9.5 C
Tokyo
Thursday, December 1, 2022
Home BUSINESS

BUSINESS

On each category you can set a Category template style, a Top post style (grids) and a module type for article listing. Also each top post style (grids) have 5 different look style. You can mix them to create a beautiful and unique category page.

  12月4日(日)は、日本ビジネススクール・ケース・コンペ(JBCC)の本戦日。観客として楽しむために、解説記事を読んでみる。日経クロステックの方が、文章の書き方について、解説をされていた。簡単にまとめてみると、以下の通りだった。 脳内メモリ消費量が少なくて済む文章は・・ ① 1文が35字ぐらい。 ② 重文、複文が少ない。 ③ 修飾語が少ない。 ④ 主語と述語があまり離れていない。 ⑤ 省略された主語が説明なく分かる。 ⑥ 1段落が118字ぐらい。 ⑦ ポジティブ内容と、ネガティブ内容の記載箇所が混在せず集約している。 ⑧ 時間軸が、過去→現在→未来の順になっている。   出典のYoutube動画: https://www.youtube.com/watch?v=jomIX9iAVR4&t=3837s 現在の再生回数は206回。かなりマイナーな話題かもしれない。https://www.youtube.com/watch?v=jomIX9iAVR4&t=3837s&fbclid=IwAR1aksgZMAV02LxGlsu79dfb2tJbJCJba-txMBARLGOLnHcNFsG35nOrEq4 Source
  今日の発見。人が、集まって組織になる。   コーヒーで有名な「ネスレ社」。ネスレ社は、Amazonのような大きな成長はしないけれど、安定して、成長をする会社として、知られている。   「コンラッド・N・ヒルトン財団」は、慈善団体。ネスレ社とは、全く、無関係に見える。   ただ、人のマネジメントに関しては、共通点があった。   それは、多くの人は興味のないことだろうし、答えはクイズのようにして、秘密にしておこうと思った。もっとも、米国の「HR専門認定資格」(PHR)というキーワードを使うと、たぶん、答えにたどり着く・・という個人的なメモ。 Source
  今日は、経済学の教科書を少し開いてみる。教科書によると、独占市場では、自由競争市場よりも、価格が高くなると書かれている。この価格の位置のことを、「クールノーの点」というらしい。   このグラフは、「①需要のある商品を、②独占販売できる」ならば、通常よりも、高い価格で販売できる、ということを示している。これらをプロセスに分解すると、A:市場調査、B:商品開発、C:独占性の確保、D:販売のクリアランス確認という4つの工程がいるということになる。   一方、経済学の教科書の場合、現場の事件は、あまり載っていない。例えば、販売しようとしたら問題があったとか、パテントロールが現れたとか、そこまでは、グラフからは読み取れない。   それでも、ちょっと教科書を読んでみようかなと思ったのは、いくつかの企業が、ビジネスの数学モデルの論文を出しているのを見つけたから。自分で数学モデルを作れる程度になれば、経済学は使えるということなのだろうね。 Source
  わずか厚さ1cmの本。自然言語処理「GPT−3」。本屋で買うと、1萬3千円。   本を開かないで、30ページぐらいの感想文を書くとしたら、どんなタイトルにしようかと、雑念がよぎった。 Source
  (1)8つの欲求の対象 人が、生きていく方法について考えてみます。人には「8つの欲求の対象」があります。これらの8つを所有できる場合、それは幸せな人に限定されるかもしれませんが、人生は、そんなには難しくはないかもしれません。その中に、「稼ぐ力」というのがあります。この「稼ぐ力」があれば、残りの欲求の対象を、維持することができます。   (2)稼ぐ力 「稼ぐ力」は、①知識、②肉体、③所有物からなります。例えば、小作農であれば、①野菜の作り方の知識、②種をまく労働力、③畑を借りる資本が必要ですし、農家であれば田畑が必要です。Aさんの作った野菜は、Bさんの欲求の対象(食)を満たし、BさんからAさんに、お金が流れます。   これが「十分であれば」、残りのものが維持できますが、多くの場合、現代の日本の社会構造では、無理なことも多いと思います。 (3)スキル 例えば、①すごく英語ができたとします。②体も丈夫だとします。ただ、ベーシックインカムのような制度を含めて、日本の社会を作り替えないと、このスキルだけでは無理な気がします。   あえて「使えるスキル」というと、英語よりも、プログラミング言語の方が、使える気がします。 Source

