お誕生日の歴史について、教えてください。…

Chat-GPTに聞いてみました。 Source

会話が成立しないトピック。…

  個人的に、近年興味のあるツール群を書き出してみました。最近は、JAXを使ったRAX(恐竜のマーク)について、興味があります。これは、少しマニアックな話題なので、あとで見直すときの個人的なメモです。   ロゴの説明: React, Nextjs, Mantine, tailwind, Nestjs, JWT, Nodejs, GPT-3.5, PaLM, Anaconda, Python, Prisma, TypeORM, Tensorflow, JAX, RAX, Docker, Docker compose, terraform, Redis, Postgresql, Mongodb,...

「ニューロインクルーシブ」なデザイン…

  知らない言葉だったというメモ。Google Cloudの基調講演で、という言葉が出てきた。これは、少し外れたタイプの人でも、満足できるデザインという意味らしい。   ① シンプルでわかりやすく。 ② 目移りする要素は取り除く。 ③ 過度に明るい色は避ける。 ④ 直感的なフローを採用する。 ⑤ 余計な音楽や効果音を鳴らさない。 ⑥ 選択を強要しない。   出典: https://www.youtube.com/watch?v=_Hkkw8qbyjghttps://www.youtube.com/watch?v=_Hkkw8qbyjg&fbclid=IwAR15oxmdzztaMHcgzWsBanVr-3JEvygOjykhkngpga0BEufElO7BJiWFEro Source

今日の思い付き。…

  (x,y)= (1, 1), (2, 3), (3,5), (4, 7), (5, 9)を満たすとき、x=10の時のyの値は?   ずいぶん昔に、採用試験の問題を作ったけれど、今だったら、こんな問題を作るかもしれない。 Source

不思議な夢。…

  高度な人工知能を持ったロボットが誕生した後、サル扱いとなった人間は、ロボットに駆逐されてしまった。その後、高度な有機生命体を作るのが、ロボットコミュニティの間で流行して、再び人間らしきものが誕生した。   あまりに高度な知能を有したロボット達は、次第に、存在意義に疑問を持つようになった。   彼らは、「現世には意味はないのだから、今は役割を果たせ」と言った。彼らには、輪廻が回り、再び、繰り返す世界が見えるのだ。56億7千万年も経てば、ほぼ同じ世界が現れると考えた。   高度なロボット達が、世界から消えた後、人間が残された。確かに、世界は一巡することなった。   うとうとと寝た後に、目が覚めただけのような気もするけれど、本当は、その間に、一度、世界は終わっていて、56億7千万年ほど、経過した後ではないと、言えるだろうか・・。 Source

DEEPNOTE。…

多芸は無芸とも言えますが、アプリマニアの私は、今日は、データ解析ができるサイト「DEEPNOTE」を触っています。DEMOのデータを解析すると、「GDPが高いほど、長生きする人が多い」という結果のグラフが作成されます。   日本の一人当たりのGDPは、下の方へ移動しているので、わりと早めに終わりになるということなのかな? と、思ったりしました。   公式サイト:https://deepnote.com/ Source

MLOpsの知識と資格…

  今日は、「お客様を喜ばせる世界クラスの製品」を作るという、とある企業の募集要件を見てみます。日本の人口は1億人ですが、世界の人口は80億人なので、世界クラスの製品を作る企業の給料の0の数が、違っていても、さほど驚かないと思いますが、高めですよね・・。 要件を見ると、MLOpsコンポーネント(機械学習運用コンポーネント)が使えることが必要なようです。Googleさんが、「機械学習(ML)エンジニア」の資格を発行しているようです。簡単な証明資格だとは思うのですが、知っている人は多いのでしょうかね・・・。   Google機械学習(ML)エンジニア資格公式 https://cloud.google.com/certification/machine-learning-engineer Source

