G11Nとは。…

0
88

 
ソフトウエアの設計について、少し勉強していると、G11Nという言葉を目にした。これは、GlobalizatioNの略語らしい。GとNの間に、11個の文字があるので、このように表記するらしい。グローバリゼーション(G11N)とは、多言語に対応した国際化(I10N)と、ローカリゼーション(L7N)を含む意味らしい。
  
例えば、犬の病気診断ソフトウエアを作った場合、各国の言語に対応している場合は、I10Nという。犬の場合、50%は、ガンで亡くなるので、ソフトウエアがあれば、早期治療を行うことができ、寿命が延びるらしい。最近、世界の犬を助けるというソフトウエアを見つけた。よくできていると思った。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here