいのかもしれないけれど、それを支える仕組みが、必要なのかもしれないと思った。




Source