木漏れ日…

  木々の間から、暖かい日差しが、差し込んでくる。森の中のソファーに座ると、心地よい眠気がおそってきた。人には、休息が必要で、できれば100年ほど、眠っていたいと思うことも、あるのでは、ないだろうか? Source
  2022年、アメリカのトップ10中、6冊の著者は「Colleen Hoover」だった。第3位の「Verity」を読んでみると、確かに、続きが気になる内容だった。   「I hear the crack of his skull before the spattering of blood reaches me.I gasp and take a quick step back onto the sidewalk. One of my heels doesn‘t clear the curb, so I grip the pole of...
  自分の中の深層心理を読むこと、得意でしょうか? 今日は、自分の心の中を知るための面白い方法を考えてみました。半分は、占いみたいなものですけれど、自作の心理解析方法です。   まず、以下のような空欄の文を書きます。 「多くの人は、(①)で(②)を判断する。」   「①、②」の中に、最初に浮かんでくる言葉が、自分が気にしていることだと思います。 Source

屋上栽培。…

  ビルの上に、畑みたいなものがあるけれど、何を栽培しているんだろう? Source
  神風の国「日本」が、アフリカの国々に、負けるわけない・・。   そうでしょうかねえ・・?   最近、プログラミング言語の「Rust」を少しばかり、触って遊んでいます。「Rust」は、C言語、C++言語の後継の言語ですが、プログラマーであっても、知らない方もいます。   ネットの記事を見ると、「ブラジル」での「Rust」プログラマーの平均報酬は「20万ドル」でした。よく見ると、米国の報酬は、ブラジルの下に位置しています。   「ウガンダ」は、さらに低い方ですが、平均報酬は「5万ドル」(735万円)でした。この金額は、日本よりも高額だと思うのですが、実のところ、これは報酬の問題ではなく、技術的な先進性で、日本は、ウガンダに、負け始めているのかもしれないと、思ったのでした・・。   情報元: https://web3.career/web3-salaries/rust-developer Source
  30年前は、新宿の紀伊國屋書店と並んで、東京では、有名だった本屋、八重洲ブックセンター。久々に訪れてみたので、感想を書きます。   (1)レジ撤廃 レジは1階のみにあるという合理化がされていた。   (2)集客性 医学書と語学書のある7階の客数は、1人(私のみ)だった。もちろん、レジがないので、従業員は0人だった。   (3)競合 一方、丸の内側の「丸善」に行くと、多くのお客様がいた。要するに、お客数は、東京駅に隣接してできた「丸善」にも流れているのだ。   (4)原因 丸善は、八重洲ブックセンターと比較して、①売り場面積が3倍、②距離が4分の1ぐらいだと思うので、12倍の集客性があっても、おかしくない。Amazonやコロナの影響もあるだろうけれど、老舗の八重洲ブックセンターも、変化が必要な環境にあるのだと思う。   (5)小さな啓示 八重洲ブックセンターでは、「モチベーションアップ」の施策に関する本が、大きく紹介されていた。人の意識は、どこかで伝播し、啓示のような形で、具現化することがある。並んでいる本の順番、高さ、配置、そこから、作業を行っている人影も見えてくる。   (6)打ち手 「八重洲ブックセンター」は、どんな打ち手をするのだろうか?   本屋を訪れて、そう感じた。 Source
アプリを2つほど紹介します。    (1)お絵描き(Excalidraw) ビジネスモデルや、アプリ設計を描いたりするのに、少し使えます。機能的には、Draw.ioには及びませんが、手書き風のデザインが欲しい場合には、使えると思いました。基本、無料です。   公式サイト:https://excalidraw.com/   (2)テキストエディタ(Lexical) オープンソースのエディタです。Websiteに組み込む場合には、使えるような気がしました。 公式サイト: https://playground.lexical.dev/ Source
  先日、つくったAI画像を、3Dモデルに変換してみました。ツールは、Reallusion社のCharacter Creatorのheadshotプラグインです。物語の主人公に使えるかどうか、少し考え中です。 Source

