自然言語処理(NLP)とトップブランドの課題。

0
61

NLPの技術WEBを読んでいたら、ガートナーが発表したブランドの課題を示すレポートがヒットした。レポートによれば・・。

①35%のブランドマーケッターは、グローバルでブランドを作るのは難しく、さらに、顧客の志向は流動的で、局所的な市場変動も生じるため、ブランドを維持するのが厳しいと考えている。
これは、グローバルでブランドの一貫性を維持しながら、ローカル市場のニーズや動向をモニターし、適応すればよいと思うが、データの計測には、ガートナーをご利用下さい、と書かれている。

②31%のマーケッターは、ブランド投資の効果、すなわち、正確な価値評価を行うのが難しいと考えている。
投資効果として、計測できるものは計測し、わからないものは、わからないと、割り切ればよい、と書かれている・・。

                  
NLPのデータ解析の技術WEBから、ブランドの課題のページにリンクしてしまったのだが、どうやらガートナー自体の宣伝に、はまってしまったようだ。

「ガートナーの予測は当たったことはないよ・・」とも、とある1人のガートナーのユーザから聞いたこともあるのだけれど、マーケティングの力が強いのは、確かなようだ。

emtemp.gcom.cloud

Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA