6.5 C
Tokyo
Friday, January 22, 2021
Home BUSINESS

BUSINESS

On each category you can set a Category template style, a Top post style (grids) and a module type for article listing. Also each top post style (grids) have 5 different look style. You can mix them to create a beautiful and unique category page.

石の扉。…

  丸の内の地下道の壁に、6つの石の扉をみつけた。よく見ると、鍵がかかっている。アマテラス? そんな言葉が、頭をよぎったけれど、何が入っているんだろう? Source

好きな曲。…

   日野原先生の講和集をたまに読む。第7章には、「音楽は癒しの魔法」という内容が書いてある。改めて読んでみると、日野原先生も、フォーレの「レクイエム」が好きだと書いてあった。この曲は、癒しの曲だと思う。究極の音楽とは、どんな曲なんだろうか・・。 Source

銀座を歩く。…

  社会人としては大半を銀座で過ごしたせいか、それとも、この街には不思議なお店、怪しいお店など、人間性を感じるせいか、時々、銀座を歩くと、心が落ち着く。最近は、銀座でも、白い看板が、そこそこある。半地下の「小諸そば」は消えていたが、「吉野家」は残っていた。   ビルを企業株価に例えると、利益✕PER=株価は低下していることになる。銀座だと、100人ビルが10億円ぐらいからだろうか?  小さな銀座サロンを、1000人で使って、ペイするには、うううん、銀座ビル価格では、かなりアイデアが必要な時代だと思った。 Source
  広東省順徳市ロボットレストランの面積は、約2,000平方メートルであり、中華料理やファーストフードを調理するらしい。最近は、コロナウイルスの感染予防のため、小学校の学食でも、AIロボットが動いている。レストラン解説の動画の解説をみていると、結構、おいしいみたいだけど、日本には、なぜかないよね・・・。   解説動画:https://haokan.baidu.com/v?vid=10647220402111098452&pd=pcshare Source
  凹んだら、きっと誰かが空気を入れてくれるから。人間って、そういうこと、らしい。 Source
  「レコードの次はCDだ」と言ったら、30年遅れていると言われるわけだけれど、とある大きな企業が、ビジネスモデルの公開募集をしていた。だいたい10年後から20年後のビジネスモデルの策定に入っているらしい。提出する書類は、以下の通りで、賞金は1万ドル。   ① 市場の可能性 ② 顧客セグメント ③ 使える資源 ④ オペレーション ⑤ バリュープロポジション(顧客の利益) ⑥ 事例と仮定を含む財務計算   要するに、10年から20年後に、①どのような市場で、②誰に対して、③何を、④どのように使って、⑤顧客に利益を与えることで、⑥どのくらいの利益がでるのかという計算を募集していた。10年後、どのような世界になっているだろうか? というところから、読み解いて、論理を組み立てていくんだろうね。優勝したら1万ドルは、安いのかな・・・・。 Source

適度の濁り。…

  清流には、魚は住んでいない。極度に汚れた水でも、魚は死んでしまう。ちょうどいい濁り具合という状態が、いい感じだと思う。知財は、どのようにあるべきかと、考える時、そんなイメージが浮かんできた。もっとも、たまには、暗闇の泥水に入って、生き残ると、美しくなれる気もしたりする。どんな水が良いのだろうか? Source
  最近、Windyさんが進化し始めている。風の情報だけでなく、ライブカメラも統合し始めたようだ。たとえば、オーストラリアのワイケリーから20kmほどのところにあるボニーリバーランド湖のようすを知ることができる。大学生のころ、この界隈の上空をグライダーで飛んでいた時には、この湖には気がつかなかったけれど、ここも風光明美な場所だと思う。     そのほか、Windyを見ると、世界で、NOx(二酸化窒素)が多い地域は、どこなのかがわかる。NOxは、間接的には、ガソリン自動車などの数を示している。ロックダウンや経済活動が縮小すると、NOxは減るので、衛星データからわかることは多い。   時代は、大きく変わってきているのだと思った。  公式サイト:https://www.windy.com/ Source

TOKIA…

丸の内のビル。右側の1階〜3階は、−55%ほど、白い看板になっていた。このビルは、JPモルガンさんグループが入っているはずだけど、ニュース記事をみると、97%がリモートワークと書いてあった。 TOKIAの2階のパルデ・エスパーニャは、美味しくおしゃれなお店だけれど、「営業中」の貼り紙が、看板の上から貼ってあった。 Source
2020年12月30日の論文を読んでみる。全米の99のセンターで、ワクチンの試験が行われ、30420人のボランティアの方が参加された。データをとるため、参加者の半分はワクチンを打っていないプラセボグループに属する。ワクチンを打っていないグループでは、30人が重症化し、1人が亡くなられたらしい。 一方、ワクチンを打ったグループでは、ワクチンの有効率は、94.1%である。ワクチンを打った後に、参加者の約50%で、倦怠感、筋肉痛、関節痛、頭痛などの中等度から重度の全身性副作用が認められた。これらの副作用は、ワクチン接種の約15時間後に始まり、ほとんどの参加者で2日目までに後遺症なしで解消したという。 「ほとんど」というのは、全員ではないという意味だから、完全なワクチンではないけれど、前進している。大変な実験だと思うので、がんばって欲しいね・・。 Efficacy and Safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 Vaccine | NEJM Source
「家族商店」というコンビニを舞台としたお笑い時代劇。新型疫病が大流行した時代、この世とあの世が繋がっているコンビニで、世界が変わろうとしているときのお話らしい。「図夢(Zoom)歌舞伎」というタイトルで、時代のトレンドを追求した作品にみえる。レンタル料金は、1900円なので、ネット社会としては高額設定だけれど、ちょっと見てみたい・・・。「1900円でも、ちょっと見てみたい」と思う自分の感情を分析して、キーワードにすると、以下のような要素群になった。    ======キーワード====== ① あるある的な著名性:弥次・喜多、ファミリーマート ② 文学作品にみる流行テーマ:第155回芥川賞受賞作「コンビニ人間」 ③ 世界映画と競争しないための独自性:時代劇風の演劇 ④ 時代のトレンド:コロナウイルス、世界の構造転換 ⑤ 現代風の普遍テーマ:あの世とこの世(異世界)、秘密 =================   映画リンク:https://amzn.to/35498fr   これは、メモを取りながら、見てみたい作品かもしれない・・。 Source
  4誌に目を通してみた後のメモ。   東洋経済では、LIFESPAN(老化は防げる)の本が紹介されていた。邦訳なので、アメリカの1年遅れではあるけれど、個人的には気になる本だった。著者は、健康で若ければ、コロナパンデミックは、起きないのだろうと述べている。   米国サイドの立ち位置のニューズウィークに、中国批判を緩めた記事がでていた。「集団免疫の達成」などは愚かな考え方だとする著者(ウイリアム・ヘーゼルタイン氏)によれば、中国のような覚悟と団結力のある対策がないと、コロナは収束しないよと書かれていた。     もっとも、オーストラリアの暖かい場所で、働いていれば、コロナの心配は、無用なのかもしれないけどね・・・。 Source

残念な物語。…

  あけましておめでとうございます。今年は、脚本、CG、特殊効果(TRAPCODE)、音楽、セリフ、プログラミング、プロモーションが、一通りできるようになると、いいなあ。 Source
  クリエイティブな作品というのは、ユーザーに快感・快楽を与えている。それは、人間の本能に語りかけるのだろうから、本を買って調べてみる。1つには、般若のお面、鬼の表情など、人間は、威嚇表情をみることに快感を感じるそうである。   もう一つは、可聴域を超える高い音。これも脳を活性化するらしい。   だから、ドラゴンやゴジラが威嚇しながら、高い音を出すシーン。これは、見ている分には、快感を感じているということになる。快感だと思ったことはないのだけれど、本当かな。。   出典:音楽・情報・脳。仁科 エミ (著), 河合 徳枝 (著)  https://amzn.to/2KJwDDq Source
  2テラのハードディスクが、少し遅いと感じてきたので、P5のSSD(1テラ)に入れ替えました。ハードディスクの場合、180MB/秒で爆速だという記事もありますが、SSD P5は最大3400MB/秒で動作します。SSDへの入替えは、簡単そうですが、要件の確認などに、丸1日かかりました。       (入替え手順) ① SSD m2 p5を買う。NVMeの対応スロットがパソコンにあるかの確認が必要。 ② EseUS todo backupをパソコンにインストールする。 ③ パソコンのケースを開けて、SSDを差す。 ④ パソコンを起動して、スタートボタンを右クリックし、ディスクの管理を選択。GTPでフォーマットし、シンプルボリュームを割り当てる。 ⑤ EseUSを起動し、クローンを実行。ハードディスクをSSDにコピーする。 ⑥ パソコンを終了して、ハードディスクのケーブルを抜き、再起動すれば、完成。 Source
台北でのカンファレンスに、保湿剤などの健康化粧品を販売する林清軒の代表がやってくるみたいなので、この方が、気になった。この会社、300店舗、2000名が働いているが、コロナウイルスで、売上高が9割減となり、62日後に倒産という計算ができたのだ・・。そこで、彼は、従業員にむけて、「暗闇の時のための手紙」をかくことになる。   「戦友の皆さん、新年おめでとう」で始まるその手紙は、「この瞬間、私は、あなたたちを除いて、頼れる人がいなかった・・・朝には大海を臨み、暖かい春には花が咲くでしょう」と書かれている。   この会社、15日後に、ライブショッピングなどの新しい形式の販売を生かしたものへと、業態が変化していき、生き残った。   ちなみに、この会社、武漢の医療関係者にむけて、130万人分の商品を寄付しているようです。     「暗闇の時のための手紙」: Googleで「至暗时刻的一封信 | 林清轩孙来春致清轩战友书」を検索するとヒットします。 Source
新年、早々から、台北ではビジネス・カンファレンスが行われるらしい。2007年、サブスクリプションが流行ると予見して、サブスクリプション自体ではなく、サブスクリプションをアシストするサービスを開始したZUORA。今では、1000億円に成長した。そんな人達の講演会。 2021年、中国と米国は新たな闘争に突入し、ワクチンがリリースされ、回復の炎が再燃する。ただ、世界は崩壊し、再編成され、再接続されてくる。既存のゲームのルールはすべて破られてくる。新しいコネクションをマスターした人は、次の10年で新しい勝者になるでしょう・・という内容のカンファレンス。 今なら、割引価格の約24000円で、カンファレンスが聞けるらしい・・。 これは、安いかも? ============================= 9:40-10:20 (ACER) ブランド×ライフスタイル 市場機会 新しいリンクライフスタイルからのブランドの突破と成長への道を振り返り、顧客との新たなつながりを生み出し、10年間の高い純利益を生み出す 10:20-10:50(Zuora) 購読x新規顧客リンク サブスクリプションエコノミーを使用して顧客の80%を獲得する、表面上で最も強力なビジネスイノベーション 11:10-11:40(Jiasida Technology) テクノロジーxメディカルニューリンク スマートヘルスケアが国を守る聖山となり、業界を超えた成功へのリンクが始まる。 11:40-12:00 2021年経済動向レポートビジネスウィーク 13:20-14:40(LinQingxuan,Dingxiangyuan) 流行後の新しいビジネスモデル 15:00-16:00 エンタープライズx新しいソーシャルコネクション EPSよりも重要なのは、企業がESGを理解して再作成し、成長させる必要があること。 商周圓桌趨勢論壇 造局者-決勝新連結時代 Source

前兆と予言。…

  とうとうハーバード大学が、「ムー」に追いついてきた・・。オンラインコースを眺めていると、これは!!・・と思うコースが見つかった。文化や歴史を超えた予言。古代中国の骨の燃焼からデルファイのオラクル、現代の占星術やタロットに加えて、理論的フレームワークについて検討するらしい。   ハーバードの先生は、予言について、どのように考えているのか、気になる。個人的には、もしも、タロットカードで本当に予言ができるとしたら、宇宙が、心の内側と繋がっているという仮説が成り立つと思う。そうであれば、自分を見つめることで、予言ができるのだから・・。   ハーバード公式サイト: https://online-learning.harvard.edu/course/predictionx-omens-oracles-prophecies?delta=0 Source
  PIXERの”CREATIVITY INC”という本をひらいてみる。この本は、アメリカと日本で、25倍も評価数が異なる。   本によると、未来を予見する最良の方法は、未来を創造することであるという。今までにないものを創ること。   視界不良の霧の中を進むとき、真っ暗で何も見えないポイントもあるという。創造力とは、そういう環境を進んでいく能力のことで、ココロの強さが求められる。これには、瞑想やマインドフルネスが役に立つという。 日本は、この分野が、アメリカよりも弱い気がした。 Source
無料の法律相談チャットボット。   南アフリカやナイジェリアで、新種のコロナウイルスが発見されたというので、現地の新聞社の記事を見てみた。新聞を読んでいると、コロナウイルスにも対応した法律相談をすることができるアプリが宣伝されていた。AI法律自動相談アプリともいえる。   南アフリカではコロナで200万人が職を失ったらしく、このアプリは、労働者むけのプロボノ的な無料のチャットボットという位置づけらしい。もしも、コロナ・ヘルプ的な切り口で、日本用に創ったら、赤字にならずに運営できるだろうか・・? Chatbot advice for lockdown-hit workers - The Mail & Guardian Source
  社会インフラや組織構造について考える時、人体モデルを再考してみる。人体の場合は、電気信号を伝達する神経系と、化学物質を伝達するホルモン系が存在する。インフラでいうと、電線とガス管みたいなものだろうか。もしも、完全な統合統治社会があるとすると、食糧を運ぶパイプがあると、きっと便利だと思う。太陽エネルギーを使って、自動で人間を飼育するような環境があれば、人類は働かなくても、生きていけるのではないだろうか? Source
  ハードディスク内のソフトウエア(iQIYI)をアンインストールしようとしたら、トナカイさんがでてきて、訊ねてきた。iQIYIは、会員数が1億人、売上高1000億円を超えるにも拘わらず、赤字という動画サイトである。   最近は、業績が少し回復しているというけれど、トナカイのキャラクターは、どのくらい貢献しているだろうか? もしも、トナカイさんが出てこないデザインだったら、少し味気ない気分になるだろうし、だれかが拡散することもない。   厳しい時代の工夫をぬけて、なんとか頑張ってほしいと思った。 Source
  最近の音楽制作に興味がある人なら、たぶん知っている音作りのソフトウエア「SERUM」。この商品は、ブラックフライデーでも、クリスマスでも、全く値引きされない(とても残念)。いつも定価販売されているが、商品は売れていると思う。類似のソフトウエアは、100以上はあるに違いないのだけれど、100個の中で、この商品を選択せざるを得ないビジネスモデルが、そこにはあると思う。   この種のシンセサイザーで音を作る場合、パラメータの設定方法は、無限にあり、独自のパラメータを設定することで、高品質の音が出せるようになる。この「SERUM」というソフトウエアは、第3者が、パラメータ群だけを開発して、別売し、お金を稼ぐことができるようになっている。だから、音のライブラリーの数は、膨大になる。   ユーザからみると、気に入った音のパラメータ設定を第3者から買うだけで、秀逸な音が手に入る。要するに、ユーザと、第3者の開発者を含む参加者全体に、利益を与える「エコシステム」のビジネスモデルが、秀逸に作られていると思う。なんだか、手法がNVIDIAなどに似ている雰囲気がした。 Source
  WIREDの雑誌を読んでいたら、BIOPHLIC 建築のビルの記事がでていた。ノルウェーにあるSvart HOTELが、その例で、太陽電池や自然との融合を効果的に使うことで、85%のエネルギーの削減ができるという。   ここは、農場とホテルが、電気と廃棄物の管理に関して、完全に自給自足の設計を目指しているという。自給自足で稼働されたら、電気会社は、困るかもしれないけれど、こういうことが、反対なくできる実現できるう国というのは、実は、豊かな暮らしをしているのではないだろうか・・・。   先進的で、エネルギーは使わず、自然が豊かな場所にあるビル。なんだかいいよね・・。   ホテル  https://www.svart.no/ https://www.svart.no/wp-content/uploads/2020/04/Svart-Aurora-1920-600x400.jpg Source
  台湾のTSMCを立ち上げた張氏の動画を見てみる。TSMCは、張氏が54歳の時に立ち上げた半導体製造の企業だけれど、今では世界一の規模になっている。何か役にたつことは、ないだろうかと、動画を最後までみてみる。   以下のようなことを話されていた。   ① 考えて、学ばなければ、その先は闇。 ② 外側のものを内側に取り込むのが私の仕事。 ③ 戦争もの(スターリングラード)とシェイクスピアの悲劇の本が好き。   この動画によると、張氏は自叙伝的な本を中国語で出版したことがあるらしい。台湾ではベストセラーだけれど、翻訳が気に入らないという理由で、英語では出版しなかったそうだ。   近年だと、「器識」という本が、出版されている。「器識」とは、「器量」と「見識」という意味だそうだけれど、この本には、金融津波、深い思考、企業の完全性など、企業における主要な問題に関する彼の洞察が書かれているらしい。動画を見ていると、行間が読めるような場面もあり、張氏は「器識」に優れているのだろうと、感じた・・。    スタンフォード大学の技術ヒーロー講座:https://www.youtube.com/watch?v=wEh3ZgbvBrE&feature=emb_logo https://www.youtube.com/watch?v=wEh3ZgbvBrE&feature=emb_logo&fbclid=IwAR2dDjRaW-70yFNP240UsZEKqvOT7iT4Uk-CmUViAtIYyzcLJc1MlBZc7LQ Source
iPhoneを作っていた台湾の鴻海精密工業が、電気自動車に参入したみたいだ。2021年1月早々から、200社以上のメーカーを集めて、本格的なオープン開発が始まる。 鴻海の募集要項をみてみると、ゆるい感じで、AI人財を募集していた。「希望小学校」という環境に恵まれない子供のための学校も設立していた。先進性を求めながら、社会に貢献しようとしているようにみえる。 利害はないのだけれど、この会社からも、学ぶことはいろいろある気がする。鴻海の代表「郭台銘」氏によると、「不景気などというものはない。ないのは気迫だけだ!」ということらしい・・。 いつも正解というわけではないのだろうけれど、景気がココロの問題だとすれば、今までなかった電気自動車を生産するといい、200社以上のメーカーを集める・・。新しい商売に期待する関係者もいるだろう。高揚感が持てるような環境を作り出すこと、大切なのだろうね・・。 (1)電気自動車 https://auto.ltn.com.tw/news/16723/2 (2)希望小学校 http://www.tomorrowschool.org/decade.htm 成為電動車界的 Android 第一步!鴻海電動車開發者平台確定 1 月公布 - 自由電子報汽車頻道 Source
  Book放題は、月額500円だけれど、50冊ぐらいは目を通せば、1冊の値段は10円になる。Book放題さんから、お金を貰っているわけではないけれど、このサービスはお得だと思う。    そろそろ経済予測本がでだす頃なので、パラパラと目を通してみる。エコノミスト、プレジデントには、これだ!という予測は、まだ書かれていない・・。   そういえば、人口予測だけは、必ず当たると、IBMの北城さんが言われていたから、人の動きから、経済予測をすると、意外と良い予測になるのだろうと思った。 Source
声を録音する→タイプする→その声で話しだす。   例えば、有名な声優さんの声を一度、録音する。その後は、声優さんが、いなくても、タイプすれば、声優さんのように読み上げてくれるソフトウエア。音声クローニングという技術だけれど、これは需要があるだろう。Googleで発表された論文をもとに、そんなサービスを立ち上げた会社があった。   デモを見てみると、すごい・・・。   論文で理論は分かっているし、サンプルコードも公開されているから、日本語版を作成し、独占できれば、これは事業にはなるんだろうね・・・。   (1)Youtubeデモhttps://www.youtube.com/watch?v=-O_hYhToKoA   (2)Youtubeデモを作った人の会社https://www.resemble.ai/   (3)これをさらに応用した別の会社のデモhttps://www.descript.com/ https://www.youtube.com/watch?v=-O_hYhToKoA&fbclid=IwAR3AoqsavNpHT6Av8FZDEE4q3gzVSitTzqBymNvWKX-cipMzpC6PKtI0HTc Source