動詞の制限。…

  個人的に、一番、好きな映画「リメンバーミー(Coco)」のテキスト解析をしてみた。   (1)主体性の強い用語 一番、多く使われている名詞は「家族」で、動詞は「be」(なる)と「do」(する)だった。ベストセラーコード(ジュディアーチャー著)によると、主体性の強い動詞(Want, Need)が、ベストセラーには、多いと書かれているが、この映画の場合も、その傾向はあった。   (2)簡単な動詞 もう一つは、動詞の数が、平易なものしかなく、500種類に満たないということだった。難しい言葉は、簡単な言葉に置き換えることが大切なようだ。 Source
  英語圏のベストセラーには、どのような本があるだろうか? 興味をもった本は「GONE GIRL」。日本の漫画には、「ダメおやじ」、「オバタリアン」などのコワい漫画があるけれど、英語圏のベストセラーでは、生死の危険を感じる程度の緊張感がある。   私は、穏やかな世界が好きなのだけれど、人気があるのは、そうではない世界らしい。もう少し、読んでみようか・・。   本の冒頭には、トニー・クシュナーの演劇のセリフが書かれいた。   「愛は、無常であり、嘘、憎しみ、殺人さえもが織り込まれている。 それは、正反対のものの必然的な開花であり、かすかに血の匂いがする大きなバラである。   トニー・クシュナー「イリュージョン」 Source
  今日は、本と、それを取り巻く環境のパラメータの分解作業をしてみる。例えば、本は、大きく4つのパラメータからできているようだ。   Amazonの本は、①表紙のデザイン、②説明文、③星の数、④中身のコンテンツからなる。英語の本を書いてみるってことは、コンテンツの得点を高くするって、ことなんだろうね。。。 Source
  物語を書いてみる参考として、ゴシップ記事は、どうして流行るのだろうかと、調べたり、考えたりしてみると、そこには、勝ち/負けの構造があるように思えた。   この分類表を眺めていると、映画の「翔んで埼玉」が思い浮かんだ。この映画の原作者は、魔夜 峰央氏(1953年生まれ)のようで、「パタリロ」を描かれた方だった。今更ながら、「パタリロ」を読んでみたくなった・・。 Source
  「英語で本を書いてみようシリーズ」。努力の2日目。   シリアスな物語を書いてみようと思って、適当にキャラクターを配置してみたのだけれど、どう考えても、シリアスな物語が、浮かんでこない・・。 Source

Writing Software….

「英語の本を書くシリーズ」の続き。今日は、面白いツールを発見したので、興味のある方向けに紹介することにしました(あんまりいないと思いますけど・・)。   「Campfirewriting」というソフトウエアで、小説ばかりでなく、ファンタジーや、ホラーゲームのストーリーを、書いたりすることもできます。高度な機能を使わない場合は、無料で、キャラクター、世界、背景などの設定が、簡単に書き込めるようになっています。   例えば、「Shining Star」で生まれた「AMSTAR」が、地球にやってきて、その生涯を閉じるまでの小説を書く場合、設定画面は、画像のようになります。キャラクターの設定項目では、Cause of Death、Place of Death、DeathDayというのも設定します。   公式リンク:https://www.campfirewriting.com/ Source
  普通のビジネス書を読んでいる人に:   「エレベーターの待ち時間が長くて、お客様がイライラしている。どうしたらよいか?」   という問題を出すと、   ①エンジニアならエレベータの高速化と答え、 ②接客業ならエレベーターの傍に花を飾ることを提案する、   と、答えるだろう。   要するに、回答は、その人の属性・視点に依存する。   天才の属性・視点は、どのようなものかは、わからないのだけれど、少数者の回答を見つけて、まだまだ、未熟だと思った。   (質問) 「革新的な発明が生まれるには、どうしたらいいでしょうか?」   (少数者の回答) 発明の能力を上げるには、東方位における気場を上昇させるがよし。八卦では「震卦」、五行では「木」が該当する。「震卦」が意味するのは雷であり、創造発明的能力を上げる。東方位に「木」と水を置き、気場を強化する。木の色は、シアン、緑、 黒、濃い青がよし。森、海、湖などの自然の絵や写真を掛け、大きな窓を開けると、さらに強い効果が得られる。(出典:風水經典、衍易叢書) Source
  1ドルが、100円から150円になったら、正直なところ、3~5割ぐらいは「値上げ」をしないと、困るという場合も多い。逆に、コストが増えたので、3~5割ぐらい「値下げ」をして欲しいという場合もある。米国には、価格を決める仕事として、CPOという役職もあるようなのだけれど、そんな人は、どのように考えるのだろうか・・・。 Source
  FRBの議長は、今のところ、金利を上げるつもりだと思うので、彼は死なないが、死人はでる。   正常な方だと仮定して、そこまでして、やる理由は、なんだろうかと考えてみる。例えば・・・。  ①「ハイパーインフレ」のようなものを、抑制したい。  ② 誰かに脅迫されている。 ・・・などだろうか。そういえば、米国民に対しては、金利の高い国債購入を勧めていたと思う。いずれにしても、「米国経済を優先する判断をしている」と思うので、例えば、中国に対する政策も、ぐるぐると回って、日本の国民生活には悪影響ということも多い気がする。   日本の場合、米国依存が強いと思うけれど、米国の人口は、世界の4%しかいない。日本を会社のように考えると、これはかなり損な運営だと思う。   本当は、米国依存の比率を減らして、自国で制御できない米国金利に支配されないようにし、ロシア、中国、インド以西の中東とも取引できた方が、国民生活にとっては、プラスだと思う。 Source
Pitchfork time. 円安の原因は、米国の金利にもあるけれど、米国FRBは、1日に5億ドルを銀行に払っており、EOPが急落して、大きな問題になるかもしれない・・という記事がでていた。有料記事なので、読めないのだけれど、どういうことだろうか?   The Fed Is Now Paying $500 Million To A Handful Of Banks Every Day, And Suddenly Has A Very Big Problem Source
  AI画像の投稿サイト(https://lexica.art)に、設定パラメータが公開されていたので、マネをして、画像生成をしてみました。設定パラメータには、3人の画家(Artgerm、Greg Rutkowski、Alphonse Mucha)の名前を入力しました。そのうちの1人が、アルフォンス・ミュシャなので、それっぽい雰囲気の画像になっているところが、面白いです。 Source
  日本のGDPが、4兆ドルを下回ったという話なので、1億2千万人で、割ってみると、33000ドルだった。そうすると、日本の世界ランキングは、35位ぐらいということになる。バハマ諸島の1つ上になる。   「日本は、一人当たりに換算すると、35位だろう」と語るニュースは少ない気がして、それが日本の弱さのような気がした。    4兆ドルの出典:2022年9月19日の日経新聞https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB13ART0T10C22A9000000/ Source

中央構造線。…

  「強振モニタ」の地中の振動モードを見ていると、今日は、大阪府の「岸和田」の地中が、少し揺れている。   正確にいうと、大分県庄内、大阪府岸和田、愛知県美浜、茨城県高萩の上で、ときどき、地中振動を示す丸印がでているようだ。これらの場所の地下は、中央構造線上にあるよう気がした。   防災グッズというと、携帯電話の充電器と、ペットボトルぐらいだろうか。 Source
ボーカルAI: 渢漪(Feng Ye)   最近、発売された中国語のボーカルAI(SynthesizerV:渢漪)が、青春時代の物語(故事的最結尾)を歌っていた。かなり美しい音楽だと思う。   北京方面の中国語は、少し舌を巻くような発音で、変な中国語だと聞くこともあるけれど、AIの歌に、心が癒されることもある。   リンク: https://www.youtube.com/watch?v=AyjA3K3pHtc&fbclid=IwAR11CA54n3t-Pd_xtsqsUiEj0INGRmYHWKfpfoBIbZITAibi9SGrSVjIWgM Source

元宇宙戦或逃。…

  台湾のビジネス雑誌「遠見」は、日本語でいうと「時代の先読み」だろうか。今月号のタイトルは、「メタバース・戦うか、逃げるか」(NFT)だった。 遠見によると、35歳以下の台湾の世代では: ①約46%がNFTを閲覧している。 ②約70%がメタバースの到来を期待している。 ・・そうだ。   もしも、台湾で、35歳以下の人が、代表をしていたら、メタバースには、無関心ではいられないだろうと思った。   出典:遠見10月号:https://www.gvm.com.tw/magazine/published/1111 Source
  今日の読書。「成功の秘密は、縮小を避けるのではなく、どんな問題でも、なんとかできるように、あなた自身が、大きくなること。」T.Harv Eker, Secrets of the Millionaire Mind.   経済が問題なのではなくて、あなた自身が、未熟で小さな人間だということが、問題なのだそうだ。そうだったのか。。 Source
  「がんに負けない筋トレ」という本の著者のYoutube「がん情報チャンネル」を見ていて、「筋肉が少ない患者は、余命が短い」という解説をされていた。本は、読んでいないのだけれど、「筋肉を増やす筋トレ」は、効果があるのだろうか・・と気になったので、自分で考えてみることにした。 リンク先の論文によれば、筋肉減少のメカニズムは、以下の通りだった。   ①がん細胞は、アクチビンAという信号伝達因子を生成して、別のがん細胞に送る。 ②これを受けとったがん細胞は、インターロイキン6(IL6)を放出し始める。 ③インターロイキン6を、筋肉細胞が受け取ると、その中にいるリソソーム(自己摂食器官)が、細胞を食べ始めて、筋肉細胞が分解され、筋肉が減る。   この論文だけから読み取れることは、Youtubeで解説されていた「筋肉が少ない患者は、余命が短い」というのではなく、「がん細胞が多いと、筋肉が少なくなる」という内容で、因果関係が少し異なる。   だから、「もしも」筋トレが、がん治療に対して、効果があるとしたら、筋肉細胞から放出される物質が、がん細胞に対して、有効なのだろうとの憶測が働く。もちろん、あくまで、「もしも」という話で、有効なのか、有害なのかは、もう少し調べてみないと、よくわからない・・・。   出典:①NTNUの生物医学研究所 https://www.eurekalert.org/news-releases/610598 ②3Dモデル https://www.rcsb.org/structure/1ALU Source
  私は、何万年か前、地球を訪れたとき、最強のバイオモンスターを作ろうと思った。そこで、サルに、アリの遺伝子を組み込んだ実験をして完成したのが、現在の人間である。面白いことに、人間は、武器を片手に、行進をはじめた。多くの土地に、拡散しながら、異なる種類の人間の攻撃を始めた。そのアリ的な行動の痕跡は、今でもある・・。   人間は、地中に穴を掘ることが、かなり好きであるが、モグラのような両手を持っていない。アリの遺伝子は、精神に組み込まれたけれど、両手は変化しなかったのだ。   その人間に、自由に穴が掘れる「ゲーム」を与えると、どんどん穴を掘り、掘った土を積み上げて、アリ塚のような棲家を作り始める。地中から、いろんな物を集めてきて、棲家に持ち帰る。これは、「マインクラフト」の世界そのもので、全世界で2億本以上売れたのもうなずける。   小さなアリは、地中深くの闇の中で、光を見つけることがある。深い闇の中ほど、小さな光が、美しくみえるものだと思う。   写真は、2次元マインクラフトと称される「Terraria」。半額セールの450円で買ったもの。 Source
  2019年の高額報酬の第1位の仕事は医師だった。ただ、病気を防ぎ、治すという課題解決に寄与できるのは、医師とは限らない。例えば、優れた医療機器や生物科学者もいる。   2022年のランキングを見ると、医師の順位と報酬が低下していて、エンタープライズ・アーキテクトが、第1位になっていた。これはソフトウェアによる課題解決の設計者という仕事だろうか。平均の基本給が2000万円超となっている。   私は、医学書を時々読むのだけれど、最近は、データサイエンスに言及した本が、増えてきた。要するに、医師も、ソフトウェアやデータサイエンスを学ぶという時代になっているようだ。 Source
fabcross.jp 知っているようで知らない、「植物の生活」の様子をIoTで調べる |fabcross Source

童心居。…

  ここは吉祥寺。井の頭公園の動物園の奥にある野口雨情の旧家は、「童心居」と呼ばれている。ここは、1時間あたり500円ぐらいで借りることができるようだ。お茶会などを開くには、便利な場所かもしれない。 Source
  VSCODEのプラグインに「Text to Flowchart in Markdown」というのがあったので、使ってみました。所定の書式で、文章を書くと、フローチャートにしてくれます。もちろん、無料です。   使いこなすには、ちょっと練習が必要ですが、フローチャートを書いて、遊んでみる分には、便利だと思いました。 Source
  人間の脳は、本能の部分では、実体のある物と、その写真を区別することができない。だから、美味しそうな食べ物の写真を見ると、少し喜ぶ。エロ画像を見ると、反応する。これは最近、気づいた発見なのだけれど、多くの方は、知っていることなのだろうか? Source
  思っているよりも美味しい。和食と洋食が選べるけれど、和食を注文する人の方が多い。たぶん、洋食の5倍以上いたと思う。   Wikipediaによると、ルカ聖人(聖路加)は、医師と画家の守護聖人だそうで、礼拝堂は、病院の中にある。神様は、たまには、聖人と話してみてはどうかと、話されている気がした。 Source
  スティーブンキングは、文章を書いたあとで、編集して、分量を半分にするらしい。編集時に、何を、削除したかは、分からない。文章を書き慣れた人の文章の半分というと、内容が薄いと、感じた部分だろうか? Source
  waifu-diffusionは、自動画像生成モデルStable Diffusionの亜種だというので、試してみました。ローカルPCにモデルをダウンロードしたので、たくさん画像生成ができるのですが、そのままだと、顔の形が似ているようです。 公式サイト:https://huggingface.co/hakurei/waifu-diffusion   解説サイト: ① https://signyamo.blog/stable-diffusion-gui/ ② https://zenn.dev/karaage0703/articles/0c15cc7a86eae1 Source

英文法の勉強。…

  どこが間違っているでしょうか?   英語では、文章の並列構造などを気にしたりする。並列構造がない文章は、小学生ならよいが、大人の文法的には、間違いだとしよう。そのような大人の文法の視点でみると、この文章は、間違いに分類されるかもしれない。   答えは、この文章の場合、文章の表現タイプが1種類しかなく、偏り過ぎている(Sentence Varietyが無い)ということ、らしい・・・。 Source

Creepy Kawaii…

  (1)5冊の「塗り絵」 気になる「ぬり絵」本を5冊ほど、ピックアップしてみた。一番、売れている本と、あまり売れていない本とでは、1000倍以上の開きがある。1000倍というと、一方が10万円で、片方が1億円ということ。   下の説明を読まないで、ナンバーワンは、どれだか、分かるだろうか・・・。   (2)ギャップのあるゲーム 近年、ゲームの世界では、「アブない奴なのに、カワイイ」という「ギャップ」のあるものが流行っている。「Cult of the Lamb」、「OMORI」、「NEEDY GIRL OVERDOSE」などが、思い浮かぶ。これらは、Creepy(不気味)で、 Kawaii(可愛い)ものの一種だと思う。   (3)販売数Xの要因 販売数Xは、①:著者の著名性や、②:プロモーションにも依存するし、③:二者択一の競争環境であれば、売れている方が選択されやすく、④:星が多いだけ、拡散性も高く、さらに売れるように思う。だから、単独のパラメータだけで、評価はできないのだけれど、あえて、販売数Xの違いを生んだ原因について、考えると、「表紙のデザイン」だろうか?    (4)ナンバーワンは・・・ 写真の(B)は、「」を称する塗り絵で、4646個の星がついている。一方、一番、売れていない本は、写真(D)で、こちらは、小さい文字で「」と書かれていて、15個の星がついている。これは、「」という文字とデザインに強く反応した読者数が、多かったということの気がした。   写真(A)の塗り絵には、23099個の星がついている。写真(D)の売上が15万円であれば、写真(A)の売上は2億3千万円ということになる。   写真(A)は、遠目にみると、可愛い絵が描かれている。ただ、よく見ると、表紙には「FUCKING ADORABLE」(愛くるしい)とあり、左上の鳥は「ASS HOLE!」と叫んでいる。その他の動物達も、「Go Fuck yourself」、「Eat Shit & Die!」(ウンコを食べて死ね!)などと、カワイイ顔をして、かなりの悪態をついている。塗り絵の中身も、そんな感じ。   ちなみに、写真(C)の星の数は12772個、写真(E)の星の数は、78個だった。   (5)まとめ 2010年4月号の雑誌「広報会議」のタイトルは、「あきらめがイメージを下げる」だった。熱量を失うと、人は寄ってこない。「Eat Shit & Die!」と、汚い言葉を吐くカワイイ動物達。動物達の心の奥底に、この「塗り絵」が売れた理由があるように思えた。 Source

占いを学ぶ。…

  イギリスやインドには、占星術(Astrology)の大学院があるようなので、占いを真剣に捉えている人達はいる。かの有名なハーバード大学のオンラインコースでも、「前兆、神託、預言」という短期コースを、無料でやっていた。グローバル・スタンダードでは、おそらく「ムー」は怪しくないのだ・・。   ハーバード大学の「前兆、神託、預言」コース、とりあえず、修了しておいたのだけれど、お金を払うと修了証が貰える。このコース、実践的な占いのコースではなくて、占いの歴史や概要を学術的に説明するコースだった。余分な知識が増えることで、いつか役に立つことがあれば、いいのだけれど・・・。   公式サイト: https://pll.harvard.edu/course/predictionx-omens-oracles-prophecies?delta=0 Source
  Stable Diffusionを、ローカルPCで動かすために、「IchIO」に4ドルを払って、NMKD Stable Diffusion GUIを購入した。NvidiaのGPUでないと、動作しないらしいけれど、4ドルの価値は、十分にあると思った。   公式:https://nmkd.itch.io/t2i-gui Source
  (1)Planet Hollywood Goa Hotel チャットアプリのサービス「Agora」から、React開発者用の国際会議の案内が入ってきた。インドの西海岸のゴアにある「 Planet Hollywood Goa」 ホテルで、開かれるらしい。青い海、白い砂浜にたつホテルのようだ。普通に参加すると、参加費と宿泊費を合わせると12万円。飛行機代を入れると、30万円ぐらいだろうか。ちなみに、オンランなら「無料」で参加できるようだ。   (2)気になるアプリ 参加するだろうと思われる企業で、気になったのは、教育アプリの「Noon」。インド、パキスタン、イラク、エジプト、サウジアラビアで、アプリを展開している。アプリのダウンロード数は、1000万人を超えているので、おひとり様1円なら、1000万円の売上がたつようだ。   (3)日本との差 インドの人口は14億人、パキスタンは2億人、イラクは4000万人、エジプトは1億人、サウジアラビアは3500万人だから、合計で18億人ぐらいいる。いろんな意味で、潜在的なユーザも多いし、もしかしたら、報酬も日本より高いのかもしれない・・。   公式案内サイト:https://www.agora.io/en/events/react-india/ Source

犬の得意技。…

  (1)ステージ 小説のプロットの勉強。「SAVE THE CAT WRITES A NOVEL」によると、典型的なドラマチックな小説は、1~15までのステージで構成されるらしい。その構成を、よく見ると、どこか人生に似ているような気もするけれど、多くの人は、どの段階のステージを感じているものだろうか・・・。   (2)小さな女の子の成長の話 研究をしていると、「Because of Winn-Dixie」という小説を知ることになった。この小説は、小さな女の子が、犬を拾って、人の痛みを理解するというストーリーのようだ。   (3)犬の賢者 ちなみに、解説によると、少女が拾った犬の得意技は、黙って話を聞くことらしい。「ワン・ワン」としか、言えないのだから、仕方ないとも言える。   1つの言葉には、プラスの意味、形式的な意味、マイナスの意味が、含まれることがある。要するに、言葉が、意味を持たないことがあるので、そうだとすれば、「ワン・ワン」とだけ言う犬の方が、賢者であることもあると思った。 Source
  台湾の花連で、一部のビルが倒壊して、高架道路も壊れた。今日の地震警報は、50回は超えていると思う。要するに、携帯の地震警報アプリが、ずっと鳴っている。これは、かなりおかしい。   花連で地震が活発に起きているってことは、海溝の東から西に向けて、プレートが大きく動いてると、想像される。   花連の海溝は、日本列島の南を通って、千葉まで延びている。   ①2016年2月の台湾南部地震の2ヶ月後、熊本地震が起きた。 ②1946年12月5日、台南新化地震の約2週間後、昭和南海地震が起きた。 ③1935年4月21日の新竹台中地震の約3ヶ月後、静岡地震が起きた。   日本列島も、少し注意しておいた方が、いいと思う。 Source
(1)稲盛和夫監修 稲盛さんが亡くなられたと聞いて、個人的に思い出すのは、稲盛和夫監修「地上最強の商人」です。英語版の原書は、数ドルで売っているのに、当時、日本語版は約1万円で売っていました。 (2)謎の最終巻 この本は、巻頭言だけ、稲盛氏が書かれています。秘密の10の巻物を読む物語ですが、最後の10巻目に、稲盛氏は「共感した」と書かれています。 (3)祈り 最終巻には、「祈り」が書かれています。挫けそうなとき、「解決方法を見つけること」を祈ります。それを何度も繰り返して、心の底に刷り込みます。これは、確かに、役に立ちそうです。 (4)1万円の書籍は高い? この本は、フィクションですが、角川書店や新潮社ではなく、「日本経営合理化協会」が出版しています。この会社の出版する書籍は、ほとんど1万円以上ですし、そう考えると、安いのかな・・・。読み直す度に、本の内容以外のところでも、発見がある面白い本ではあります。 Source
  「歴史の大局を見渡す」(The Lessons of History)は、50年かけて書かれた11冊の歴史本の要点を、わずか100ページにまとめた本。日本では、「文明論」に関する本は、あまり人気がないのか、英語版よりも安いにも拘わらず、英語版の25分の1しか、売れていない。   本によると、①知性を伴なう、②異種混合の環境の中から、③先頭を引っ張る者が現れると、社会が「進化」するようなのだ。あえて補足して、④「エロ」も進化要素に加えておこう。逆に言うと、これらが生じない環境であれば、社会も進化しないようにも思えた。進化要因の反対は、衰退の原因だしね・・。 Source
  すいません。実は、私が知らなかった英語のメモです・・。「The Oxford Comma」って、知ってました?   (1)The Oxford Comma 3つの名詞を「and」で繋ぐとき、「and」の手前に、コンマ(,)を入れますか?    このコンマには、名前がついていて、「The Oxford Comma」と呼ぶようです。   (2)文法とは? 「文法」というのは、多くの人が使う言語を研究・分類して、その法則を整理したもので、うまく法則に当てはまらない場合は、仕方ないので、「例外的な用法」という名前をつけたもの、だと思います。したがって、相当数の使用例がある場合は、コンマを省略しても、間違いではないのは、確かかと思います。    (3)昔の教科書の記憶 何十年も前の中学生時代の教科書だと、たぶん、コンマは無かった気がします。省略しても、いいんでしょうかね・・。   (4)出版社の場合 出版社や企業では、「The Oxford Comma」の使用に関しては、編集規定があるところが多いようです。文章表現上の統一感や、英文の解釈上の疑義を持たせない文章を書く場合、「コンマを入れる」というのが、良さそうです。    出典:Grammar BOOK https://www.grammarbook.com/blog/commas/oxford-comma/ Source
