12.4 C
Tokyo
Monday, March 1, 2021
Home BUSINESS Page 3

BUSINESS

On each category you can set a Category template style, a Top post style (grids) and a module type for article listing. Also each top post style (grids) have 5 different look style. You can mix them to create a beautiful and unique category page.

「単純なロゴ」と「複雑なロゴ」、どちらがいいのか?   (1)複雑なロゴ(FBIのロゴ) FBIの解説よると、ロゴには、歴史と思いが込められている。 ① 青色の部分は、正義を表している。   ② 13個の星は、最初の13個の州の結束を表しているそうだ。もともと、アメリカの東海岸は、「イギリス第一次植民地帝国」として、13個の州からできていたらしい。中央はインデアン、西海岸は、スペイン領だったようだ。ロゴに13個の星を入れておくと、昔のアメリカは、現在の東海岸のことだったことなど、忘れようがない。   ③ 月桂樹の葉は、学術的な名誉、名声を象徴している。46枚の葉は、FBI設立時の46個の州を示している。星の13個に比べると、なんだか、どうでもいい感が、でていないだろうか・・・。   ④ 赤のストライプは、勇気、武勇、強さを表す。白のストライプは、清潔、光、真実、平和を表す。赤の数が、白よりも1つ多いのは、合衆国の国旗と同じ。   ⑤ 周囲にあるギザギザは、厳しい課題を象徴している。   ⑥ 金色は、価値を表している。 ⑦ 「忠誠、勇敢、誠実」という文字が書かれている。ちなみに、映画「ズートピア」に登場する警察バッジには、「信頼、勇敢、誠実」という言葉が書かれている。    このように、FBIのロゴをみると、当時の歴史観が、てんこ盛りで、ロゴに込められているようだ。現代のロゴからすると、少し複雑なデザインのイメージを受けるけれど、なんだか貴族の紋章のようで、悪くはない。 FBI: https://www.fbi.gov/history/seal-motto     (2)単純なロゴ(グローバルランキング) FBIの設立(1908年)から、100年もたつと、ロゴは、シンプルなものが、多くなる。   ロゴについて考えるとき、各種の前提条件は無視して、商業的な解析をすると、「単純なロゴ」の方が、「複雑なロゴ」よりも、成功した会社が多いというデータがでてくる。そうすると、後発の会社は、さらに「単純なロゴ」にしようとする傾向がでてくる。最後には、「NIKE」のようなロゴになってしまうかもしれない。    「単純なロゴの会社は、複雑なロゴの会社よりも、商業的に成功する」のだろうかろうか? そんな疑問が湧いてきた。   インターブランドランキング https://www.interbrand.com/…/best-global-bran…/2019/ranking/ Seal & Motto | Federal Bureau of InvestigationThe...
盲目。    昔から、目の前にあっても、見えないものはある。   映画「ズートピア」は、動物が主人公の警察物語。そのキャラクターの指の数は、5本だと思っていたのだけれど、実は、4本だった。ミッキーマウスの指の数も4本。   どうして、見えなかったのだろう?    そのほか、日本語版の表紙デザインは、英語版とは、違う。どこが違うかというと、日本語版では、「警察バッジ」を突き出すデザインに、ローカライズされている。    日本人が、このスタイルをみると、たぶん「深層心理」の中で、「水戸黄門」の「この紋所が目に入らぬか!」のシーンを思い浮かべるのではないだろうか。だから、この表紙デザインは、警察物語のイメージとして、日本人むけに、語りかけていると考えられる。   しかも、左手で、「警察バッジ」を持っている。これは、実は、右利きが多い日本人の動作としては、不自然である。実際、「水戸黄門」では、格さんは、「右手」で、印籠を取り出す。でも、仮に、ズートピアの表紙で、警察バッジを右手に持たせると、警察バッジが、中央に表示されてしまい、構図のバランスが悪くなる。それで、左手なのでは、ないだろうか?   「ズートピア」の興行収入は、10億ドル。その表紙のデザインだけでも、結構、楽しめる。 ズートピア (吹替版) をオンラインで見る - Prime Video動物が人間のように暮らす楽園、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れ... Source

5775 Morehouse Dr

電気自動車の充電スタンド@知的財産の現物出資    とある理由で、米国のクアルコム社の場所をGoogleマップで、調べてみた。ちょっと調べてみると、サンディエゴにある会社の周囲は、なんと、5つの電気自動車の充電スタンドに囲まれている。要するに、クアルコム社には、電気自動車利用者が、多いのではないだろうかと、思ったりする。   WIKIPEDIAによると、2019年2月、クアルコム社は、WiTricity(電気自動車の充電スタンドの会社)に、Qualcomm Haloの知的財産権を、「現物出資」することで、資本参加したとある。これは、電気自動車用の充電スタンドを、知財開発の中で、手に入れたということだろうか・・。 5775 Morehouse Dr5775 Morehouse Dr, San Diego, CA 92121 Source
経営戦略を成功に導く知財戦略。   業界では有名なレポートだと思うので、一通り、目を通してみる。昨年のレポートでは、中国のJD.COMが、ちょっとだけ取り上げられていたけれど、今年は、掲載されていないみたいだ。全体をパラパラと読んでみると、もちろん、知らないことも掲載されている。   レポートを読んだ後の感想としては、正しい場所に、正しい投資を、正しい人ができる環境があれば、いいのではないかと、思ったりした。    例えば・・・    ① 文献として引用される数が多い特許がある場合に、その場所に、投資をするべきだろうか?  ② 多くの人が、反対する場所に、投資するのは、間違いだろうか?  ③ 採算が取れそうにないという理由で、LEDでコメを作ってみるのは、間違いだろうか?   そんなことが、頭に浮かんできた。    (1)公式リンク https://www.jpo.go.jp/sup…/example/chizai_senryaku_2020.html (2)JD.COMの記事 https://tatsuya-noguchi.com/amazon%e3%81%ab%e5%8b%9d%e3%81…/ 「経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】」について | 経済産業省 特許庁「経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】」を刊行しました Source
レストランの課題と解決法。   記事によると、コロナがやってきて、テイクアウトにしたけれど、さほどうまくいかなかったらしい。ただ、幾つかの工夫の中で、週末に3億円程度の価値のあるビジネスを可能としたという。   ① 新しい機会への移行をどのように選択したか? ②  レストラン以外にチャレンジしたか? ③ 本業のレストランがこの危機を乗り切るための措置とは? というような内容が、書かれていた。この記事は、キレイにまとめたら、だれか買ってくれるかもしれないね・・。   Wolfgang Puck on Leading His Restaurants Through the PandemicA Q&A with the celebrity chef. Source
マフィア型の組織の価値について考える。   スタートアップ本を読んでいたら、創業時の知的財産情報契約(PIIA)について、書かれていた。PIIAは、例えば、発明等は、会社に帰属するという感じの契約のことである。このように、株式市場などで譲渡性のある企業では、知的財産を社内に留める工夫がなされる。   一方で、マフィア型の組織の場合は、どうだろう? 日本では、あまり人気がないと思うが、「キングスマン」は、マフィア映画である。ギャング映画といってもいい。キングスマンには、資金は大量にあるのだけれど、株式市場では、取引されていない。   このようなマフィア型の組織の場合、その価値の作り方は、株式会社とは、だいぶ異なる気がする。100年を超えるような組織もあるのかもしれないが、あまり知られていない。   調べて、本でも書いたら、売れるかも・・。   キングスマン: https://amzn.to/2V99IUcな キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)Amazon.co.jp: キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫) eBook: ティム・ワゴナー: Kindleストア Source
アイデアを価値に変える@新刊。   スタートアップ企業に必要な実際のガイダンス本が、もうすぐ発売されるようだ。    中身を読むと・・・「18カ月後、新しい会社は、死んだ。・・・叡智はなく、知識もなく、そして、誰も助けてくれなかった・・」とある(原文は英語です)。   この本自体は、2651円だそうである。創業者間での率直なディスカッション、ヒント、秘密、アドバイスが記載されている。12以上の会社を作って、5億ドルを調達するまでの話が書かれている。   もっとも、この本は、第2版で、実際には、第1版がある。   実のところ、第1版であれば、107円で手に入る。第1版を印刷したハードカーバー版は、8959円版になっている。なんと、約80倍の価格差がある。   ① 2651円版(第2版) https://amzn.to/3eqd38Q ② 107円版(第1版) https://amzn.to/2Cu3F6c ③ 8959円版(第1版) https://amzn.to/3hRI6MS   第2版には、新しい序文が含まれており、少し、改訂もされているらしい・・。   なんとも、値段の付け方が、意味深な本である・・。きっと著者は、もしも、新製品が、旧製品の20倍の価格で発売された時、大部分の消費者は、どちらを買うだろうか? という問いの答えが、分かっているのかもしれない。さて、買うなら普通は、どれだろうか・・・。②番じゃないかな。 The Startup Playbook: Founder-to-Founder Advice from Two Startup Veterans (Techstars) (English Edition)Amazon.co.jp: The Startup Playbook: Founder-to-Founder Advice...
  ニコニコ動画は、大学院時代の修士論文のテーマだったので、今でも、ときどき気になってみている。最近、人気動画の傾向が変わってきた気がする。   今日のランキングを見ると、2位、3位、4位、5位が、同一人投稿者(ホモと学ぶ:Shawn Woods氏)による「ネズミの殺し方」の動画になっていた。この方(Shawn Woods氏:Youtuber)のサイトでは、3億8000万回の再生がされている。   こういうのをみると、本能的に、人間は、殺戮を見るのが、好きな生き物なんだと思う。ウッズ氏も、動画の中で、ネズミでなくて、人間だったら、サイコパスの映画(No Country For Old Men:売上200億円)と同じだよねと、解説をしている。   そもそも、人は、どんな映画に興味があるのだろうか? Googleでの検索ヒット数を調べると、①愛の映画の順位が高いが、幸福の映画の順位は低くなっている。   ① 愛  映画:約 368,000,000 件 ② 料理 映画:約 221,000,000 件 ③ 戦い 映画:約 89,300,000 件 ④ 冒険 映画:約 74,900,000 件 ⑤ 笑い 映画:約 68,600,000 件 ⑥ 殺人 映画:約 66,100,000 件 ⑦ 正義 映画:約 43,200,000 件...
  Amazonが「強い」理由は、いくつか考えられる。例えば:     ① 目黒の本社のエレベータのデザインが、Amazonの段ボール箱の絵柄になっている。   ② セミナールームに、火事や地震の際の避難方法の案内が、ひと際大きく表示されている。   ③ お客様中心主義。   ④ 新しい企画に「反対する」のにレポートを提出する必要がある。    それでも、Amazonの中国における市場占有率は、1%しかない。むしろ、淘宝網やJD.COMの方が活躍している。少し調べてみると、Amazonとの競争で、淘宝網が提唱したのが、「剣走偏鋒」という企画だそうである。   「剣走偏鋒」は、日本語だとヒットしないのだけれど、武道における剣士の柔軟な動きを示す言葉で、これまでのやり方にとらわれず、問題を解決して、並外れた勝利を見つけるための新しい方法という意味だそうである。もちろん、「剣走偏鋒」の本当のニュアンスは、中国の古典文学を幾つか読まないと、分からないかもしれないけれど、だいたい、そんな意味だと思う。   例えば、淘宝網では、商売を始める人にとって、店舗開設費用をゼロ円とし、「エンターテイメントマーケティング」という手法を用いて、Amazonよりも利益があるという環境を整えていったという。   JD.COMは、618セール(6月18日)というディスカウントデーをお祭りのように盛り上げることを始めた。JD.comでは、2020年のセールにおける取引額が、4兆円を超えたらしい。    「剣走偏鋒」について、もうちょっと調べてみようかな。 Source
光の応用産業の発展に資する人材の発掘を目的としたビジネスプランコンテスト@メールで回ってきたので紹介。   光の応用産業の発展に資する人材の発掘を目的としたビジネスプランコンテストが開催されるようです。すべての産業、技術分野から光技術を応用し、社会に新たな価値や現行事業に変革をもたらす独創的な事業プラン、また将来的に光技術の活用を検討しているプランまで広く募集するようです。     ①【8月24日締切】光産業創成大学院大学 ビジネスプランコンテスト「Photonics Challenge 2021」 https://www.gpi.ac.jp/pc/pc2021/    【最優秀ビジネス賞】 賞金100万円(1社) 【最優秀チャレンジ賞】賞金100万円(1社)  【静岡中小企業優秀賞】賞金 30万円(1社) 【オブザーバー賞】  賞金 30万円(1社)   ② レーザーによるものづくり中核人材育成講座 https://www.gpi.ac.jp/chukaku/  https://www.youtube.com/watch?v=Gv4GtV4EpH8https://www.gpi.ac.jp/pc/pc2021/?fbclid=IwAR3Hxh3yq5XeQD1JcsHgsmoxZwSFS5Mr1T27AMlZLcK4PBMr-1d1ox64Xjk Source
  IMDから国際競争力ランキングが発表された。1位はシンガポール、2位はデンマーク、3位はスイスとあり、日本は34位になっている。UAEは9位。それでは、逆に、IMDのビジネススクールに興味がある人(検索数)は、どこの国が多いかというと、なんと、ランキング上位国が並ぶ。   これはどういうことだろうか?    例えば、①国際競争力を高めたいという人が多い→②IMDのビジネススクールを検索する→③国際競争力を高める努力をする→④国際競争力が上がる・・・というサイクルがあるのかもしれない。   この仮説が正しいとして、一般論に拡張すると、求める人が多ければ、道が開かれるということになる。ほんとかな・・? 国際競争力ランキング https://www.imd.org/…/wcy2020_overall_competitiveness_ranki… Source
① 太陽が白血球のサイズだとすると、天の川の大きさは、アメリカ本土と同じ。   ② 北朝鮮は、1つの国を隔てて、フィンランドに隣接している。   ③ 人間のDNAの50%は、バナナと同じ。   ④ タコには3つの心臓がある。   ⑤ 人間の細胞の90%は、菌類とバクテリアである。   2014年のBuzzFeedのケース・スタディを読み直してみる。当時、ちょっとビックリしたというコンテンツが、解説してある。コンテンツを見ながら、何か、菌類とか、バクテリアを食べると、体調が良くなることか、あるのかもしれないと、思ったりした・・。 Source

南山観音…

  百度の好看(はおかん)の動画を見ていたら、海南島のがアップロードされていた。南国の観音様。ちょっとお参りに行ってみたい気がした。   https://haokan.baidu.com/v?vid=3157570044542244096&pd=pcshare Source

StrongArm COVID Response

コロナ対策デバイスをみてみる。   「StrongArm」は、6フィート以内に人が近づくと、アラームが鳴るデバイスだそうだ。コロナウイルス対策グッズとして、発売されたというニュースが流れていた。    このデバイスは、工場で使われ、人間工学的なデータ、環境データを取得し、誰と、いつ、どのような期間で、誰とやり取りしたかまでを、正確かつ、匿名で識別できるという。人間工学的なデータって、血圧とかだろうか・・。    ネガティブにみると、なんだか家畜みたい・・と思えたりもする。ポジティブにみると、健康管理をしてくれるデバイスなのかとも、思える。アメリカのとある法律事務所では、この手のデバイスに関する相談事が、増えているらしい。   なるほど、プライバシー保護や各種規制との関係を記事にしたら、アクセス数は増えるかもしれない。けれど、そういうニッチなネタは、動物の話題の記事の足元にも及ばないんだろうなと、思った。 StrongArm COVID ResponseOur award-winning FUSE Risk Management Platform has been reconfigured to help combat the spread of Covid-19 in the workplace. Physical distancing alerts, contact tracing capability, access...
PC版のウエブサイトのスピードテストで95点がでた。いつもでるわけではないらしい。やったことと言えば、Light Speedのサービス(Quic)に自動画像圧縮のお金を6ドルぐらい払ったことぐらい。スピードは速くなったけれど、いろいろ不具合が出るので、そんなにおすすめはしないです。 Source

Intermach

自動車が製造できる国@タイ王国   バンコクポストによると、自動車工場で、AIロボットの導入が進んでおり、これにより30万人ほど、職を失う可能性があるという。近年は、自動車が作れる国は日本等だけではなく、自動車を作れるのは人間だけでもないようだ。   どのようなところが、ロボットを作っているのだろうかと調べてみると、「ASEANの一流産業機械および下請け展示会」というのがヒットした。バンコクで473社が出展するらしいけれど、オンライン(ウエビナー)でも参加できるようだ。もしかしたら、日本よりも熱気があるのかもしれない・・。   IntermachASEAN's Leading Industrial Machinery & Subcontracting Exhibition Connecting Intelligent Manufacturing Solutions Source
  マイブログサイトのスピードが遅いので、有名なサイトは、どんなものだろうかと、覗いてみる。最初に思い思い浮かんだのは、BLOGOS。ネーミングが良いせいか、ブログと聞くと、なぜか思い浮かぶ。   マイサイトで、BLOGOSの価値計算をしてみると、1500万ドルの価値があると評価された。結構、いい加減な評価値だけれど、ちょっとした参考にはなる。解析をしてみると、他にも分かることはある。   BLOGOSが、ドメイン名を登録しているのは、商標調査や特許調査もしている有名な会社である。この会社は、赤坂サカスの坂を上がっていったところにある。   サイトを高速化するためにコードを手入れするのは、結構、大変である。BLOGOSは、すでに結構、速いと思うので、完璧なサイトにするまで、手入れをしているわけではなかった。   そのほか、調べてみると、ベーカー&マッキンジー法律事務所などは、高速化の取り組みをしているようだ。   W3C評価: https://validator.w3.org/ マイサイト評価: http://digital-marketing.tokyo/ Source
友人が滑り止めを発売したので紹介してます。滑り止めというのは、ただのゴムシートですが、実際に作って販売するのは、大変なようです。世界の人口は80億人。1枚買ってみて、世界で売るには、どうしたらよいものだろうかと、考えたりします。 すべり止めマックス すべり止めマックス Source
  Googleがウエブサイトの読み込みスピードを評価してくれる。マイサイトを評価してみると、26点だった。何と、グローバル基準だと、偏差値30以下の劣等生だったのだ。ちなみに、日本国の内閣府のホームページの読み込みスピードは45点だった。   スピード評価サイトhttps://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/   調べてみると、解決法は、いくつかあるらしい。画像を新形式webp に変更すれば、ちょっとはスピードは上がるという。後で、やってみよう。 Source
  マイサイトが、よくダウンするので、何かいい方法はないものだろうかと、考える。   1つの方法は、financial timesのサイトと同じようにkubernetesで分散化処理する方法だとおもう。サーバーの維持コストが月額3000円ぐらい〜。本気でkubernetesを知るには、Linux foundationのオンライン講座10万円ぐらいを受講するのがいい気がする。   もう1つの方法は、静的ジェネレーターでサイトを作り直すことだとおもう。そこで、最近は、ReactベースのGatsbyをいじっているけれど、プロのデザイナーが作ったテンプレートが少ないので、デザインでも苦労することになる。デザインもなんとかしなきゃと。   必要は、発明の母だけど、できないことの先に、さらにできないことが現れて、どんどん深みにハマっていく。さて、どうしたものだろうと、おもう。 Source
カナダのオンラインポーカー企業(スターズグループ)では、コロナウイルスの影響で、売り上げが伸びているらしく、800億円(26.7%の増加)になったらしい。一方、マカオのカジノの総ゲーム収益は、4か月間の合計が前年比68.7%の減少だという。 技術的なことについて、調べてみると、カナダのスターズグループのオンラインカジノは、Hadoop上で、分散処理をしてカジノをつくっているようだ。開発地は、イギリスのリーズとブルガリアのソフィアにあるらしい。もちろん、政府がカジノを推奨する地域、マルタ島にも拠点があるようだ。 コロナで減るものよりも、増えるものに乗っかる方がいいわけだけど、何が増えるんだろうか・・。カジノに行きたい。 https://www.starsgroup.com/brands/brands/pokerstars
Linux Foundationから、Hyperledger in Asia Pacificのイベントの案内がきた。そんなトリガーで、ひさびさにHyperledger(ブロックチェーン)のサイトをのぞいてみると、Hyperledgerを使って、航空機の部品ショップを作った事例が紹介されていた。ここには、40億ドルの市場がある。簡単なショップに見えるけれど、実はすごい。誰かHyperledgerで一緒に遊んでみようという人いないかな。 GoDirect Trade | Aviation Marketplace | No Ghost Listings Join our new marketplace for serviceable used parts, straight off the aircraft. Save on thousands of aerospace parts with trusted service and availability. Source
台湾では、新型コロナウィルス対策として、駅の入り口に温度モニタ(サーモカメラ)が配置されている。ハーバード大学の景気回復プランでは、検査をして、感染した方を隔離すると、景気は回復するらしい。 もしも、0.1秒未満で16名の体温を同時に測定する事ができると、1000人の計測にかかる時間は、6秒という計算になる。1万人の計測は1分間。1時間で60万人。東京駅の1日の利用者は、50万人だから、1台サーモカメラがあれば、東京駅の出入口が一つならば、理屈の上では、全員の体温検査ができてしまう。 https://www.thine.co.jp/products/num_details/thermal_camera_system.html だれが感染したのか、顔認証も行えば、感染者を早く見つけて、助けることができる。コロナウイルスを無くそうと、いろんな企業が取り組んでいるみたいだ。