黒い看板。…

  ここは丸の内の国際ビル。パソコンのCPUの会社、インテル社などが入っている。見たところ、飲食店の20%ぐらいが、黒い看板になっているようだ。もしかしたら、もともと、店舗が入ってなかったのかもしれない。 Source
  GoogleのAndroidのアプリ開発のアンケート広告が、入ってきた。クリックしてみると、知らないことがいくつかあった。その中で、Android開発を学習するためのアカデミー、アプリ道場、Google Play Conssoleなど、しばらくみないうちに、いろんなものができていた。   モバイル開発は、Macでするのが普通だと思うけれど、Appleは、サーバ側がGoogleよりも弱いせいか、IPHONEの方の開発アカデミーの広告は、あまり目にしないな・・。     (1)アカデミーhttps://playacademy.exceedlms.com/student/catalog (2)APP DOJOhttps://events.withgoogle.com/appdojojp/ (3)Google Play Consolehttps://play.google.com/intl/ja/console/about/ (4)Googleから入ってきた広告のアンケートhttps://android-developers-jp.googleblog.com/2020/12/android-developers-japan-blog-survey.html?gclid=CjwKCAiAt9z-BRBCEiwA_bWv-NdcgHstoxVTs4h5TT1xq6ROlppEe6N1suaZrZnp4PHCGsvN6PdaSRoCxtAQAvD_BwE Source

G11Nとは。…

  ソフトウエアの設計について、少し勉強していると、G11Nという言葉を目にした。これは、GlobalizatioNの略語らしい。GとNの間に、11個の文字があるので、このように表記するらしい。グローバリゼーション(G11N)とは、多言語に対応した国際化(I10N)と、ローカリゼーション(L7N)を含む意味らしい。    例えば、犬の病気診断ソフトウエアを作った場合、各国の言語に対応している場合は、I10Nという。犬の場合、50%は、ガンで亡くなるので、ソフトウエアがあれば、早期治療を行うことができ、寿命が延びるらしい。最近、世界の犬を助けるというソフトウエアを見つけた。よくできていると思った。 Source

月額料金。…

  「能力が高くなくても開発できるよ」的なクラウドサービスは、「Low-code platform」というジャンルに入るようで、その1つの会社の広告が入ってきた。Freeプランは「月額無料」だけれど、Basicプラン以上は「個別見積もり」となっていた。   さて、いくらだろうか?    調べてみると、Basicプランの利用料は月額約40万円~。Standardプランの利用料は月額約100万円~となっていた。経常利益が、1億ドルを超えるには、このぐらいの価格設定は必要なんだろうね・・。   この会社、アウトシステムズという会社だけれど、米国特許出願は14件ほど出ているようだ。面白い会社だと思ったので、ちょっとメモしておこう。 Source

白い看板…

  金曜日の夜の八重洲の中華レストラン。このお店のお客様は3人だったけれど、地下街の案内用の看板に白い箇所が増えた気がする。   お客様をちょっとだけ増やす方法は、いくつか思いつく。例えば、決済のバリエーションを増やして、表に出すと、少し増えると思う。吉野家が周辺に無いので、吉野家メニュー的なものを出すと呼び水的な人が入ると思う。他にも、方法は、あるだろうか。 Source
  箱庭のガラスの中で、蝶が飛んでいる。見ている分には、楽しそうだけれど、蝶的には、どうなのだろうか? 変なやつが、こちらを覗いていると感じているのだろうか。それとも、大空を飛んでみたいと思っているのだろうか。あるいは、ここは楽園だと感じているのだろうか・・・。   描画:High Definition Render Pipeline Source
日本では、特許情報フェアなどが開催されているけれど、インドでは、フォーブスとデータベース系のリーガル企業(LegitQuest)が、イベントを企画しているようだ。このリーガル企業は、2017年に創立した判例データベース企業なのだけれど、企業価値は、2019年には100億円を超えたようだ。大体、2年で100億円か・・・。   公式サイト:https://www.legalpowerlists.com/ Source
  台北市内の道路には、テレビカメラが設定されていて、その様子が東京からもみえる。台北の三越周辺では、今は雨が降っているようだ。ちなみに、このテレビカメラシステムは、台北市の管轄のものなので、これぞ行政という感じで、台北市外の様子は全く見えない・・。   このようなテレビカメラを善意に使えば、交通最適化、迷子探し、犯罪防止など、いろいろと使えそうだ。税金を使わない方法で、100台ぐらい設置したら、何か維持費用以上の価値を生むことができるものだろうか・・・。     (1)台北のライブカメラhttps://its.taipei.gov.tw/   (2)歌舞伎町など東京のライブカメラhttp://orange.zero.jp/zad23743.oak/livecam/tokyo.htm Source
  トンプソンハインのレポートを読んでみる。革新的な法律事務所は、53%の割合で採用されることがあるらしい・・というメモ。 https://www.thompsonhine.com/uploads/1135/doc/TH_InnovationGapPersists_2020.pdf Source
  気がついたら、Amazonさんが、洋服メーカーもやっていた。このペースだと、自動車ぐらい作るようになるのは、確実だろうけれど、何年後ぐらいだろう? そう思って、調べて見ると、1年後ぐらいには、電気自動車を、売り始めるみたいだ。 Source
  Google Playで受賞したアプリや本を一通り、見てみる。ちょっと気に入ったのが、「解決策とその他の問題」というエッセイ本で、NEW YORK TIMESベストセラーになっているようだ。   ベストセラーは、正規分布の偏差値が50点ぐらいの人が読んでも面白く、そうでない場合も、楽しめるように、書かれている(と思う)。   この電子書籍の冒頭には、ウエブサイトへのリンクがはってあって、著者のサイトへと誘導されるようにできている。内容というよりも、そんなマーケティング的なことが気になって、この本を買う人(=わたし)もいるに違いなく、なぜか本の情報を拡散してしまうのだ・・。。   解決策とその他の問題https://amzn.to/3g80jW5 ============================ その他の受賞アプリなど (1)約束の地(バラック・オバマ)https://amzn.to/2JCxNQL この本は、大統領のように、英語でスピーチをしたい人(Audible版)には、おすすめなのかな・・。   (2)ベストアプリ Loóna: Bedtime Calm & Relax by Loona Inc. (3)ベストイノベーティブゲーム ・Fancade by Martin Magni ・Minimal Dungeon...

大学の授業料…

  芸術や文化を学ぶ授業料が、半年間で約600万円。アメリカや欧州の著名校だと、だいたいそんなものではある。医学部は、世界的に高めだけれど、参入障壁が低く、安い地域もある。東京、広告が入ってきたので気になった。 Source
  黒いパーカーに、黒いマスク。このファッションを身につければ、誰もがAlan Walkerになれる。ヒーローを崇めたいわけではないけれど、誰もかヒーローになれるというスタンスが、欧州では流行っている(と思う)。米国の大統領が誰かなんて、実のところ、あまり価値はないのではないだろうか・・というメモ。 Alan Walker:https://www.youtube.com/c/Alanwalkermusic/videos Source

犬。…

  夢の中に、かわいい犬が出てきて、何かを言っていた。私には、「ここ掘れワンワン!」と言っているように聞こえた。絵にすると、空白なのだけれど。。 Source

Dashboard…

クラウド型のプラットフォームを作る場合、どのようなデザインが良いだろうか? ずっと考えているのだけれど、今までにない新しいタイプって、どんな機能があるとよいのだろうかと、悩む。。 Source
  EthereumとHyperLedgerのどちらで通貨システムを作るのが、よいだろうかと、調べていると、分散型の仮想通貨システム、Maker Foundationのホームページにたどり着いた。ここのブログを読むと、運営主体自体からも、すべて中央集権をなくすことを考えているみたいだ。   運営主体は、無くなったとしても、仮想通貨を通じたエコシステムと、ガバナンスを維持するための投票券は残るようだ。   Maker Foundationのページを見ると、イーサリアムのゲームサイト(AXIE)がリンクされていた。これは、いわゆるイーサリアム・キャット的なゲームにも見える。すぐに忘れてしまうから、メモ代わりに書いておこ。     (1) MakerDao https://makerdao.com/AXIE   (2) Infinity https://axieinfinity.com/ Source
  久しぶりに「すき家」に行ってみると、対面式の注文ではなく、タッチパネルが置いてあった。従業員が、タッチパネルに変わったという見方もある。   セルフサービスというと、家具のIKEAやニトリなどが思い浮かぶ。IKEAは、遊びゴコロを追求した商品もあるので、新しさがあるし、よく考えてるよなあと思う。IKEAは、セルフレジだったと思う。   革新の答えは、1つではないのだろうけれど、たぶん、今までにはないニーズは、出てきてるのかな。 Source
  もともと山田電気の看板があって、1階には大塚家具が入っていた。今は、看板は白くなり、大塚家具さんはセール中になっているようだ。 Source
  デザイン系のA社とA社のソフトウエアを安く使う方法は、ないだろうかと考えていると、放送大学の学生になって、学生版を使用する方法が思い浮かんできた。そこで、放送大学のホームページをみていると、放送大学には、博士課程もあることに気づいた。   放送大学の場合、博士課程後期の費用は135万円らしい。これは安いのかな? と思って、アメリカの大学の博士号を調べてみると、アメリカの場合は、授業料分を超える給料が貰えるらしい。そういえば、同級生がアメリカの大学で給料を貰ってたと言っていた。行くなら、若い時の方が、ずっと価値あるには違いない。   中国の場合は、どうだろうか? 深セン大学の博士課程は、一学期分の費用が20万円らしいから、3年間だと200万円ぐらいだろうか。もちろん、中国語が話せるのが前提ではある。   いろいろと悩んで、年齢的には、東京国際仏教塾なんかに行って、あの世の専門家になるのが、良いのではないかと思ったりした・・。 Source
   今日は、中東のヨルダンのMs. Eman Hyloozが創設した読書ソーシャルメディア 「abjjad」を覗いてみる。「abjjad」では、アラビア語の本の紹介記事があって、コメントが記入できるようになっていた。   同じサービスは、日本には、あるんだろうか?   「abjjad」どんな本が人気なのかなと、見てみる。トルコの作家「Elif Shafak」などは人気があるようだ。彼女の本は、日本では、「レイラの最後の10分38秒」という本が、翻訳されている。   少し、面白そうな本だと思う。   最近、これまでの商圏を超えた成長市場を、模索しているところは、増えているのではないだろうか? 中東からアフリカにかけては、TPAYという決済システムの会社が、最近、成長を始めているのだけれど、読書ソーシャルメディア 「abjjad」が、TPAYを採用している。   中東・アフリカで、ネットで読書をする人が増える→TPAYの商圏が広がる、という関係にあるようだ。   (1) abjjad https://www.abjjad.com/ (2) abjjadの創業者(カルティエ・女性・イニシアティブ)https://www.youtube.com/watch?v=-LphkU8OzgI   (3)TPAY(中東の決済システム会社)https://www.tpaymobile.com/ https://www.abjjad.com/?fbclid=IwAR3EyZSNx1KboDztMpfY4Z3CqbYYgLKSmQ_v-2YLX4W9IdaCwb1kgj-4VYQ Source
仮想現実に動き出した社会   最近、TDKさんが、ARメガネを発表した。このARメガネは、NTTの技術×TDKの技術×QDレーザ社(富士通スピンオフ)の技術を使って作られているそうだ。網膜投影方式なので、モニタはいらず、目の前に映像が広がる。モニタはいらないから、ここまま進化すると、スマホの形は、変わるかもしれないね。   少し前に書いたけれど、台湾のHTCが、仮想オフィスを発表している。グローバルで暮らす従業員が、仮想空間で、ミーティングをできる環境が、すでにある。   機械翻訳会社のロゼッタさんなどは、本社を仮想現実空間でのオフィスに移行した。   台湾のHTCさんよりは、反応が遅いけれど、それでも、日本の中では早い(と思う)リコーさんのグループが、仮想オフィス開発を始めたようだ。今日は、ゲーム開発(Unreal)のジャムで、リコーさんの仮想オフィス開発の発表がある・・。   それにしても、ARメガネ欲しい。   昔、少しお世話になったエプソンさんのMOVERIOでも、悪くないのだけれど、長時間使用するには、軽い方がいいんだよね・・。 【CEATEC 2020】 驚くほど小さなレーザーモジュールが、ARの常識を大きく変える | トピックス | TDK Source
  個人的に気になる半額本をセレクトしてみた。無料で、目次だけ読んで、買わない・・・という方法もある。通常、このパターンが多い。本を読まないで、書評を書いてみました・・。     (書評)  ①番:間違いではないと思う。 ②番:リアル店舗の減少は、コロナが理由ではないかも。 ③番:農業を兼業している労働環境の会社ってあるの? ④番:買う(と思う)。 ⑤番:この先、本の内容から少し変わってくると思う。 ⑥番:買おうかどうか迷う・・。    ①年収は住むところで決まる。 《浮かぶ都市》の高卒者は、《沈む都市》の大卒者より給料が高い。https://amzn.to/390Wgt9   ②2025年、人は買い物をしなくなる。 AI技術のさらなる進展やAmazonの動向も気になるが、一方でリアル店舗の数は減少を始めている。https://amzn.to/38ZrTU9   ③ビジネスパーソンの新・兼業農家論。 ビジネスパーソンこそ、「新・兼業農家」に向いている。「0.5ha(1500坪)で年商1000万」。https://amzn.to/2KluxZW  … もっと見る Source
  南半球にあるオーストラリアの寒い季節は、6月から8月だから、今は少し心地よい気温の季節だろうか。11月19日の新規感染者は7人だそうだ。①ブラジル の論文によると、温度が25.8°Cになると、ころなウイルスの感染率が極小化すると書かれている。②一方、中国の別の論文によると、中国都市では、温度も紫外線も、感染率とは無関係であったという報告もあった。夏に学校が夏休みだと感染率が下がるが、温度が原因ではないという。   たぶん、どちらの論文も正しいと思う。     論文①https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7182516/   論文②https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7144256/ Source
自動契約書チェッカー。   別に宣伝しているわけではないのだけれど、AIクラウド・契約書チェッカーがリリースされたようで、2億円ほど調達したようだ。世界的には、契約書チェッカーサービス自体は、たくさんある。自主開発という方法もあるのかな。 契約書レビューAIクラウド「り~が~るチェック」展開のリセが2億1570万円調達 | TechCrunch Japan Source

八重洲地下街。…

  店舗マップを見ると、白抜き表示になった店舗が9つほどあるようだ。ラーメン屋はそこそこ混んでいたけれど、寿司屋は空いていた。有楽町の吉野家は、かなり混んでいた。寿司屋さんには、行かないけれど、吉野家には行く人が多いのかな。   懐かしい銀座のお店はどうだろうと、調べて見ると、モンスーンカフェなどが集まったGZONEが閉店していた。あそこがオフィスだったら、ちょっといい感じだろうな。 Source
  近年、そこそこの数のクラウド系法律プラットフォームができている。CLIO法律プラットフォームは、その1つで、300億円ほどの資金を集めたことで知られている。「今年は、最高の年だ! 100億円を超えたし・・・」と宣伝しているグローバル事務所もあるのだけれど、そこもクラウド系で運営している。CLIOのレポートを読むと、テクノロジー使用率が高いほど、利益が大きくなるというデータを出しているようだ。もちろん、疑似相関の可能性はあるのだけれど。。 Source
製薬業界の根本的な転換期。   今日は、イエール大学の「LAW&TECHNOLOGY」ジャーナルを読んでみる。近年、大ヒット薬の特許が失効し、新薬の開発に関連するコストが増大し、実行可能な薬の候補が少なくなっているらしい。そこで、製薬会社の代替戦略として、「ドラッグリポジショニング」というやり方が注目されているという。見方、立ち位置、販売先などを変えると、成長が見込めるということだろうか?      Yale Journal of Law and Technology | Yale Law School Source
  寒くなってきたからか、世界各地で、コロナウイルスの感染者が増加している。台湾の国内感染者は、ここ数ヶ月はゼロ人だけれど、カンボジアも少ない。カンボジアでは、商業活動は大きく低下しているようなので、ロックダウン的な効果があるのかもしれない。カンボジアは、適度に暑いし、国土のわりには、人口が少ない。   オーストリアのケアンズ(クイーンズランド)あたりが、カンボジアと同じような条件かもしれない。北半球と、南半球では気温が反転するけれど、ケアンズでは感染者は、増えていないみたいだ。   https://news.google.com/covid19/map?hl=ja&mid=%2Fm%2F0g39h&gl=JP&ceid=JP%3Aja Source

O’Reilly KATACODA…

近年の基本的なIT技術、Docker, Kubernetes, Tensorflow, Jenkins, Helmなどが、インタラクティブに学べるサイトを見つけた。このサイトには、オライリーの有料教育サイトもリンクしているのだけれど、無料版だけでも結構いい。   試しに、TensorflowのCoreの部分を実行してみたけれど、問題なく動作するようだ。有料教育サイトは、月額49ドルで、少し高い。これはオンラインIDE(例:クラウド9)とオンライン講座を、別々の会社から借りたような合計の値段だ。もしかしたら、2つの会社が共同して運営しているのかもしれないな・・・、   学習サイト:https://www.katacoda.com/learn Source
食用ロボット。 欧州のイノベーションプログラムであるHorizo​​n2020の下で、58個の事業が選ばれ、1億9100万ユーロが投資されたらしい。以下のようなプロジェクトが、採用されたらしいのだけれど、面白い。食用ロボットって、食べられるのか????   ① 呼気中・水中のウイルス粒子を直接かつ瞬時に検出。 ② バッテリー不要の高速ワイヤレス・体内通信。 ③ 廃熱を電気に変換する根本的に新しい技術。 ④ 人間の主観的な時間を拡張または圧縮する技術。 ⑤ 人工知能とディープサブミクロンCMOSの融合による無線送受信。 ⑥ 自然と人間が都市内で共に進化する都市設計。 ⑦ 食用ロボット。   European Innovation Council invests €191 million in 58 game-changing technologies - Horizon 2020 - European Commission Source

発明の自動化…

  最近、人工知能に関する論文を読んでいて、使えないかもしれないが、要素の組み合わせを使って、自動的に発明を作る会社を発見した。フランスの会社なのだけれど、ネットの記事によると、1300万円ほど、売上がある。Cloemというのだけれど、知っていたら、きっとマニアだと思う。発明の誕生する過程を考えながら、現代の技術を使うと、もう少し役に立つ発明を考えてくれそうなシステムも、考えられる。頑張れば、作れる見込みがあるのでは、ないだろうか? Source
  最近、Nvidia社の募集報酬が、他よりも、頭1つ分ぐらい(?)高くなっている。写真は、ソフトウェア開発マネージャーの募集金額。①世界一の製品を、②独占的に、③大量に販売できるかどうかが、ポイントなのではないだろうかと思った。 Source
  このゲームを制作するEmber Lab(ゲーム会社)は、アメリカのカリフォルニア州オレンジ郡にある。みたところ、この地域では、緑の並木通りに家々が立ち並び、5%ぐらいの家の庭に、プールがあるみたいだ。制作には、苦労も多いみたいけれど、水のシーンが多く、ゲームの予告映像は素晴らしい。映像内に、水のシーンが多いのは、プールがあるからなのかもしれない。   (1)オレンジ郡はこちら:https://www.google.com/maps/@33.7897365,-117.8579399,74a,35y,39.5t/data=!3m1!1e3 Draw on the power from the Spirit Realm to restore a once-majestic world. Kena: Bridge of Spirits is coming to PS5 in 2021. Source
なんでも頭に詰め込みすぎたので、手がつけれそうな箇所を整理してみることにした。すると、選択肢の中からプログラミング言語のJavaとGoが消えた。RUSTにも興味があるのだけれど、少し重たい。技術を浅く掘るのは好きなのだけれど、深く追求するのはどこが良いだろうか。個人的な本命は、BARTの周辺だと思うのだけれど、あまり楽しくない・・・。実用性は、少し低くても、どうしても、楽しいと思う方に傾いてしまう。 Source
ヒトラー「我が闘争」(翻訳:私)を読んでみる。真実は、見る人によって違うわけだけれども、虐殺も行った敗戦国のリーダーだから、経験を頼りに、読み解いていくしかないかなと思う。この本は、読書感想文とか書いたら、売れるかも・・。 「私が病気になっので、母は、私が職業訓練中学校をやめて、アカデミーに行くことに同意しました。それは幸せな日々でした。ほとんど夢のように思えましたが、本当に、ただの夢になってしまいました。2年後、私の母も死に、私のすべての素敵な計画は、残酷に終わってしまったのです。ずいぶん昔から、母は回復の見込みのない辛い病を患っておりました。ご想像の通り、母の死は大変つらいものでした。父を尊敬していましたが、母は愛していました。貧しさと容赦のない現実が、決断を強要しました。一家の少ない財産は、母の長年の病でほとんど使いきっておりました。孤児としての私に与えれるものでは、最低限の生活もできません。 どうにかして、自分の食い口を稼がないといけませんでした。」 1)出典:グーテンベルグ(著作権切れ) http://gutenberg.net.au/ebooks02/0200601.txt 2)わが闘争(上) (角川文庫) https://amzn.to/3p2OCUF Source
  集団同調現象。歴史的には、集団心理の中で、同調して隣人を殺し始める事件は、何度もあると思う。プロモーションの研究を始めると、ヒトラーに辿り着いた。   Amazonで「帝国を築くまで」と検索すると、なんと255億円ゲームの「原神」が、ヒトラーと共にヒットした。私の興味を解析しているのかもしれないが、プロモーションを追いかけて、この2つが同時にヒットするのは意味深だと思う。   ちなみに、ヒトラーに関する一部の映画や書籍は、ユダヤ系の団体のキャンペーン活動により、Amazonでは販売を停止したらしく、ヒトラーが帝国を築いたドキュメンタリー映画は、見ることができないようです。 Source
  最近、夢の中に、死者が出てきて、俺たちも忘れないでくれよと、声が聞こえた。そういえば、生きている人のことだけを考えていては、視野狭窄かもしれない。きっと霊魂は、薄い炎のような形で、ゆらゆらと散歩をしているに違いない。いろんな悩みもあるだろうし、死んでいる方を募集して、講座を開くには、どうしたら、いいのだろうか。丹波さんの本でも買って、勉強しようかなと思った。 Source

広告の変化。…

  最近、マイサイトに入ってくる広告が、変化してきている。東京大学教授の教える動画サイトなど、ちょっと学術的な広告が入ってきたりする。   面白い広告が入ってくると喜んだりするものの、サイトの運営に500円しか使ってないので、ときどきサーバーがダウンしてしまう。時間があったら、静的ジェネレーターに変更したいな。。 Source
  販売について調べていると、「良い商品が、売れるというわけではない」というサイモン・シネック氏のTEDトークがヒットした。商品の製造・販売というのは、未来を変えることができる商品(iphone)を作り、未来を変えることができると信じてくれる人に、売れることが望ましいらしい。   政治や政策も、未来を変えることができる無形の商品と考えるといいのかもしれない。多くの人が、「それは私たちの未来を変える政策だよね」、と思う政策は、多くの人に支持されるのだろうけどね・・。   TEDトーク:https://www.ted.com/talks/simon_sinek_how_great_leaders_inspire_action?language=ja Source

流行の要因。…

  例えば、鬼滅の刃は、10月の映画公開の前に、広告を打っているはず。255億円を稼いだゲーム「原神」も、たぶん発売前に、広告を打っている。周囲で3人以上が呟けば、たぶん、気になるだろうから、そういう状態が作れるまで、広告を打つと、一定のレートで拡散するんじゃないだろうか。いわゆるティッピングポイントを超えると、大きく流行する。「鬼滅の刃」と「原神」は、拡散の傾きは、ほぼ同じ。コンテンツの魅力×広告プロデュース力で、拡散の傾きは決まるだろうから、両者とも、ベストプラクティスを追求した結果なんだろうね。   一方、コロナウイルスの場合は、前者よりも、拡散の曲線の傾きが急激みたいだ。危機コンテンツに対する反応力の方が、アニメの魅力よりも、大きい。流行の要因は、何だろうかと、考えたりする。 Source
  Stardew Valley. 長年、購入を迷ったゲームなのだけれど、20%引きだというので、1184円で買ってみた。オフィスで働いていたMOGに、1通の手紙が届く。現実の人間関係と自然が失われたと気づいたMOGは、田舎へと移動し、畑を耕し始めることになる。    かつて栄えたStardew Valleyは、今は寂れてしまったのだけれど、たくさんのチャンスが溢れている。ほんの少しの頑張りで、この町を元の元気な谷に戻せるかもしれない・・というゲームです。   このゲーム、ざっと100億円以上は売れているから、自然な場所で暮らしたいと思う人が、多いのだろうね。    :https://store.steampowered.com/app/413150/Stardew_Valley/?l=japanese Source
「能力の違い」について考えてみる。 例えば、Aさんは足が速いが、Bさんは手が早いという能力の違いがあったりする。ただ、すべての人間は、なんらかの入力情報に対して、手足を使って、処理を行っている。これは、大統領であっても、近所に住んでいる方であっても、かわらない。 商業的には、①ニーズが高く、②希少性が高く、③積算したり蓄積可能で、④使える期間が長い能力の方が、価値がある。人には、能力の違いがあるけれど、違いを決定するものは、何だろうか? 限界を超える領域では、才能の役割が大きいと思うけれど、通常の領域では、環境と教育の役割が大きい気がする。例えば、次世代には、プログラミング教育が有用だと先読みして、それを導入する力があれば、能力の価値を高めることができるかもしれない。 もっとも、全員が動いたら、競争が激化して、レッドオーシャンになる可能性はある。有益な能力とは、なんだろうかと、考えたりする もっと見る Source

原神(その3)…

  10月12日に記事を書いた原神ゲーム。本拠地は上海だけれど、今月は255億円だそうだ。理由は、なんだろうか?   映画のカンフーパンダも、上海を本拠地とする会社だけれど、この会社は、アメリカでプロデューサーを募集している。現場の仕事ができつつ、ハードな予算で、売れるもの作る的な募集内容になっていた。 Source
  ANIMATIONに関する個人的なメモ。カンフーパンダは、アメリカが制作の本拠地だと、思っていたんだけど、上海が本拠地のようだ。制作に必要なツールを調べて見ると、AutodeskのMaya、Motion builder、After Effects、PFTrackを使っているらしいが、見たところ、これだけの市販品では、カンフーパンダは作れない・・。たぶん、独自ツールを自主開発していて、それが独自性のある差別化商品を生んでいるだろうね。 Source
NvidiaのカンファレンスのKeynoteを再度聞いていると、「ソフトウエアを作るAIソフトウエア」の話が、いろいろと出ていた。AIに関する演算技術の進化速度は、5年間で30000倍になっており、この先、「自動化の自動化」が飛躍的に進んでいくと、解説されている。   Microsoftのクラウドサービスも、AIや機械学習の統合を始めていて、文章の校正や、チェック機能が向上している。Office365のWORDの場合、右端に見知らぬエディターボタンが登場している。ここに文章の... もっと見る Source

静かな場所。…

  静かな場所にやってきた。樹海とは言わないまでも、森の中は、読書をしたりするのに、丁度いい。誰もいなければ、静かに過ごせる。   インドネシアかオーストラリアあたりなら、お仕事をしたあとに、ランチはバーベキューも可能だろうし、グローバル拠点数が30箇所ほどあれば、各国語を学んで成長しながら、人生を送ることができるに違いない。   儲けをどこからもってくるかが問題ではあるけれど、静かな場所で、ちょっと蚊に噛まれながら、そう思った。 Source
  National taiwan normal universityが、中国語のアプリをリリースしていたので、買ってみました。無料のものが溢れる中、有料のアプリです。牛肉麺、臭豆腐など、教材のトピックが、地元産を感じさせ、そこに独自の有料価値を感じました。 Source

無限食事券?…

  GOTOイートキャンペーンでは、3000円の食事をすると、3000ポイントが貰える。3000ポイントで食事をすると、再び、3000ポイントが貰える。一日に、2回までらしい。要するに、これは無限食事券だと言えるのけれど、本当だろうか?   出典:くら寿司https://www.kurasushi.co.jp/topic/000971.html Source
  1人で作り上げたアニメ映画「Away」が、アヌシー国際映画祭で8冠を達成したと話題になっているので、少し調べてみた。   この映画は、AUTODESK社のMAYAと、ADOBE社のビデオ編集ソフトを使って、作られているらしい。制作期間は1人で3年間だから、3人チームの映画なら1年間で作れるという計算になる。30人なら1か月というところか。   「Away」は、米国のAmazonだと、300円でレンタルできる。購入して見ようと思ったのだれけど、久しぶりにアクセスしたせいか、米国内に請求書の送付先が必要という表示がでてきて、購入できなかった。  ... もっと見る Source
  IMDのスマートシティの評価得点を眺めていて、少し悩んだこと。例えば、珠海市(深センの隣)では、住民がアイデアを出すと、市政が変わり、生活が改善していくらしい。一方、東京都では、住民が、意思決定に参加できる機会が少ないという評価になっている。   日本は民主主義で、中国は共産主義なのだろうか?     珠海市:http://wgltj.zhuhai.gov.cn/ Source

DataScienceGO Virtual…

  急速に変化するデータ・ランドスケープ。DataScienceGOは、データサイエンスとAIの今日の最も優秀なイノベーターとキャリアの専門家を集めた2日間のワークショップ、ビジネスユースケース、ネットワーキングイベント、ユニークなオンライン会議・・らしい。   ① 最新のテクノロジースキルを学ぶ。 ② 業界のリーダーのワークショップとケーススタディ。 ③ 世界4000人以上の参加者とのネットワーキング。   有料チケットと、無料チケットがあるようですが、とりあえず、無料チケットで登録しました。  ... もっと見る Source
  最近、Baldur's Gate 3をリリースしたゲーム会社Larian Studios。その映像のクオリティは、世界的に群を抜いていて、素晴らしいと思う。これほどのゲームが制作できる会社は、どんな場所にあるのだろうか?   Google Street で調べてみると、Larian Studiosは、緑の中の3階建てのレトロなビルに入っていた。隣には、総資産100兆円を超えるBNPパリパ銀行があるけれども、ここもレトロな感じの低層ビルに入っている。そういえば、エストニア大統領が来たときに会った欧州の投資会社や、米国の投... もっと見る Source
スマートシティ指標(Smart City Index)   東京は、79位らしい。ドバイ43位。アブダビ42位。ハノイ84位。ヘルシンキ2位。1位はシンガポールらしい。レポートをみていると、おもしろい。  https://www.imd.org/smart-city-observatory/smart-city-index/ Source

平安の絵。…

  強いエネルギーを放つ太陽の中心にある平安。静かなのだけれど、冷たい静けさではなく、暖かい世界。Realstic Paint スタジオという、油絵が充実したソフトウエアで、絵画を描いてみる。絵の才能が少ないので、下絵程度のイメージしか描けないのだけれど、平安が得られるような気持ちで描いてみた。   Realstic Paint:https://realisticpaint.com/ Source
ゲーム用のキャラクターづくりの学習(Character Creator3)   以前、小池都知事のようなキャラクターを写真から自動生成してみた。パブリシティ権についてはおいておいて、ゲームにしたら、誰かプレイするだろうかと考えたりする。    普通の映画の基本要素というと、愛と、戦いと、葛藤などだと思うけれど、ゲームでは、なぜだか、戦いの部分が多い気がする。逆にいうと、市原悦子さん的な映画(家政婦は見た)の要素のあるゲームは、少ないのは、なぜだろうか・・と、どうでもよさそうなことに、悩みながら、Character Creatorをいじって遊ぶ。     Character Creator3:... もっと見る Source

UTMD シンポジウム

日本社会の「市場」「制度」の改善   需要と供給の出会うマーケットの最適化を、工学的に設計しようシンポジウムが、開催されるという案内が回ってきた。主催は、東京大学・マーケットデザインセンター・キックオフシンポジウムで、ZOOMでやるらしい。   効率化と自動化の先には、どこか市場のサークルから、外れてしまう場合が出てくるはずなのだけれど、シンポジウムの内容は、どうなのだろう?   シンポジウムのサイトをみて、少し面白いことを見つけた。それは、このサイトが、Googleサイトで作られていることである。東京大学は、確か、自社サーバーをやめて、Googleのシステムに移行したはずだけれど、ウエブサイトもGoogleを使っているのが、面白い。 UTMD シンポジウム Source
  微睡の中の安らかさを描こうと思って、タブレット上に鳥を描いてみる。原案ぐらいのデザインにはなったけれど、もう少し練習が必要みたいだ・・・。この鳥は、何を考えているのだろうか? 描いた後で、自分のココロの中を覗いてみる。何も考えていないかもしれない・・。 Source

動画を見る

原神ゲームのプレイ動画(解説とかありません。録画しただけ)   英語、中国語、日本語を切り替えてみました。この中華系ゲームのグラフィック品質と並ぶ無料の日本系ゲームはというと、たぶんないです。ゲーム自体は、クエストを達成するタイプのゲームなので、記憶によると、SONYのEverQuestを思い出します。   無料ゲームなのに、アイテムなどに課金する人がいるだろうと予測して開発できるのが、凄いと思います。億単位は超えるとは思うのですが、どのくらいの収益がでるのか、気になります。   録画ソフト:私は、GOM Camというのを使っています。 Source
アルゴリズムのセミナーを見ながら、思ったこと。 Algorithms: Design and Analysis:https://www.edx.org/course/algorithms-design-and-analysis Source
  今日の疑問。電気が無くても、ニューラルネットワークを作ることはできるだろうか? Source
  最初の街が見えてきた・・。湖の向こうまで行けば、きっと商人とかいるに違いない。   リリース前から、少しばかり気になっていたのだけれど、このゲームは、グラフィックに関しては、かなり美しい。   ふと、思う。日本のアニメ系のゲームは、中国よりも進んでいるのだろうか? もっとも、日本の会社とか、中国の会社という区別をすること自体が、ナンセンスという話もある。このゲームを制作しているmiHoYoは、上海に本社があり、この夏、東京にもオフィスを借りたらしい。    公式サイトを訪れると、ゲームのシナリオの前提となる無料マンガのリンクがある。中国語版のマンガは英語圏の本と同じように左開きで、日本語版は、日本のマンガにあわせて右開きになっている。   (1)日本の公式サイト https://genshin.mihoyo.com/ja   (2)中国の公式サイト https://ys.mihoyo.com/main/ Source
GIGAスクール構想の実現パッケージ   個人的なメモ。AIに取り組むことで、株価が急上昇した会社を覗いてみる。従業員数は二百人台なのだけれど、時価総額は2000億円ぐらいになっている。先見性があるのだろうから、注目してブログを読んでみると、GIGAスクール構想について、書いてあった。   GIGAスクール構想の実現について:文部科学省※自治体ピッチの情報は「4 GIGAスクール構想の実現パッケージ」へ移動しました。(令和2年3月23日更新) Source

動画を見る

Neural Network Training DEMO. Twitter(Only English)を読み込んで、その仮想人格に夢を話してほしい場合のやり方。誰でもできます。   https://colab.research.google.com/github/borisdayma/huggingtweets/blob/master/huggingtweets-demo.ipynb Source
発明の未来は? 米国特許庁に聞いてみた。 彼は「FLUX」だと答えた。意味深な答えだ・・・。 クラウド上のAIソフトウェアに、米国特許庁のTwitterアドレスを入力すると、ソフトウェアが大量の情報を集めて解析し、米国特許庁(USPTO)君を作り出した。彼は、質問するだけで、答えてくれるようになる。 冒頭の質問をすると、USPTO君は、FLUXに続けて、「世界中の発明者とイノベータに特許を許可したい。そして、行われている仕事の中でイノベーションを奨励して、新しい特許番号を生成したい。詳細はUSPTOのSXSWを見てくれ」と答えた。 すげーーーー!! 今日は、HugingFace(AI企業)の説明をきいて、実践してみた。ついでに、大樹七海さんのTwitterも解析して、いろんなことに、答えてもらおうと思ったのだけれど、日本語の解析には対応していないみたいだ。死ぬまでに、呟き続けたら、同一の人格をつくれるかも・・・。 Source
  1年前、マイ・ブログで紹介した法律サービス会社の親会社が、事業戦略と収益性で表彰されていた。親会社としての法律事務所は、リーガル・テクノロジーの部分を、別企業にして、外部に開放する戦略をとった。リーガル・テクノロジーを使った法律サービス会社の年商は55億円に急成長し、5年以内の倍増計画(要するに100億円~)を出している。   CEOではなく、開発責任者のブログを読んでみると、以下のように書いてあった。   ① 変化は明らかであり、それは専門サービスと法務市場全体ですでに起こっている。 ② 現在の全体像を把握して、明確なビジョンをもつことが重要である。 ③ 実践的な計画に落とし込む。 ④ 適切な種類の支援を組み合わせる。 ⑤ そして、可能な限り「無傷」で、望む結果を達成する。    痛みを伴わないように、倍増計画を考えているところが、人間世界での深みを感じるし、人財の層が厚いみたいだ。勉強になったので、メモしとくことにした。 Source
  日本時間の0時というと、アメリカでは15時。今日のオンラインセミナーが始まる。ガートナーのレポートによると、企業法務の約1/3の仕事は、2023年までに自動化し、その比率は増加を続けると言われている。   個人的には、新人研修に、クラウドコンピュータ上でのAI研修を取り入れるぐらいが、ちょうど良いと思うのだけれど、どうだろうか? 人によっては、「遅すぎる」というだろうし、人によっては、「頭が可笑しい」というに違いない。   オンラインセミナーは、中級程度の内容だったと思うけれど、個人的に、役立つと思った入口のリンクを貼っておきます。興味の無い方には、ただのスパムみたいなものですけど・・・。     (1) https://ngc.nvidia.com/catalog/resources/nvidia:bert_gcaip (2)TensorRT https://developer.nvidia.com/tensorrt   (3)AI platform samples https://github.com/GoogleCloudPlatform/ai-platform-samples (4)Keras on Google Cloud AI Platform https://cloud.google.com/ai-platform/…/getting-started-keras   (5)Google Cloud Platform の無料枠 https://cloud.google.com/free/ Source
    10月9日の朝5時から、「GPT-3」のオンライン・セミナーに参加することにしました。WIREDの記事によると、「GPT-3」は、こんなもの。本当だとしたら、鳥肌が立つかも・・・。   (その1) ①「やるべきタスクをリストにし、完了したら消す」と入力する。 ② 数秒後には、その通りに機能するソフトウエアを作ってしまう。   GPT-3は、博士号の専門家10000人に匹敵するという。セミナーの説明によると、1750億のパラメータを持つというけれど、それが、どういうのことなのかは、よくわからない。   (その2) ① ヘルスケア関連の投資を検討する文章を入力する。 ② 規制の障壁について指摘したうえで、「自分としてはこのリスクについて不安はない。システムにとってはプラス面が極めて大きく、大幅なコスト削減も図れます」と、コメントを返す。 (セミナー概要) Humans can generally perform a new language task from just a few examples or simple instructions - something that NLP systems still largely struggle...
IoTの基礎を修了すると、スタンフォード大学から、こんなのが送られてきます。電気系の流行の技術と英語の勉強用に受講してみたのですが、成績は「S」でした。社会人も長いので、当たり前ですかね・・。   ちなみに、例えば、航空宇宙工学の修士号を取得する場合、開始日から5年以内に45単位を取得する必要があります。1単位は1352ドルですので、修士号は、642万円という計算になります。この金額は、まじめにやれば、ボストンやカリフォルニアに行かなくても、修士号は貰えるということなんでしょうかね・・。   次は、医学関係のデータ解析をやってみようかと、思います。   (1)AI in Healthcare Capstone at STANFORD SCHOOL OF MEDICINE   https://online.stanford.edu/…/som-xche0012-ai-healthcare-ca… Source
  台北、ネバダ、カリフォルニア、ワシントン、世界同時の仮想現実(VR)ミーティングが始まる。プレゼン用のパワーポイントが用意され、映像や、3Dモデルが、仮想空間内の超大画面モニター上に映し出される。   昔だったら、空想の話だけれども、今年になって、台湾のHTCが、VR会議用のプラットフォームをリリースしているようで、現実に、行うことができる。「グローバルで先進的な組織文化」という言葉が、思い浮かんだ。    日本でも、VR会議をしている会社だって、きっと、あるに違いないと思って調べたら、「AI自動翻訳ツール」のロゼッタ(社員数261名、年商40億円)が、10月1日から、本社機能をVR空間へ移転するというニュースがでていた。    (1)VR プラットフォーム https://www.viveport.com/5c1eeac7-bbf7-4411-8ca3-f3862bfed3…   (2)ロゼッタ VR本社 https://www.rozetta.jp/company/vroffice.html Source
スタンフォード大学のIoTオンラインコースを受講した感想。   まず、歴史的な偉人と同じ目線に立ってみる。例えば、Marconiになって、無線通信を発明してみる。巨人たちの目線を切り替えながら、未来を見てみると、次の技術が見えてくる。   ここで、解決手段の原理モデルを、必ず数式化する。そこそこ深い原理に遡って、数式化を行う。そして、必要な条件は何か、新しい課題は何かを、導き出す。解決手段の要素としては、必ず、代替手段も列挙して考える。   もちろん、現代の具体的な技術も、製品レベルで紹介されるが、全体としては、歴史と原理を大切にした授業スタイルだった気がした。 Source
  後ろから前から的な記事の感想を書くのは、苦手なので、ビジネスコラムで、気になった記事の感想。今週は、三浦貴明さんが、コラムを書かれていた。人件費が6倍違うインドに対して、イギリスの事業者は、どのように対抗したのか?   答えは、機械を作ったらしい。言うなれば、設備投資。2008年のリーマンショック以来、日本全体としては、設備投資があまり伸びていない。もちろん、需要が無いところに、投資してもダメだから、新たな需要の開拓が進んでないのかもしれない。   ① 新たに増加する需要は、どこにあるのか? ② 投資は有効に蓄積されているか? ③ 生活は豊かになったか?   週刊実話を読んで、そんな言葉が、浮かんできた。週刊実話のムフフな記事は、後からゆっくり読もうと思った。 Source
類出国2.0(なんちゃって出国)。   どこにもいかないけれど、空を遊覧する飛行機ツアー。 ① 空で月見。 ② 空でクリスマス。   エコノミストを読んでいたら、遊覧飛行機のツアーが、人気だと書いてあった。飛行機で、温かい食事をしながら、月見をしたり、クリスマスを過ごすツアーらしい。船の場合、国外にでると、カジノを運営するところもあるから、飛行機でもやったりしないかな。その他、飛行機会社に利益をもたらす方法としては、期間を分割して、国内扱いの契約を結ぶリゾート地域をつくると、飛行機ツアーも組めるのだろうけどね・・。 搭長榮航空遨遊天際過好節長榮類出國2.0,體驗升級大躍進!不只整片天空陪你歡度佳節,免稅品7折起、星級美饌、專屬驚喜包等通通送給你! Source
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