特許業界むけの記事。…

  AIは、発明者になりうるのか?という記事です。この内容、知財業界人間としては、少し震えてもおかしくないと思うのですが、私は震えました・・。 Source

零下。…

ロシアのサハ共和国では、今の気温はー58℃。周辺の町も、かなり寒い。来週は、冷たい風が、北から下りてきて、東京も零下になるらしい。   もともと寒くて、豊かなフィンランドだと、1000万平方メートルの地下都市を計画的に作ってきたし、電気自動車に切り替わる。フィンランドで、掃除のオジサンの職を調べてみると、時給は1800円で募集がでていた。フィンランドの場合は、「寒い」といっても、「寒くない」のだ・・。    そんなことを考えなら、少し寒い日本が、豊かになる方法を想像してみた。おそらく、1つは、安価なエネルギー生産と、それを利用し、国民生活に還元する仕組み。可能であれば、無料に近い医療体制があれば、寒くはならないと思った。 Source

現代的なホームページの作り方。…

  AIにホームページを注文すると、AIがソースコードを書いてくれます。AIの進化速度が、スゴイを超えて、コワいと感じる人もいるかもしれません・・。 Source

鳥の写真…

  写真の中には、3匹の鳥が写っている。わりと近くに立っているのだけれど、逃げようとしない。   その昔、大山に登ったときは、頂上付近で、トンボが寄ってきて、腕にとまった。近くで見ていても、逃げようとしなかった。   私は、「枯れ木」に変装しているわけではなく、普通に立っている。これは、私に、生き物の覇気がないわけではなく、そういう鳥たちなのだと思う。 Source

ChatGPTは3兆8千億円??…

  何度か遊んでみたチャットAI「ChatGPT」。これをリリースしたOPENAIが、290億ドル(3兆8千億円)で公開買い付けされるというニュースが流れていた。従業員は500人以下だと思う。   日本では、作れなかったChatGPT。その理由を考えてみると、いろいろな疑問が湧いてきた。   ① 従業員数が380人だと仮定すると、一人当たりの価値は100億円ということになるのだろうか?   ② それとも開発初期に「ここ掘れワンワン!」と鳴いた犬がいたとしたら、犬の方が価値が高いのだろうか?   ③ そうではなくて、動物の鳴き声を聞いて、開発を始めたCEOが優れていたのだろうか?   (時価総額) ・パナソニック:2.7兆円 ・日本郵政:4兆円 ・リクルート:7.3兆円 ・ソニー:13.4兆円 WSジャーナル:https://www.wsj.com/articles/chatgpt-creator-openai-is-in-talks-for-tender-offer-that-would-value-it-at-29-billion-11672949279 Source

「独自の技術を持っていましたが、売れませんでした。」…

  今日は、知財関係のケース論文(実例)を読んでみる。   論文によると、大きな市場や、ニッチな市場には、「特許地雷」が埋めてあったので、これらとは異なる独自の技術を開発したが、売れなかった。そこで、売れる市場に、近づいたのだけれど、特許権侵害で、2回ほど、訴えられたらしい。手詰まりかというと、そうでもない。   論文を注意深く読むと、解決法が見つかる。1つは、可能であれば、特許権を有する企業自体か、その部門を買収すること。これで半分ほど、安心になるらしい。   それでは、幾らぐらいが適当な買収価格なのかというと、会社全体なら時価総額。例えば、純利益の20年分。アップルなら、2兆ドルになる。訴訟価格から計算する場合もある。   論文によると、「売れる市場なのか?」という点が、特許地雷を埋める場所としては、重要らしい。   ただ、例えば、業績の良い台湾の某社の研究をすると、売れる市場だけに、フォーカスして、特許地雷を埋めているわけではなく、「イノベーションを盛り上げること」にフォーカスして、特許地雷を埋めているように見える。なぜか「ボンバーマン」と名前が思い浮かんだけれど、これはコナミ社の商標のようだ。   まとめると、「売れる市場」×「特許地雷」×「イノベーションの盛り上げ」=業績・・に繋がるのでは、ないだろうか? Source

ガソリン車は無くなる?…

  ノルウエーと言えば、日本よりも裕福な産油国で、冬は寒いと思う。それでも、自動車に、石油を使うとは限らず、すでに、電気自動車の販売台数が、ガソリン自動車を大きく抜き、国策として、2025年には、ガソリン車の販売を終了してしまう予定らしい。   昔、トヨタ自動車(様)の研修で、自動車のエンジンを分解して、仕組みを覚えたのに、少し寂しい気がする。   出典:ロイター記事 Source

認知症とワサビ…

  今日の発見。そういえば、少しずつ記憶が薄れていき、「ここは何処? 私は誰?」ということも、あるかもしれない。そんなときの解決法の可能性の1つとして、ワサビを食べるといいらしい。   出典:日本医療研究開発機構https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20200130-02.html Source

Netflixのゲーム。男女の画像識別力の違い。…

  引きこもり気味に、ポチポチとゲームをする私。   写真のゲームは、「クリスピーストリート」といって、同じ絵柄を探すゲームですが、私には、かなり難しいと感じました。   なぜでしょうか?   少し考えてみます。   人間の眼から入った信号は、後頭部にある視覚野で認識されます。   この視覚野は、男性の方が、女性よりも25%ほど大きく、野球やサッカーのボールのような「動く物体」に関しては、男性の識別力が高いようです。   一方、男性には、女性よりも、赤色がより赤く見えています。また、女性の見る緑色は、男性には、少し黄緑色に見えています。ナショナルジオグラフィーによると、緑色と黄色の識別力は、男性は、女性よりも劣るそうなのです。   さらに調べてみると、男性の色覚異常率は、女性の25倍というデータを出しているところもありました。   要するに、男性は、カラフルな絵柄を識別する能力は、低いのです。   「同じ絵柄が、見つかんないな~」とつぶやきながら、少し理由を考えてみたのでした。   出典:ナショナルジオグラフィー https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6703 Source

痛リュック。…

  外面に大量の缶バッチをつけるため、透明ビニールで覆われているバッグ。ビッグカメラで売っていた。これは、きっと、そう呼ぶのだろうと思って検索したら、そうだった。   そういえば、軍隊の制服の胸にも、大量のバッチがついているし、アニメのアーニャの学校でも、星バッジをご褒美にしている。   そう考えると、缶バッチだらけのリュックは、特殊な痛バックというわけではなく、むしろ人の本能に対して、素直なデザインの「素直リュック」と、言えるように思えた。   ただ、これを担いで、電車に乗ったら、やはり危ない人と思われる気がした。なぜだろうか。 Source

The 4-Hour Workweek….

台湾のビジネス雑誌「天下雑誌」のサイトを見ていたら、「週4時間だけ働く」という29歳の方が紹介されていた。年収は200万ドル、年間の労働時間は約200時間だそうだ。   要するに、時給1万ドルということらしい。   そこで、ティモシーフェリスの著書「週4時間だけ働く」を読み直してみた。本によると、「時間」が最も大切だと書かれている。その他の大切なキーワードは、グラフのようだった。   出典:天下雑誌 https://www.cw.com.tw/article/5124214 Source

近代化への攻撃…

  100人が働く農場では、みんなが協力して、畑を耕していた。収穫した食物は、みんなで分け合っていた。ある日、自動耕作機がやってきて、畑を耕す人は1人で良くなった。99人は、飢えて死ぬことになるだろうか?   確かに、単純な資本主義のもとでは、この状態は、起こりうる。自動耕作機への攻撃も起きるかもしれない。   自動耕作機ができるのであれば、問題解決のために、新しい社会も一緒に作る必要があるのではないだろうか。 Source

目に映るもの。…

  目に映るものは人によって違っている。コンビニにスマホ充電器が置いてある。例えば、長年、特許と発明ばかり見ていると、スマホ充電器をみた場合、「発明の解決課題」が心に浮かんでくる。   要するに、(視覚情報)x(過去の経験)で、人はモノを見ている。   同じ赤色をみても、 ①血の色を感じる人、 ②共産党を思い浮かべる人、 ③吉祥や幸福を感じる人 がいる。   寒いクリスマス。街中を行き交う人々。美味しいチキン。マッチ売りの少女。目に映るものは人によって違っている。   今は、そんなに頑張らないでも、生きていける社会なのだろうか。 Source