価値の移動

丸ビルの店舗は、多くが休業しています。多くの貼り紙には、「休業」と書いてありますが、中には、「閉店」という貼り紙も混じっています。もしも、コロナが続いたら、丸ビルにいる理由は無くなり、どこかへ移動するんでしょうね。
ポイント:「台湾は困難に見舞われたことは珍しくなく、私たちの回復力は、最も困難な障害でさえ乗り越えようと団結する意欲から生じています」 台湾では、最新検査キットを速攻で開発したので、これも売れるんでしょうね・・。 以下、Tsaiさんの投稿のGoogle翻訳です。 「台湾は、回復力の島です。何世紀にもわたる困難は、私たちの社会を困難な状況に対処し、適応させ、そして生き残ることを余儀なくさせてきました。私たちは国家として共に困難な時期を乗り越える方法を見つけました。そしてCOVID-19のパンデミックも例外ではありません。ウイルスは感染性が高く、感染源に近接しているにもかかわらず、大規模な感染を防いでいます。4月14日の時点で確認された症例は400件未満です。 この成功は偶然ではありません。医療専門家、政府、民間部門、そして社会全体の努力の組み合わせにより、我が国の防御は強化されてきました。2003年のSARS発生による苦痛な教訓は、台湾で何十人もの命を奪ったことで傷つき、政府と国民をいち早く警戒させました。昨年12月、伝染性の新しい呼吸器疾患の兆候が中国で現れ始めたとき、私たちは武漢から入ってくる乗客の監視を始めました。1月には予防対策を実施するため、中央伝染病対策本部を設置しました。旅行制限を導入し、リスクの高い旅行者のための検疫プロトコルを確立しました。 1月21日に台湾で最初の感染者が発見されたとき、私たちはすべての患者の旅行と接触の履歴を追跡するために厳格な調査活動を行い、集団感染が発生する前に感染を隔離して封じ込めました。チェン・シーチュン保健相が率いる公衆衛生専門家のたゆまぬ努力に加えて、情報に通じた市民がその役割を果たしました。民間企業、フランチャイズ、およびアパートコミュニティは、体温監視と消毒手順を開始し、公共スペースでの政府の取り組みを補完しています。 大量のパニック購入を防ぐために、政府は初期段階で商品の市場の急増を監視し、医療グレードのマスクの製造と流通を引き継ぎました。民間の工作機械と医療供給会社の協力を得て、経済省はサージカルマスクの追加生産ラインを調整し、生産能力を倍増させました。テクノロジーの専門家、薬局、コンビニエンスストアに支えられて、公平供給マスクを配布するシステムを考案しました。ここでは、マスクが利用可能であり、病院と一般市民の両方に手頃な価格で提供されています。政府と民間企業の共同の取り組み、つまり「チーム台湾」と見なしたパートナーシップにより、深刻な影響を受けた国々に物資を寄付することができました。 台湾は世界トップの医療システムの1つであり、強力な研究能力と透明な情報を提供しており、公的機関と国際機関の両方と積極的に共有しています。実際、台湾は国境内でのコロナウイルスの封じ込めを効果的に管理してきました。しかし、世界レベルでは、COVID-19はすべての国の共同努力を必要とする人道上の災害です。台湾はWHOと国連から不当に除外されてきましたが、製造業、医療、テクノロジー全体で私たちの強みを活用して世界と協力する意欲と能力を引き続き持っています。 世界的な危機は国際社会の構造をテストし、継ぎ目で私たちを引き延ばし、私たちを引き裂くと脅します。現在、これまで以上に、このグローバルネットワークのすべてのリンクを考慮する必要があります。人類の利益のために、私たちは自分たちの違いを取り除き、一緒に働かなければなりません。COVID-19との戦いには、世界中の人々の共同の努力が必要です。 台湾は困難に見舞われたことは珍しくなく、私たちの回復力は、最も困難な障害でさえ乗り越えようと団結する意欲から生じています。これこそが何よりも、台湾が世界と共有できることだと、私が望んでいることです。課題を一緒に克服する人間の能力は無限です。台湾がお手伝いします。」 https://time.com/collection/finding-hope-coronavirus-pandemic/5820596/taiwan-coronavirus-lessons/?fbclid=IwAR0khDtx1BUN7rIYkgNYxM5K3k5k3TlCVt95xlojkmP4L3fG9Xfl2MgtUaE
台湾の工研院は、コロナウイルス用の「核酸分子検出システム」(「伝染病缶詰」と呼ばれます)をリリースしました。感染から0日~7日という低濃度ウイルスを、1時間以内に、最大90%の精度でスクリーニングできるようです。これを入国管理等に置いて、国内感染を抑えるようです。 https://www.itri.org.tw/ListStyle.aspx?DisplayStyle=01_content&SiteID=1&MmmID=1036276263153520257&MGID=1071472271446714275

0円で販売中。

「コロナウイルス+ビジネス」と題する80ページのPDF本が、0円で販売されていたので、買ってみました。 (1)販売サイトhttps://store.hbr.org/…/coronavirus-and-business-the…/10440… (2)そのほか、いろんなやり方をまとめた記事 https://hbr.org/…/how-retailers-can-reach-consumers-who-are… 小売業者は支出しない消費者にどのように到達できるか? 以下のようなトピックがでていました。  ①ノースカロライナ州ダーラムのレストランViceroy ②デジタルブッククラブを設置する書店 ③カスタムカラーキットを提供する美容院 ④ズームミーティングを実施する鍼治療クリニック ⑤ライブストリーミングコンサート ⑥完全にデジタル化したオレンジセオリーフィットネス ⑦将来の夕食に投資するレストラン債権 ⑧戦いへの参加 ⑨消毒薬を造る醸造所 ⑩病院の代わりをするクルーズ船 いろいろ考えるものだな・・。
マスクの商標権   定価の6倍でマスクを販売したら、商標権侵害だという訴訟が起きたらしい。米国の商標というと、日本以上に、さっぱり分からないのだけれど、注目度があるから、きっと誰かが解説記事とか、書きそうだ。そんな解説記事を読んで、雑学が増えたら、いいことあるのかといわれると、ごめんなさいと答えると思う。 3M Sues Mask-Seller for Alleged Gouging, Trademark Infringement The company said Performance Supply tried to sell 3M-branded masks to New York City officials for up to six times list prices. Source
コロナの中の「倍増」計画。   YAGEOという台湾の会社が、台湾政府の承認を得て、投資を「倍増」すると発表したようだ。ここは、パソコンやスマホ等の電子部品を製造しているようで、リモート化に伴い、絶好調だという。2020年3月の連結売上高が月に50.4%、前年比14.8%増加したという。倍増計画、考えてみる? Yageo to double investment in Taiwan MLCC and chip resistor supplier Yageo has received a green light from Taiwan's government to nearly double the investment amount for a previously approved expansion project aiming at ramping up its production...
ビタミンDの効果@コロナウイルスの本当の名称は「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)コロナウイルス2」。   YOUTUBE動画を見てみる。説明によると、コロナウイルスが肺に入ると、周囲の免疫細胞を混乱させて、肺表面の保護表皮を破壊させるらしい。むき出しになった肺組織は、わずかな細菌で機能不全に陥り、呼吸困難になるようだ。だから、人工呼吸器なのか・・。肺細胞がむき出しになるのだから、喫煙は危なそうだ。     感染しないためには、石鹸で手を洗うがよいという。ウイルス周囲の脂質を石鹸で取り除けば、感染力を失うらしい。石鹸で手を洗わなきゃいけないな・・。   そのほか、ビタミンDが呼吸器感染症の予防に役立つという記事がでていた。 2019年、21,000人の参加者を使用した新しい分析で、血中ビタミンD値が低い人は、肺炎のリスクが64%増加したという論文があるので、類推として、ビタミンDを増やしたら、コロナウイルスの耐性も上がるだろうという理屈のようです。 (1)ビタミンDの予防効果 https://tilda.tcd.ie/…/repor…/pdf/Report_Covid19VitaminD.pdf   (2)動画 https://www.youtube.com/watch?v=BtN-goy9VOY https://www.youtube.com/watch?v=BtN-goy9VOY&fbclid=IwAR1WCQlnU_4Gj_gQCqctMl3XBU-x5RF_-9-VFgDh5tXJiVzW-RXskeov5Tk Source
9割助成らしい。総理の話してた通りになったのかな。   発表からしばらく経つけど、「使用者側の理由で労働者を休業させた場合、労働基準法で事業主が給与の6割以上の休業手当を出すこととなっていますが、雇用を維持する中小企業の場合、国がその9割を助成します」とのこと。 ニッシーブログ - 西村やすとし オフィシャルサイト 西村やすとしニッシーブログ。 Source
ウェグマンズ(Wegmans Food Market)   ニュージャージ州のニュース記事をみてみる。「ウイルスを食い止めようと努力してきましたが、その結果、州および全国的に記録的な失業数も発生しました」という。こういう時、スーパーマーケットのウェグマンズが500人の雇用を増やすと発表した。このお店、人気が高いようで、遠く離れた日本でも、少しは宣伝する人も出てくるんだろうね・・。 Wegmans to hire 500+ NJ employees Wegmans Food Markets is hiring more than 500 part- and full-time employees throughout New Jersey loc... Source
良記事   今、病気になっても、空きがないみたい。 新型コロナウイルス 説明書 続編.pdf Source
  1日に2倍ずつ増えたら、大変な値になったので計算しなおしてみる。米国とフランスは、0.28倍が増加率だという。東京都で確認された感染者は、2週間前に感染したとして、1000人だというから、2週間後の今日は、3万人いるという計算になった。東京都に1000万人いるとすると、今は300人に1人ぐらいかな?   乗車率が247%の満員電車だと、一両に386人乗っているらしい。乗車率100%で156人。電車1回で0.3%の遭遇率だとすると、これは身近に感染者がでる計算になると思う。   何もしないと、2週間後には、結構な数字になるみたいで、30倍以上に増える。満員電車だと、一両に30人いることになるようだ。この計算であってるかな・・? Source
  Android携帯で撮った写真はGoogleに保存され、思い出機能として、お知らせがくる。今日は8年前のお知らせがきた。どうやら、2012年の今ごろは、花見をしていたようだ。   ただ、こんな歴史も、きっと、いつか忘れられて消えてしまい、「根っこのない木」ができるかもしれない。人には、「木に集まる」という習性があるし、「ハワイの日立の樹」、富士通の「ハワイJAIMS」など、当時、これを決めた方は、偉かったんだろうと思う。   過去のノート:   https://www.facebook.com/notes/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E9%81%94%E7%9F%A2/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%A8%B9%E3%83%A6%E3%82%B0%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-lets-find-out-world-tree/245269668843947/ Source
  「多くの人々は飛行機の利用を止めていた。経済が深刻な不振に落ち込んでいくなかで、飛行機は誘導路にからっぽのまま放置され、航空会社は何十億ドルもの損失を出した。   ・・いくつかの大きな航空会社が倒産に瀕して10万人もの労働者を休職させたとき、下院は150億ドルの包括的救援法案を通過させ、これが航空機産業の安定化に決定的な役割をはたすことになった。   ・・・創業後ちょうど4年、Priceline.comは倒産の危機にさらされていた。Priceline.comはいったいとうして、旅行産業にそんな革命的なことができたのか、恐ろしい不況の最中に何が会社を生き返らせ、繁栄に導いたのだろうか?」 答え ① 自社と顧客の利益のために使える機会を探しあてた。自社を含めすべての関係者の利益になることをした。 ② 新参の会社から市場への挑戦を受けたときも、地に足をつけて俊敏に行動した。まだきわめて小規模だったヨーロッパに、ビジネス資源を積極的に移していった。 Source
業界ウオッチ。   国内業務をメインとする米国の法律事務所(700人弁護士体制)が、20%の報酬の削減をしたようだ。    雨が降ると桶屋が儲かるわけだけれど、自動車が売れていないのが、気になる。    自動車が売れない → ○○が売れない → という連鎖があるからだ。   こんな時、法律事務所専門のコンサルタント会社の記事を読むと、いろんなことが書いてある。知らない知識としては、"All for one and one for-all 部門"というのを作るところが、あるらしい。   Baker Donelson Cuts Pay Firmwide, Furloughs Employees | The American Lawyer The 700-lawyer, super-regional firm is temporarily cutting pay by 20% firmwide and the furlough...
パンツとレギンス@オンラインスクール   ネットを見ていると、役に立ちそうなオンラインスクールの宣伝が流れてきた。サラ・ブラクリー、パンツとレギンスの販売で1000億円の長者になった方の2時間半のクラス。他にも、映画製作をデビッドリンチ、歌い方をクリスティーナ・アギレラが教えている。お金を払わなくて、紹介動画だけをみても、一見の価値はあると思った・・。 MasterClass | Sara Blakely Teaches Self-Made Entrepreneurship Drawing from her journey to becoming a self-made billionaire, Spanx founder and entrepreneur Sara Blakely teaches you her techniques for finding your best ideas and branding, selling, and bootstrapping your way...

水道哲学。…

  世界で、マスクがないと困っているらしいから、マスクの量産を、早速はじめたらしく、現在、世界第2位のマスク生産国になったらしい。ちなみに、国民は水色のマスクが安く貰える。   日本憲法の全文のように、「国際協力をします」いう位置をとり、自分に足りない技術は貰い、長所は提供するとして、マスク生産の他、製薬技術開発と、電子検疫などのIT技術をやると宣言した。これから忙しくなるよ~と。   総統の「蔡」さん、「猫」を抱いた写真で、サクッと発表したようだ。もちろん、公式LINEで回覧されてきたのだが、Facebookでも発表している。 Source

One leg Joe…

一本足のジョーというキャラクターが頭に浮かんできた。ジョーには、1本しか足がない。だから、速く走れないのだが、その代わりに、別の能力が発達したのだ。どんな能力だろうか? そんなことを思う。 Source
米国の自動車産業はロックダウンの結果として完全な崩壊に入る?   モーガンスタンレーのアナリストによると、「現在、基本的に米国の自動車販売はありません」らしい。トヨタ自動車さまには、頑張って欲しいけれど、もしも妄想を抱いて、トヨタの代表者をしていて、絶対権をもっていたら、医療・バイオ業界への参入を考える気がするな・・。     (1)記事の情報元: https://www.zerohedge.com/…/there-are-basically-no-sales-us…   (2)関連記事:自動車とマネタリーベース https://tatsuya-noguchi.com/%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3…/ "There Are Basically No Sales": U.S. Auto Industry Enters Total Collapse As A Result Of Nationwide Lockdown “The whole world is turned upside down right now.” Source
先日までfear and greed indexのレベルは3だったのに、25まで改善しているようだ。 https://money.cnn.com/data/fear-and-greed/ Source

そろそろVR?…

  TBS赤坂で、大歌舞伎があるらしいのだけれど、コロナウイルス問題があると、なかなか難しいことも多い気がする。こういう時、現場にいかなくても、VRで見たら、そこそこ臨場感とかあるのでは、ないだろうか。   コロナウイルスの影響で、出歩く人が減り、アメリカでは死亡率が低下しているという。変化の反対側には、プラスの側面もある。   医療関係者の感染予防という意味では、リモートやVRを使った遠隔医療なども本当は可能なはずなのだ・・。 Source
JAMAの論文を読む 一週間ほど前に、コロナウイルス関係で、中国医療関係者のメンタルヘルスが悪化しているという論文を読んだ。特に、看護師、フロントワーカーの方は、心理的サポートが必要だという。 Mental Health Outcomes Among Health Care Workers Exposed to COVID-19 This cross-sectional study assesses the magnitude of mental health consequences and associated factors among health care workers treating patients exposed to coronavirus disease 2019 (COVID-19) in China. Source
中国アリババで、KN95というマスクが売られていた。価格は、US $15.59 - 30.10らしい。 (1)リンク https://ja.aliexpress.com/item/4000777357587.html?gps-id=detail404&scm=1007.16891.96945.0&scm_id=1007.16891.96945.0&scm-url=1007.16891.96945.0&pvid=175abd51-50ef-4eef-99e9-0adc5f132c24 ae01.alicdn.com Source
  最近、コロナ関係で培養肉が注目を集めだしていると、ニュースでも流れていた。Cellular Agriculture(細胞農業)では、細胞を培養して動物性製品にする。   細胞農業には、動物を飼育して殺す必要はないという利点があるものの、酪農家自身が取り組むのでなければ、酪農家は商売あがったりという不利益がある。細胞の培養ができるなら、ある程度は、生体合成もできるに違いない。これほどの可能性があるのに、日本ではあまり流行っていない・・・。    もしも、生体合成ができるならば、手を失った人は、できるものなら、手を製造したいと考える。だから、〇〇が欲しいという願望は... もっと見る Source
Virtual EVENT LIVEが終了しました。   「情報処理学会」のイベントが、仮想空間で行われました。現実空間での国際会議というと、おひとり様の参加料が、15万円とか30万円かかるところもありますが、バーチャルイベントでは、無料です。逆にいうと、イベント事業の効率化・低価格化なのですが、リアルなイベントよりも、優れたものができてきそうです。 https://www.youtube.com/watch?v=ffK7RvMDN1s&fbclid=IwAR2w0awyDE-MSFt-f_XRQz99mu4IcC8ivHdfefDNYA_Ixl8Wsr1AXnrot38 Source
  コロナウイルスがきっかけで、オンライン・バーチャル社会へのシフトが進むかもしれない。確かに、現実空間でのイベントが優れている点はある。リオのカーニバルのように、人間の接触を望むイベントの場合は、オンラインでは目的は達成できない。純粋に学術的なイベントなら、そのような動機はないから、慣れれば平気だと思う。   一方、バーチャル社会は、「効率化」といえば、その通りなのだが、電車代や食事代などが減るので、消費は減ってしまう。歴史をみると、たとえ無駄な活動であっても、参勤交代をすると、消費が促され、経済がまわるという側面はある。要するに、「無駄な活動をしないと、経済が回らない」というところに、経済システムの欠陥があるといえる。   少なくとも、iPhoneが昔のスパコンよりも高速に動作し、ネットで地球の裏側まで繋がる時代では、旧来の経済システムに欠陥が出始めている(気がする)。   古来の日本の良いところは、「式年遷宮」。更地を用意しておいて、作り変える文化が、昔はあったと思うし、時々、引っ越しをするぐらいが、ちょうどいいのかも。 Source
  今後の成長環境かどうかによって、結果が変わるグラフや論理を、どのように考えたらよいかと思っていると、4次元のグラフが思い浮かんだ。環境によって、結論は変わるのだから、自分では、面白いフレームワークだと思った。 Source
8 Questions Employers Should Ask About Coronavirus   人の移動が減ると経済にはよくないから、オンラインやネットが発達しても、人は移動するべきなのだろうか? それとも、本当は、発達したテクノロジーを有効に利用できるように、リソースの使い方を、従来とは変えていくべきなのだろうか? 本質的な議論はあるのだけれど、コロナウイルス対策の記事があったりしたので、メモしておく。    1.  石鹸と水で20秒以上手を洗う 2.  手指消毒剤を用意する 3.  ハンドヘルドサーマルスキャナーによる体温チェック 4. 感染制御のスーパーバイザー 5. 正確な情報/恐怖の抑制    6. リモート作業の最大化 7. 危険な地域への出張ポリシー 8. 国際会議の再考   9. 病欠時の報酬    10. 価値の飛躍を提供する市場創造戦略 11. 新テクノロジーの使用   8 Questions Employers Should Ask About Coronavirus From how to protect employees to...
特許の判例を読んでみる@判例読書   タックスヘブンの地域にある会社が、大手企業の製品を特許侵害で訴えた判例を読んでみる。「差止請求」ではなく、特許権侵害に対する「損害賠償金」の支払いを求める事案である。「革新的な発明」でも、「ちょっとした発明」でも、進歩性等の要件を満たせば、保護されるが、「ちょっとした発明」の場合、どの程度、保護するべきか? 権利者と侵害者のどちらを勝たせると、衡平なのか?   判例を読んでいると、たぶん、そんな感じで結論を決めて、そのための論理が作られている気がする。世の中では、個別事案の論理が、射程を超えて、一人歩きすることもある。   大手企業に損害賠償金を求めたタックスヘブン地域の原告は、勝ったのか、それとも、負けたのか?    結論は書かなくてもわかるかもしれないが、それでも原告を勝たせるには、どうしたら良かったのか? 少し違う切り口で、考えてみる。 Source
  WHOによると、「Masks are effective ONLY when used in combination with アルコール叉は石鹸を使った頻繁な手洗い」なのだそうだ。   要するに: ①「手洗い」には効果がある。 ②マスクは、「手洗い」と組み合わせた場合のみ、効果がある。   と言っている。「手洗い」では、空気感染は防げないので、マスクをしても、空気感染する場所にいけば、感染するという意味だと読み取れるけど、本当かな・・。 Source
2桁成長の法律事務所   Latham & Watkins は、「世界で最も、収益性が高い法律事務所」として、知られている。一応、2桁成長したというニュースが流れていたので、調べてみる・・・。主力サービスは、M&Aのようで、売上高は、37億ドルみたいだけれど、ホームページは、月額21ドル62セントのサービスを使っている可能性が高いとみた。   Lw.com | Digital Marketing Tokyo Lw.com has estimated worth of $7,993,223, this site has 181506 rank in the world wide web. The age of lw.com is 25 Years, 64 Days. According to the global...
  密閉式のプラスチック容器の会社が、「我が社の商品は肺炎防止に役立つ!」と宣伝している。例えば、外食せずに、自分でお弁当を作って、容器に入れれば、安心だし、容器内にマスクを保管することもできるという。なんだか、こじつけのような気もするけど、悪い気はしない。   こういう会社の「強い販売意欲」というのは、拡散する傾向があって、ラーメン屋なんかも、元気のあるところに、人が集まってくると思う。ユーザーニーズや、市場環境も大切だろうけれど、「販売意欲が高い」方が、実際に売れることが、多いのではないだろうか? Source

動画を見る

昇降式の机   アメリカの会社だと、立ち姿勢で仕事をするのを見たことがある。最近は、ボタン1つで、机の高さを自由に変えられる商品が人気のようだ。机に座り続けるのは、健康にはよくないと思うけれど、思い返してみて、机以上に健康を支配するパラメーターはある気がする。たぶん、大学キャンパスのような環境と生活が、体には良いのではないだろうか? Source
50円しか持っていなかったのに、大金持ちになったそうだ。空きホテルを改造したそうなのだけれど、最初の資金はいりそうだし、本当の秘密は書かれていない。人よりも努力したと話ているし、その点は、本当なのだろう。 Source
  台湾の病院では、このように聞かれるらしい。「YES」と答えたら、病院には入れません。上海の患者数は「333人」だけれど、日本の患者数はダイヤモンドプリンセス号を含めると「520人」なのではないだろうか?   なんというか、ダイヤモンドプリンセス号、「日本に上陸すると統計データが跳ね上がるので困るんだよ」とか、そんな駆け引きをしているなんてことは、ないだろうか・・。   韓国政府は、ダイヤモンドプリンセス号に、自国民救出のため、大統領専用機を羽田空港に派遣すると発表したらしい。   上海の事務所は、在宅で働いているというし、深せんでは、道路も閉鎖されているという。感染者の多い地域は、香港やシンガポールなどの密集地域。   東京駅の利用客は50万人。帰りの電車は、満員だったし、時折、せき込む人も見かける・・・。マスクをしていても、近くに感染者いれば、100%感染するだろう。   アメリカでは、「20%以上がリモートワーク化しており、ナレッジワーカーの3分の2は、オフィスは時代遅れで、2030年までに消滅すると考えている」という。リモート化すれば、感染は減るだろう。もっとも、このアンケート調査は、ZAPIER(リモートワーク会社)のものなので、多少は、バイアスが掛かっていると思われる。少しばかり、そういう目で読むとちょうどいいと思う。   ZAPIERのアンケート調査 https://zapier.com/blog/remote-work-report-by-zapier/ Source

Mask…

防塵マスクとメガネをかけてみた。マスクの分だけGDPという指標も上がったかもしれない。ただ、GDPという指標は、あまり意味のない値なのではないかと、思ったりする。「国民生活の幸福度」を指標にすれば、この国も変わるだろうに・・。 Source
死者約1万4000人。米国では「今年は新型インフルエンザが大流行」と報道されていたけど、「実は新型コロナが以前から流行していた」と訂正されるかもしれない、そうだ。   世界の米国、なんだか残念な対応な気がする・・・。     死者1万人超「米国インフル猛威」は新型コロナかもしれない 自己申告の「感染者」の本当の病名 米国で季節性インフルエンザが猛威をふるい、患者は2600万人以上、死者は約1万4000人にのぼっている。だが、一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする... Source
コロナウイルス、「感染力は高いが、致死率は高くない」と言われている。とすると、50人のクラスで1人死ぬ程度なのだろうか? 1億人だと220万人。これって、高くないの? もっとも、統計と言うのは、基準の取り方で、結果が異なるから、「おおむね間違い」ということも結構ある。 例えば、「50歳以上が、ウイルスにかかっている数が多い時、だから若者は大丈夫」と言うニュースが流れたとする。統計的には、日本では半数以上が50歳以上なので、これは「間違いニュース」ということになるよね。 本当のところは、どうなんだろう? 2秒で感染、24日潜伏、節目は2月20日…中国の専門家が指摘する新型コロナウイルスの本当に重要な数字とは 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が止まらない。中国・湖北省では診断基準を変えたこともあり、2月13日発表では感染者、死者数が激増した。同日夜には... Source
コロナウイルスの影響で、観光産業は、どの国でも、大きな影響を受けているという。台湾のビジネス雑誌(天下)によると、「最悪の時期には来ていないので、企業は準備をしておくべきた」と述べている。SARSの例でいうと、5月ぐらいに落ち込むらしい。 ただ、いわゆるゲーム理論のように、全員が自分の利益のためにコスト削減に励むと、全体の経済は悪化してしまう。そういう意味では、取引関係を含めたエコシステムにも気を配る親分的なリーダーが必要なのだろうけれど、日本の場合は、どうだろうか・・。 オーストラリアのように、温かく、自然も多く、ゴルフやダイビングもOKで、病原菌とは無関係の地域もある。オーストラリアに研修所でも作っておいて、数カ月は、英語圏の仕事をするぐらいが、ちょうど良いと思うけれど、昔から、そんな会社があるとは、あまり聞かないね・・。 (1)出典 天下雑誌:https://www.cw.com.tw/article/article.action?id=5098911 storage.googleapis.com Source
倒産件数が773件で、5カ月連続で増加しているようだけれど、増加率は2カ月連続で10%超だという。零細・小企業の倒産件数が多いというけれど、絶対数が多いので、統計的には、当然のことだけれど、負債総額は、低水準となっているようだ。 調子のよくない事業は、以下の通り。 ① 建築材料,鉱物・金属材料等卸売業 ② 繊維・衣服等卸売業 ③ 老人福祉・介護事業 ④ 飲食料品卸売業 ⑤ 飲食業 これらの事業は、衣・食・住とも読めなくはない。競争環境が激化しているせいか、国民全体が、少しずつ貧しくなっているのでは、ないだろうか? 2020年1月の全国企業倒産773件 景気を測る統計指標の一つである全国・負債総額1千万円以上の倒産統計の、抜粋データ(2020年01月)をご覧いただけます。 Source
訴訟の研究   原告は、詳細で包括的なデザインのコア技術の権利化ができず、Amazon から、ロイヤリティが取れなかったとして、約160億円の損害賠償請求をパーキンズ法律事務所(前Fish & Richardson)に行ったという。この裁判のゆくえ、ちょっと気になります。   A former client hit Perkins Coie with a $150 million lawsuit on Friday, alleging the firm failed to seek and secure key patents that would have generated royalties from wildly successful products...
  BMMとは、日本語にはない略語のようで、ビジネス・モデル・モチベーションのことらしいです。頭の中で散乱するソフトウエアの設計を整理して、形にするのに、使えるのではないかと、開発支援ソフトウエア(ビジュアル・パラダイム)を使ってみました。   BMMのアウトライン: ①ENDS(ゴールを決めます)。 ②MEANS(手段を設計します)。 ③インフルエンサー(影響を与える要因を特定します)。 ④ASSESSMENT(ゴールへの評価をします)。   大きな紙を用意して、アイデアを書き出しても、いいんですけれど、プロジェクトをデザインに落とし込んで、さらにコーディングする場合には、この手の支援ソフトウエアがあると便利なのかなと、思いました。チームで作業をする場合には、SCRUMを設計するようにできているようです。   30日間は、無料のようです。   ① BMM:https://www.visual-paradigm.com/…/what-is-business-motivat…/   ② SCRUM:https://tatsuya-noguchi.com/www-scrumguides-org/ Source

arbilex.co

Boundless Legal Intelligence   ネットでうろうろ。   ArbiLexは、AIと予測分析を「国際仲裁」に応用するリーガル会社で、弁護士、AI、機械学習の科学者、エンジニア、デザイナーが集まって、始めた会社らしい。   企業係争中の事件の「合計価値」は2兆ドルを超えているので、 これらの企業の手数料が保留中の事件の総額の10%であると仮定すると、国際仲裁市場は約2,000億ドルと推定されるとのこと。   「日本知的財産仲裁センター」というと、丸島先生を思い出すけれど、もうちょっと研究してみようかな・・。   arbilex.co Source
米国の死者数は1万人?   米国のインフルエンザは、日本に入ってくるんだろうね・・。武漢の肺炎の方は、中国政府が、危険地域から来た人の2週間の隔離を行っているようだから、いずれ収拾するのではないだろうか。   経済のバロメータ、マカオのカジノは、ウイルス問題のせいで、ゴーストタウン化しているらしいけれど、経済の影響を受けるところは、多いのだろうね・・。   出歩いたら危ない⇒ネットで買おう⇒Amazonの株価上昇?   という構図は、あるのかもしれないけど、他にも、変化はあるのだろうか・・。  ... もっと見る 米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え(写真=ロイター) 【ニューヨーク=野村優子】米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。世界で Source
最近、スイスが気になってます。なんとなく、イメージがいいです。 どうして気になるかというと、例えば、「国際企業」から、「多国籍企業」に変化する場合、スイスに本社を置いている企業はとても多いのです。 例えば、ネスレ社、デュポン社、hp、Googleの他、大手の法律事務所、大手の会計事務所なども、スイスに拠点があります。日本たばこ産業(JT)も、国際本社は、スイスにあります。 スイスの利点はというと、スイスでは、Verein 型の組織を作ることができるようです。Verein 型の組織とは、「戦略、ブランディング、情報技術、コア機能を構成パートナー間で共有する」ことができる組織で、使い勝手が良いようなのです。 もっとも、調べてみると、最近は、別の国も人気がでてきているようです。ちょっと行ってみたいですよね・・。 Explore Source
「破壊的創造」というと、例えば、ネットショップ(Amazon)を意味していて、新しい技術ができることで壊されるものとしては、町の商店街の一部分などがあります。「テレビ会議でいいよ」ということになれば、タクシーなどの交通機関や飲み屋さんが、困ることになります。 仕方のないこととも言えます。 「非破壊的な創造」をするのは、「破壊的な創造」よりも、難しいのでしょうけれど、何か良い方法は、ないものだろうかと、悩んだりします。 Page 1 非破壊的な創造システム。 原子力発電所が無くならない理由の1つに、経済的な不利益がある。電気自動車が発達すれば、エンジン自動車産業は、困る。テレビ会議が発達すれば、交通産業や駅周辺の食堂にとっては不利..... Source
面白い名前の会社(VIR-US)@武漢肺炎の抗体   Vir Biotechnology Incというバイオ企業の株価が、急騰しているようです。この会社の最初の3文字は「VIR」で、アメリカ(US)にあります。続けて書くと、”VIRUS”(ウイルス)になります。Bloomberg株価情報では、(VIR:US)と表示されており、こういう狙いのネーミングだったのかと、考えたりもします。この会社、ビルゲイツ・メリンダ財団が出資をしている会社のようです。    株価急騰中のVIR社は、現在の抗体(Antibody)が有効な処置であることをテスト中であり、製造販売について、検討していると、発表しているようです。   (1)Vir Biotechnology Inc https://translate.google.co.jp/translate… (2)Virの株価 https://www.bloomberg.co.jp/quote/VIR:US (3)ビルゲイツ・メリンダ財団 https://www.bloomberg.co.jp/…/art…/2019-10-11/PZ70JYDWRGG301 Coronavirus update: First U.S. case of person-to-person transmission confirmed, 195 U.S. citizens in isolation and WHO declares a public health emergency A new U.S. task force led...
4000社分の先端技術(CES2020)    コンピュータ産業研究会から研究会の案内が回ってきました。CES2020の総括的なお話が聞けるのではないかと期待しています。ちょっと、行こうかな・・。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【日時】  2020年 3月12日(木)19:00~21:00 【報告者】   二又 俊文(ふたまた・としふみ)東京大学未来ビジョン研究センター 客員研究員 【要旨】  本年1月7日から10日まで米国ラスベガスで開催されたCES(シーイーエス)はかつてコンスーマーエレクトロニクスショーと呼ばれていたが、今は世界最大のテクノロジーショーに大きく変貌した。広大なスペース(後楽園ドーム6個)にICT機器、IoT, 車、Robotics, AI, AR/VR,量子コンピューターなどなど最先端の技術の数々にふれることができる。世界中からレガシー企業からスタートアップまで4000社以上の出展があるなか、18万人がCESを訪問する。   日本からの訪問者も年々増大し、最新のテクノロージーの動向をつかもうとしている。筆者はCESを20年にわたり定点観測を行っているが、Industry Analystとして各社トップのプレス発表、各社ブース、現地企業関係者・研究者のインタビューも交え、CESから見えてきた大きなテクノロジートレンドを整理する。   あわせて、米中貿易戦争の影、日本企業の動向についても触れる。 キーワード:自動運転、AI、スマートシティー、AR/VR、5G、量子コンピューター、3Dプリンター(メタル)、イノベーション創出、スタートアップ   (1)CES2020 https://www.ces.tech/International.aspx?lang=ja-jp (2)コンピュータ産業研究会 http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/shintaku/comken/ International International visitors to CES can find information on travel, visas, interpreters and more. Source
  tsunamiと言えば、福島原発の時のキーワードで、世界を駆け巡りました。武漢肺炎のキーワードは、"coronavirus"で、福島原発の半分ぐらいの注目度があります。   似たようなウイルスである前回の「SARS」。これを検索される方が、「coronavirus」を検索する方の10%ほどいるようです。   検索数のグラフをよく見ると、実のところ、「coronavirus」のカーブの頂点付近が飽和を始めています。要するに、マーケティングデータからすると、病気の流行は、1ヵ月もあれば、収まるのではないかと、予想できます。   マーケティングデータなんて、科学的な病気のデータとは、関係ないとも言えるのですが、どうなんでしょうね・・・。   (1)意味深な記事 https://news.ebc.net.tw/News/Article/195474/ (2)Google trend https://trends.google.co.jp/trends/explore… Source

N95マスク…

  武漢で発生した新型コロナウイルス。台北市内の電光掲示板によると、「手洗い、うがい」が良いと表示されています。その他、予防するには、どうすれば良いのでしょうか? ちょっと調べてみました。   GMOのようにリモートワークへ移行をして、予防するという方法もありますが、人混みを移動する場合は、たぶんマスクが大切なのかなと思います。前回の中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の場合、①ガウン、②N95マスク、③手袋、④ゴーグルを着用した医療関係者は、全く、感染しなかったと韓国の論文に書かれていました。   N95マスクは、300nmの粒子の95%を捕らえるフィルターを使っているようです。コロナウイルスの直径は100nmのようですから、実際には、コロナウイルスは、N95マスクを通過できるはずですが、韓国の論文の結果をみる限りは、感染しない程度には、除去できるのかな・・・。 (1)韓国の論文 https://ojs.wpro.who.int/…/article/view/658/%E2%80%9Dhttp%3A (2) https://amzn.to/30VQSS2 Source
  ロッカーに服をしまって裸になり、灰色のワンピースに着替える。天井には監視カメラ。そのままシャワー部屋まで歩いて、シャワーを浴びたら、カプセル部屋に入って寝る。流れ作業。 ここは、合理性を極限まで追求したホテル「ナインアワーズ」。灰色のワンピースには、囚人番号のように「9」の文字が印刷されている。ナインアワーズは、ホテルというよりも「刑務所」に近い。   従業員3人ぐらいだろうか・・。ジュースの自動販売機もなく、基本的には、ゴミもでない。   しかも、一泊7900円に値上げしているようで、なぜか感動してしまう。   ただ、料金を除いて、ここ数年、「ナインアワーズ」には、全く変化がない。正確にいうと、物理的な変化が全くない。   合理性を極限まで考えた後、このホテルは、何に投資したか?   Google trendのデータを見ると、ここ数年は、知名度の向上だったと思うが、最近、飽和・低下してきているようだ。   もう改善点はないものだろうか?   「乾いた雑巾を絞る」というわけではないが、知恵を絞ってみると、まだまだ改良できそうな点はある。   例えば、①天井の蛍光灯をLEDに変える。②ホームページの言語に中国語とスペイン語を追加するなどが考えられる。これだけで、維持コストが下がりつつ、客室稼働率を更に上げることができる気がする。 Source
  (1)実店舗を無くした例。   ソニー銀行が、クラウドコンピュータ上にのみ銀行を設置して、「実店舗」は無くなる宣言をしたようだ。これは「クラウド技術」を使っている。実際のところ、例えば、1億円の店舗が100店舗あれば、100億円かかるので、別の使い方をした方が良いのだろう。   100億円浮いたら、どうする?   昔、富士通は、ハワイに「JAIMS」という学校を作った。JAIMSは、豊かなキャリアと人生を望んだ設計だったのではないだろかと、今でも思う。   (2)「切符を拝見」を無くした例   特急の座席の上にLEDランプが設置してある。 ①空席は赤色、②間もなく人が来る席は黄色、③指定券販売済みの席は緑色のLEDが点灯する。   これって何か意味あるの?   ・・・と最初は思ったけれど、実はスゴい。   スマホから指定券を買うと、ランプが緑色になる。駅員さんは、赤色の座席に人が座っている場合のみ、「切符を拝見」するだけでいい。これは、ネット販売と通信技術を使っている。   スマホから切符も買えるとすると、券売機もいらないのかもしれない。   もう少し、考えをまとめてみる。   こういう変革は、どうして起こるのだろうか?   たぶん、上述の例を見ると、 (1)1つの「先端技術」が誕生して、 (2)それを利用しようとする「やる気」があると、 変革が生じるのだと思う。   「やる気」が大切ということは、「フロンティア精神」とか、「やらまいか魂」、「ど根性」、「想いの力」というような精神論が、変革の基礎にあるのかもしれない。 Source
オンライン学習@品質管理   先週、品質管理の標準化規格(ISO)について、一応、学習してみました。オンライン学習というと、Udemy, SkillShare, Lynda, Coursera, Harvard X, Open Edx, Stanford Online, 好大学在銭(在銭=オンライン)など・・が知られていると思いますが、まだまだ、知らないことが多いです。   今のところ、知っているオンラインコース一覧・・。   (1) Udemy: http://udemy.com/   (2) SkillShare :https://www.skillshare.com/   (3) Lynda: https://www.lynda.com/   (4) Coursera:https://www.coursera.org/   (5) Harvard X...
Near ZERO Marginal Cost(限界費用ゼロ社会)@エネルギー産業の転換   昨晩、アメリカの方で行われたセミナーを聞いていたら、「Near ZERO Marginal Cost」(限界費用ほぼゼロ)という話題がでていました。セミナーによると、「限界費用ほぼゼロ」が、時代の流れに沿った「キーワード」だというのです。 今日は、限界費用ゼロ社会ついて、ちょっと考えてみることにしました。      Near ZERO Marginal Cost?   多くの方がご存じのように、Marginal Cost「限界費用」は、商品の数を1つ増加させるのに必要なコストのことですよね・・。限界費用ゼロ円とは、例えば、ネット上の映画などの無形資産では、視聴者が1人増えても、追加で必要なコストはほぼゼロ円です・・。   2014年に、ジェレミー・リフキン 氏が本を書きました。   それによると、限界費用をゼロにできるのは、無形資産ばかりではありません。例えば、石油や石炭を使って発電をすると、それを維持するために、永遠に働かなくてはなりませんが、太陽光発電所を一度所有すれば、追加費用は、ほぼゼロ円で、太陽からエネルギーが手に入るようになります。   ゼロ円で手に入るエネルギーが作れるのに、政策としては、アンポンタンじゃないの?   と考える人が増えてきました。そこで、環境保護との関連も含めて、エネルギーを変えようという動きが、始まっているようです。2014年の出版から6年たって、欧州は動き出しているのかなと、思いました。   もっとも、石油産業が無くなると困る方も大勢いるので、単なる既存産業の破壊は、好ましいことではないかと思います。代替産業への人財のシフト、適材適所に人が動けるような社会を実現する「インフラ」を作ると、ニーズはあるのではないかなと、思いました。 (1)再生可能エネルギーとは(資源エネルギー庁): https://www.enecho.meti.go.jp/…/renewable/outline/index.html (2)限界費用ゼロ社会:https://amzn.to/2u5HZJu 限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭 限界費用ゼロ社会 〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭 Source
アニメと言えば・・・中国のお家芸。   中国のスタジオがグローバル展開するアニメ(Ne Zha)、興行収入は800億円ぐらいなのだそうだ。これは日本の著名なアニメの10倍の興行収入で、さらにハリウッドのアベンジャーズを抜いているようだ。   これほどの作品だから、見たことある人がいても、おかしくないと思うけれど、私は、見たことない。ちょっと見てみたい。 NE ZHA (2019) | Well Go USA Entertainment A young boy, Nezha, is birthed from a heavenly pearl by the Primeval Lord of Heaven. Born with unique powers, Nezha finds himself as an outcast who...
12個の叡智   自分の望む世界を、生きているだろうか?   もしも、そうでない時、世界を作りかえようとか思う時、12個の叡智が、役に立つかもしれないと、思いました。リクルートのコクリエーションでの1年半の研究成果だそうです。 予想だにしない未来を創るコ・クリエーションの3つの流れと12の智慧――「コクリ!系統樹」(ブックガイド付き) | コクリ!プロジェクト このたび、私たちは「コクリ!系統樹」の映像をつくりました。まずは一度、説明抜きで見てみてください。 Source
Multinational law firm   最近、アメリカのリーガル業界では、M&Aが流行っている気がする。ベインアンドカンパニーの記事を読んでいると、M&Aは、効率的合併政策として、小売店でも起こっているので、競争が激しくなってきているのかもしれない。   その中で、ホームページの価格が、1億円を超える政策をとっているのが、Dentons(大成)というマルチナショナル法律事務所(2200億円規模)で、最近、M&Aによる世界支配に乗り出している。一応、プロジェクト名がついていて、「ゴールデン・スパイク・プロジェクト」というらしく、国盗りゲームのように、地図が表示されている。   小売店の場合は、以下のようなビジネスの類型がある。  ① Amazon型  ② 効率的合併型(M&A)  ③ 大規模店舗型(Costco)  ④ 独自商品型  ⑤ 地域密着型  ⑥ 弱小ベンチャー型  ⑦ 旧来の小売店 Dentonsは、小売店でいうところの②の効率的合併型(M&A)をとっているようだ。面白いことに、Dentonsは、株式会社でも、LLCでも、LLPでもなく、「Swiss Verein」という形態をとっている。   あまりに巨大なので、小回りは効かないと思うけれど、頭のよい人も多いだろうから、今日は、ちょっと研究してみる。     (1)ウエブ解析 https://digital-marketing.tokyo/dentons.com (2)小売店の類型 https://tatsuya-noguchi.com/%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e3…/ Dentons.com | Digital Marketing Tokyo Dentons.com has estimated worth of $10,694,700, this site has 117463 rank in the...

「人は音楽」。…

  数学者でもあった岡潔氏の「春風夏雨」(角川ソフィア文庫)を読んでみました。書籍によると、人は音楽で、固有のメロディーを持っている、と書かれていました。この議論には、妙に合点がいきました。   人は不協和音に晒されると、壊れていきますが、優しい音楽に包まれると、回復していくとあります。   書籍の中には、もちろん「?」と思われる箇所もありますが、それでも人の音楽性については、なるほどと思ったのでした。   岡潔「春風夏雨」:https://amzn.to/2NpbD38 Source
「無料」のプロジェクト・マネジメント・ツール(個人的なメモ)   もしも、1つの商品を「プロジェクト」として扱うとしたら、昔のやり方とは異なり、1つの商品の完成までに、相当、多くの人が関わることになるに違いない。今日は、無料のプロジェクト・マネジメント・ソフトウエアを見つけたので、個人的なメモとして、リンクとマトメを書いておきます。   このソフトウエア、真面目にサーバにインストールしたり、設定すると、半日ぐらいかかりそうなので、今日はメモだけです。   気が向いたときに、サーバサイドにインストールしてみる予定ですが、6か月ぐらいあれば、自分で発注用の設計をして、仕様書をパキスタンやインドネシアあたりの開発業者に送ると、自分でも開発できるのかもしれません・・。   無料ソフトウエアの名前:ProjeQtOr リンク:https://www.projeqtor.org/index.php/…/product-en/features-en (ソフトウエア「ProjeQtOr」の機能)   ①計画管理:ワークロード、タスク間の制約、およびリソースの可用性から計画を構築するために必要なすべての要素を管理。   ②リソース:複数のプロジェクトに影響を与える可能性のあるリソースの可用性を管理し、信頼できる最適化された現実的な計画を計算する。   ③事件管理:バグトラッカーが含まれている。   ④コスト管理:すべてのコストを監視し、請求書を生成できる。   ⑤品質管理:品質要件を満たすのに役立つベストプラクティスを統合する。   ⑥リスク管理:リスクを軽減または処理し、発生する問題を監視するために必要なアクションプランを含む、包括的なリスクと機会の管理ができる。   ⑦境界管理:すべてのイベントを監視および記録でき、行き過ぎた管理に役立ち、プロジェクトの境界を制御できる。   ⑧コミットメント管理:プロジェクトの要件に従い、カバレッジの進捗をいつでも測定できるため、コミットメントを簡単に達成できる。   ⑨ツール:アラート生成、自動電子メール、データインポートなどができる。   もちろん、HRMシステムなども付属している。 ProjeQtOr free project management software - Features ProjeQtOr : free project...
Kindle Indies 無料マンガ   妹のかいた簡単なマンガ。無料なので、よろしくお願いいたします。   第1章 支配の言葉 言葉使いは歌う 言葉の魔法を使う、言葉使いの見習いであるブレンダは、東の森の師匠の所で修行&... Source
  今日は、なぜか生産における「品質管理」について、調べてみることにしました。ここは永田町の国会図書館です。   まあ、近所の本屋でもよかったのですが、国会図書館は、ネットでは調べきれない膨大な資料も、「無料」で手に入りますから・・。   「品質管理」というと、「工場」が思い浮かびます。   工場の歴史というと、家内制手工業、問屋制手工業、工場制手工業という順番で発達していき、「産業革命」を経て、工場制機械工業になったと言います。機械が無い時代も考えると、「工場」と言うのは、「人が集まり、分業して工作する場所」という意味だったようです。   現代でも、自動車の生産などは、工場制機械工業の一択ですが、人が集まる訳ではなく、ロボット群だけが働いている「消灯工場」も、増えています。   それでも、現代の多くの企業は、多かれ少なかれ、「人が集まる」という性質を持っています。ただ、昔の工場とは違って、人が集まるために、必ずしも物理的な共用空間が必要というわけではなく、インターネットが、人を繋げることができます。   それでは、世界の多くの生産企業では、人が集まって、何がしたいというと:  ①分業による効率化、  ②品質管理、 なのではないかと、そんな風に考えたわけです。   今日はなぜ、研究しているかというと、実は、最近、インターネットで人を繋げることで、30カ国以上に分散した新興会社というのを見つけたからです。スタートから4年で100億円ぐらいに成長しているようなので、いわゆる1000億円のユニコーンではありませんが、それでも、すげーと感心して、国会図書館までやってきたというわけです。 Source
  Q1 高いリターン(機会)を得るには、ハイリスクをとることが必要であるのだろうか?   ※ここでいう「リスク」は、「開発コストが莫大」という感じの意味。確か、「リスク」という言葉は、金融用語、経済用語、一般用語の各分野で、意味が異なると思う。 仮の答えA1: ローリスクでハイリターンという場合もケースとしては存在する。例えば、水に混ぜるだけで製造できるスーパー治療薬。   Q2 特許権が重宝されるのは、ローリスク・ハイリターンの事業領域であるか?   仮の答えA2: 下の図をみると、大切だと書いてある。簡単スーパー治療薬の場合、特許権が無ければ、事業は大変だろう。   これは、結構、使えるかも・・。 Source
  自由席を指定席に変更しようと思ったら、自動券売機の「コールセンター」のボタンを押すといいことが分かった。ボタンを押すと、券売機の正面の表示が、テレビモニターに変わり、遠くにいる駅員さんが登場する。駅員さんは、リモートで操作して、変更後の切符を発行してくれる。   これって、駅員さんは、遠くにいると思うけれど、日本国内にいる必要はないよね・・と思う。まあ、日本人である必要もないけど。   尤も、会話の内容は、限られているから、この程度のやりとりなら、人間でなくても、チャットボットAIで実装できるはずである。   だから、この接客部分は、いずれAIに変わるだろうけれど、働いてた駅員さんは、(報酬がなくて)、電車に乗れなくなってしまうかもしれない。誰も乗らない幽霊電車の出現である。   さらに、競争原理が働く市場なら、価格は下がり、税収も減ってしまう。そういえば、32型のテレビは、2万円を切っているから、税収もGDPも、20万円の時代の10%しかない。 本当は、便利になったんだから、あまり働かなくても、楽に暮らせる社会になってくれてもよさそうなものだけれど、そうならないのは、どこか仕組みがおかしいのかも・・。 Source
クレタ島って、ミノタウロスが住んでいた場所だったと思ったけれど、最近は、イノベーションハブになっているらしい。 EUで最も革新的な地域は、フィンランドのヘルシンキ・ウーシマー、スウェーデンのストックホルム、デンマークのホヴェドスタデンらしい。 欧州で最も革新的な地域は、スイスのチューリッヒ。その他の革新的はハブは、チェコのプラハ、ギリシャのクレタ島、イタリアのフリウリベネチアジュリアなのだそうだ。 大きな国は、無いんだな・・・。なんでだろう。 ec.europa.eu Source
今日は、1997年のP&Gとパラゴン社の知財判決文をパラパラと読んでいる。これは有名な裁判なのだと思うけれど、この裁判では、P&Gは、侵害販売の少なくとも約8%の利益を回収する権利を有するとされた。 Conclusion-Lost Profits P & G has therefore established that there was a reasonable probability that, "but for" the infringement, it would have made at least approximately 8% of Paragon's infringing sales. P & G is entitled to recover lost profits...
https://digital-marketing.tokyo/ アメリカの大手法律事務所のウエブサイト。リンクや引用なども考慮した価値評価をしてみました。いい加減な評価ですが、第1位のサイトは、1億円を超える価値があるという結果がでました。 調べてみると、1億円超えのWebサイトに直線的に成長している事務所がありました。ここは、1年ほど前に、「法律専門家による人工知能 チーム」を作ったとアナウンスしています。まあ、これだけの情報があれば、どこの事務所かはわかると思うので、名前は書きませんよ・・。 ちなみに、digital-marketing.tokyoは、マイサイトのランキングを上げるために設置したものなので、もしも、サイトの価値のランキングが気になる方がいたら、上のリンクでお気楽にどうぞ。 ---------サンプルデータ---------- Kirkland & Ellis Latham & Watkins Baker McKenzie DLA Piper Skadden Dentons Clifford Chance Sidley Austin Hogan Lovells Allen & Overy Morgan Lewis & Bockius Linklaters Jones Day Norton Rose Fulbright Freshfields Bruckhaus Deringer White & Case Gibson Dunn & Crutcher Ropes & Gray Greenberg Traurig CMS (EEIG) Sullivan & Cromwell Weil Gotshal & Manges Simpson Thacher & Bartlett Mayer Brown Paul...
マイサイトのランキングが上がらない。   記事を投稿しても、マイサイト(https://tatsuya-noguchi.com/)のランキングが上がらない。ただ、コンテンツデリバリー(アクセスを分散させるため)のサービスCloudFlareを見ると、マイサイトのビジター数が7115人と書いてある。そんなにアクセスがあるとは思えないので、データの巡回クローラーだろうか・・。 Source
新電子科技術を読む@知財ポートフォリオ   台湾知的財産権ニュースによると、新唐科技は、約270億円で、パナソニックセミコンダクターソリューションズの半導体事業を買収したらしい。    「新電子科技」という雑誌を読むと、最近のホットなトピックは、①SiC、②マシンビジョン、③GaN、 ④5G、 ⑤自動運転らしい。   ここで、「SiC」と「GaN」と聞いて、最初に思い浮かぶのは、Cree社というアメリカの会社の「知財ポートフォリオ」である。Cree社は、上流工程の特許権が59%という研究開発型の企業である。GaNに関しては、2013年が最後の特許権になっていて、最近は、どうなっているのかは、分からない。   Cree社とは、全くつき合いはないのだけれど、もしも、どういう研究開発をするのがいいと思いますかと、聞かれた時のために、知財ポートフォリオ開発の本(3)でも読んでみる。 (1)Cree社のライセンスプログラム https://www.cree.com/about/licensing/licensing-programs/ (2)新電子科技(雑誌) https://www.mem.com.tw/ (3) Patent Portfolio Deployment https://amzn.to/2SArQpH 新電子科技雜誌 Micro-electronics 瀏覽新電子科技雜誌,掌握電子產業的市場最新情報。1986年創刊,為台灣電子產業首屈一指的專業媒體,報導相關半導體、光電及通訊三大領域的最新市場變化、技術發展、產品研發與相關業者布局動態。 Source
  今週は4000番ほど、実験用のマイサイトのランキングが下がり、63086番になりました。少ないアクセス数の中で、「エデンの園」の記事が、一番クリックされました。   そのほかは、読み返してみると、マネジメント色が強いのか、少し暗い内容になっている気がしました。 (エデンの記事) https://tatsuya-noguchi.com/%E3%80%8C%E3%82%A8%E3%83%87%E3…/ ちなみに、今月の広告収入は、585円でした。500円がサーバー代なので、1つの記事の値段は、約2.8円です。なんと人件費を除くと、黒字になりました。1つの記事を20分ぐらいで書いているとすると、時給8.4円になります。この時給で、延々と書き続けてたら、1850時間働いて、1年間で15500円になります。 Source
アイデアはお金だけど、良いプレゼンをするには?@Carmine Gallo 説得力のあるプレゼンスキルは、知識経済の中で働く人には、競争力のある能力になるそうです。アントレプレナー、就職希望者、政治家、プロデューサー、CEO、セールスマンまで、この能力が使えると、オリジナルの能力を50%以上引き上げるというのです。 でも、どうやって? それは、古代のアリストテレスが、答えを出しているようで、以下の通りです。 ① キャラクター まず、一番、大切なのは、あなた自身のキャラクターです。プレゼンをするのに、学位、業績、賞などを説明するのは、NGです。それよりも、自分にとってはマイナスの経験、例えば、刑務所にいったことがあるなどと、他社へのプラスの活動経験があると、信頼感のあるキャラクターになるようです。まあ、これは深い痛みの経験が必要ということなので、経験が無い場合は仕方ありませんよね・・。 ② 合理的な論理 ・あなたのアイデアは、視聴者が利益を得るのにどのように役立ちますか? ・そのために、どのようなステップをとればよいですか? ・データ、証拠、事実を使用して、合理的な議論を形成してください。 ③ 感情 誰かを説得するには、感情が動くようなストーリーテリングが必要です。ですから、プレゼンの65%をストーリーに使い、25%を合理的な論理に使い、10%はキャラクターの説明に使うとよいでしょう。TEDトークが、この構成になっています。クリス・アンダーソンによれば、「最高のつながりを生み出すことができる物語は、あなた自身またはあなたの近くの人々に関する物語です。失敗、不器用、不幸、危険または災害の物語こそが、真のストーリーだそうです。まあ、確かにそうなんでしょうけれど、重たすぎて、人には話せない・・なんてこともあるでしょう。 ④ 比喩の達人 新しいアイデアは、視聴者になじみのあるもので比喩しましょう。 ⑤ 人間の頭に入る程度の量 人間が吸収して保持できる情報の量にはかなり普遍的な制限があります。議論は「できるだけ簡潔に、できるだけ少ない言葉で」表現されるべきでだそうです。調べてみると、「修辞学」という言葉があるようです。 ・修辞学の技術: https://amzn.to/377K9q6 ・世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられているプレゼンの基本 https://amzn.to/2slM37Q この記事の大枠は、「FIVE STARS: The Communication Secrets to Get from Good to Great 」という本の宣伝用に、ハーバードビジネスレビューに書かれていました。詳しい内容は、本を見てね、ということかと思います。 Five Stars: The Communication Secrets to Get from Good to Great (English Edition) “As technology threatens to displace countless jobs and skills, the ability to communicate is becoming more important...

1000個。…

  バンダイナムコ社のゲームをダウンロードしてみた。発売から、1000個以上売れていると表示されている。800円ぐらいのゲームなので、売上は80万円ということか・・・。   このゲームが無料だったら、たぶん100倍の10万ダウンロード以上にはなるに違いないが、ゲームが少し難しいので、広告課金は難しいのかもしれない。 Source
  12月24日はクリスマス。感謝をしながら祈りをする日なはずだが、ふと100円札を眺めてみると、文字が書いてある。大きな文字は、「博愛」。その後ろに「大道」で始まる文章が見える。大道ってなんだ?   調べてみると、「孔子」の言葉らしく、国単位の大家族主義という感じの表現が、適切なのかもしれない。資本主義とも、共産主義とも、書かれていないが、「適材適所で、老人から子供まで困らず、家のドアを開けていても、盗みの行われない社会」を創ると書いてあった。     「大道之行也,天下為公;選賢與能講信修睦。故人不獨親其親,不獨子其子;使老有所終,壯有所用,幼有所長,矜、寡、孤、獨、廢疾者皆有所養。男有分,女有歸。貨惡其棄於地也,不必藏於己;力惡其不出於身也,不必為己。是故謀閉而不興,盜竊亂賊而不作;故外戶而不閉。是謂大同。」 訳文はコチラ: https://wk.baidu.com/view/dc1c10c6b307e87101f696c4?pcf=2 Source
  道端を歩いていると、ベーカー・マッケンジー法律事務所がときどき気になる。ここは世界ランキングは上の方で、最近は、そこそこ動きも速い。このベーカーマッケンジー法律事務所と同じビルに入っている会社というと、アムウェイ(Amway)がある。   アムウェイというと、マルチ商法的な販売形態をとる会社として、知られている。若い頃は、自分で考えることなく、政府なりメディアを信じてしまう傾向にあって、「マルチ商法は悪しきもの」という洗脳がされていた(と思う)。少なくとも、私は、そんな風に考えていた。   大人になって、マルチ商法についても、研究したりするようになった。一般的には、マルチ商法というと、ピラミッド構造になっていて、上位者ほど報酬が高くなるというものである。人財ベースでいうと、考え方は(CEO LOGIC レイジョンソン 2004年)に近い。ちなみに、本は面白い中身なのだが、賛否両論の箇所は沢山ある。   アムウェイ論に戻って、その構造について考えてみると、日本でも、例えば、自衛隊などの国家機関は、ピラミッド構造が多いと思う。そうすると、マルチ商法というのは、善悪の問題とはたぶん言い難いということになる。   しかも、マルチ商法の問題としているのは、「販売員の手数料」であって、一般には、そのほかのコストの方が圧倒的に高いのだが、全体的な視点からの議論は出てこない。   それでは、販売に問題があるのだろうか?確かに、Amazonやネット証券、オンライン銀行の無い時代は、物の販売は、営業が担当していた。現在でも、販売には、人間関係が重視されるところは、結構ある。そんな事例を考えると、マルチ商法という仕組み自体には、悪だという理由は見つからなかった。 Source

deta visualization…

  データ可視化について学ぶ意味とは、何だろうか? データビジュアリゼーションというと、最初に、webのフロントエンド開発が思い浮かぶ。この分野の用語としては、D3, angular, plotly, dash. Google data studioの他、web GL、Aframeなどの3D表現が思い浮かぶ。   実装を考えると、データベースの知識も必要になる。だから、アメリカでの求人情報をみると、データ可視化に関する単独スキルの募集は少ない。   データ可視化を使った課金できるサービスを作るなら、バックエンド側でのデータ処理、docker, Kubenentesなどの分散、コンテナを組み合わせる必要があるだろう。   現在、AIと言われているのは、バックエンド側の処理で、その能力は、少なくとも、アメリカでは、重宝されている(と思う)。実際、glassdoorなどの就職情報サイトをみると、大体、日本の2倍は超える報酬が示されている。   尤も、ナイジェリアなどでは、日本の20%ぐらいの報酬だったらしいから、上の方だけの議論だと、全体が見えなくなるだろう。   まあ、データ可視化のミーティングと聞いて、報酬の話を連想してしまったわけだが、もしも、データ可視化のミーティングにいったら、何か新しいサービスのアイデアが、浮かぶかもしれない。参加には、そう言う意味があるんだろうね・・。 Source
  世界的なベストセラーと言えば、聖書である。旧約聖書の「創世記」、新約聖書の「マルコの福音書」などが有名だと思うけれど、最近は、ずっとエデンの場所が気になっている。エデンは、どこにあるのか?   創世記によると、エデンからは、4つの川が流れている。ピション川、ギボン川、ティグリス川、ユーフラテス川である。現代の最強ツール「Google map」を見ると、後者の2つは、「イラク」と「トルコ」を流れる川だと分かるが、前者の2つは、どこだか分からない。   エデンは、「東の方」にあると書かれている。すなわち、翻訳が正しく、改変が行われていないすると、イラクの西の方が、聖書の書かれた場所になる。イラクの西にある「エルサレム」は、聖地と言われているから、エルサレムにいるとして考えてみると、一番近い大きな川は、「ヨルダン川」になる。ヨルダンという名前は、昔は無かったのだろうから、この川の可能性がある。これがピション川だとすると、ギボン川は、ピション川とユーフラテス川との間にあるに違いない。探したけれど、ギボン川は、よくわからない。   これらの川は、メソポタミア文明の地域にあり、現在のトルコの方から流れてくる。聖書によると、エデンの東には、智天使「ケルビム」がいて、追放された人間から、「いのちの木」を守っているという。とすると、エデンは東にあるが、さらに東に人がいるということになる。さらに、エデンには肥沃な大地があるはずである。   衛星写真を見ながら考えてみると、トルコ南部に「ガーズィアンテップ」という都市がある。もちろん、これは現代の名前で、昔は異なる。オリーブ、ピーナッツ、ブドウ、ピスタチオが取れる豊かな地域である。本当は、どこだか分からないのだけれど、ちょっと行ってみたい場所になった。 Source
鑑定の自動化。 富士通さんの宣伝をしているわけでは、全くなく、仕事上の関係も全くないのだけれど、世界的に進んでいる開発動向と事例としては、ちょうどいいので、のぞいてみる。 AIの事業領域として思い浮かぶのは、ヘルスケア(製薬、医学)、フィンテック、自動車、保険、リーガル、そして、重厚長大産業である。富士通さんのページを除くと、「石油業界」でのAI活用について、紹介している。実際のところ、石油関係の知り合いも、ディープラーニングをしているんだけど・・・という話を聞く。 石油採掘と言えば、複雑なデータを取得して処理するのだろうし、精製の制御を改良するだけで、数十億円の投資効果がでるという場合もあるだろう。リンク先の事例では、石油用の化石の「鑑定」を行っているようだ。専門知識を組み合わせてた「チームワーク」による「鑑定」らしい。 一方、法律分野において、富士通さんは、リーガル・ソフトウエアの企業(https://www.evisort.com/)のホームページで、ユーザとして紹介されているが、この法律系ソフトウエアの会社には、先日、「マイクロソフト」も、1500万ドルほど出資をしてきたようだ。 知財の世界で「鑑定」というと、例えば、特許の「進歩性」などを連想するかもしれない。米国の場合は、進歩性の審査をAIで判定しようという動きがある。同様の処理を行う民間企業だと、ターボパテントという会社があって、使ってみたことはあるのだが、知人の働いている知財系のソフトウエアの会社に買収されてしまった・・・。 AIについて考えるとき、AI事業を保護するための特許出願というのも、あるのだろうけれど、実のところ、ビジネスモデルの保護の形態に加えて、アリス事件などアンチパテント判例もあるので、たぶん、意外と奥が深く、課題を解くのに、さらに知識が必要となるに違いない。現在のAIでは、この分野までは追いついていないので、AIが活躍しはじめると、さらに高度な知識の人間が、活躍できる場面も増えてくる気がする。 AIは、専門家しかできない鑑定を自動化できるか? : 富士通 : 富士通 さまざまな業界で「AIにより自社業務を省力化できないか」と検討が進んでいる中、国内ではわずか3名の専門家しか対応できない鑑定について、AIによる自動化に取り組んだプロジェクトをご紹介します。 Source
  LCCのJetstar航空が、日本国内線を39円で販売しているようだ。宣伝用だと思うけれど、飛行機の場合、空いている空席を埋めても、あまりコストが増えないからだと思う。今日の夕方までやっているようだ。   Jetstarと言えば、成田の第3ターミナルにあったと思う。vanilla airの隣だったはずなので、きっと今は、peach airの隣になっているのではないだろうか。   尤も、いける場所や時間が限られている。   飛行機を売っている友人の話によると、プライベートジェットは、25億円だそうである。これがあれば、世界の好きな場所へ飛んでいける。維持費もかかるけれど、減価償却は5年で、40%を損金にできる。オーナーとして、運用ができるので、会社によっは、39円のチェットよりも、お得だそうである。   https://www.jetstar.com/jp/ja/deals?dealsorig=* Source

Artificial Lawyer

Artificial Lawyer   最近、イギリスで技術主導のハイブリッド型法律事務所が、上場するとか、しないとか、いう記事がでていた。アメリカだと、 Atriumというところがあるようだ。 2020年には、AI、RPAなどのプロセスが、どの程度まで、人間の世界で、ハイブリッドしてくるかということが気になるかもしれないが、この点について、丸の内にあるココの1つ上の階の法律事務所や、会計事務所の法律部門の方が、記事を書いている。たぶん、この手の記事は、受けがいいのだ・・。   アクセスランキングを上げるために、わたしも記事、書こうかなと思うのだけれど、書くのには、10時間ぐらいはかかりそうなので、疲れるだろうな・・・。 (1) https://www.cityam.com/hybrid-law-firm-and-fund-manager-mj…/  (2) https://www.artificiallawyer.com/ Artificial Lawyer Changing The Business Of Law Source
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