  チェスの本が気になったので、調べてみてみる。チェスをやったことがないのだけれど、Google booksでは、自然言語解析をしているようで、チェス本の頻出言語を調べてあった。   この本は、天才的なチェスのプロが、アマチュアの悩みを聞いて、その悩みを解決するために、書かれた本らしい。できるだけ、知らない人にも、わかりやすくというスタンスが、好評の良書だと、書かれていた。   Google booksの本の解析によると、ナイト(騎士)よりも、ビショップ(司教)の方が重要で、黒番の方が重要だと、書かれているようだ。アマチュアは、ビショップの理解が浅いということが、読み取れると思った。 Source
  「星と空」について考えてみるとき、現代人は、意識の中から、空(そら)を失っていると思った。   古代人にとっては、朝になると地平線から太陽が昇り、夜になると月がでていた。空を見上げると、無数の星が輝いている。そんな古代人は、星の動きを神聖なものだと考えて、建築物を設計した。ピラミッド、ストーンヘンジ、マチュピチュ遺跡などは、太陽や月を意識して造られている。   そう考えると、およそ文明とは、星を意識する心の中に存在しているようにも思える。だとすれば、意識の中から、空、あるいは、その中に浮かんだ星が、消えるとき、文明も衰退するのではないだろうか?   中秋の名月。同じ思いに至った昔の行政関係者が、月を忘れないように、それを祝うことにしたのかもしれない。 Source
  (1)あまり売れていないゲームの購入 半額セールというので、400円ぐらいで「SHINDIG」という「かなりニッチな独自路線のゲーム」を買ってみた。デザインの完成度は高くはない・・。Steamのダウンロード数は、コメント数の20倍ぐらいだと仮定できるので、400個売れたとすると、現在のところ、このゲームの売上高は16万円ぐらいだろう。   400円のマイナーなゲームを買った理由は、ゲームをしながら、考え事をするのが、好きだから・・。さて、考え事。    (2)ゲームのリリースに必要な作業量 このゲームをリリースするまでには、少なくとも、9つの作業が必要だと思う。   ①ストーリー作成 ②キャラクターデザイン ③画像制作 ④音楽制作 ⑤ナレーション ⑥アニメーション制作 ⑦コーディング ⑧事務手続 ⑨プロモーション   (3)作業単価 これだけの作業量が必要なのだけれど、あまり売れていないので、時給は100円ぐらいだろうか。もしも、販売数が1000倍になれば時給10万円になるから、嬉しいだろうけれど、それは可能だろうか?   (4)作業単価を上げるには? (A) かなりニッチな独自路線のゲームの場合 期待できるユーザ数が、かなり少なくなるので、時給10万円にするには、少し無理があるようにも思える。   (B)実用性のあるソフトウエアなどのジャンルの場合 アドビ製品のように実用性があると、価格を1000倍の40万円にして販売することで、作業単価があがると思う。   (C)メジャーなジャンルの場合 競争に勝って、No.1になれば、作業単価は上がる。   (D)ブルーオーシャンなジャンルの場合 ユーザ数が多いけれど、今までにないジャンルを探し当てることができれば、作業単価は上がるに違いない。   要するに、作業単価を上げるには、原則的には、「かなりニッチな独自路線のゲーム」からのジャンルの変更が、必要だと思った。もちろん、例外も、考えられそうではある。   ちなみに、このゲーム自体は、個人的には、そこそこ好きで、このゲームと似たゲームは、UNITYの「Adventure Creator」を使うと、簡単に作ることができます。 Source
SELF LOVEという本を読んでいたら、自己愛を高める3つの方法が書かれていた。 1. 自然の中で、深呼吸をする 2. 目を閉じて、耳を澄ます。 3. 自分に触れていたわる。 3番の自分に触れていたわるというのは、どうだろうか。 手の平や、指の先からは、何かオーラのようなものがでていると、感じたことは、ないだろうか? 自分の力でも大丈夫なのかもしれないけれど、特定の人のハグには、他人を落ち着かせる力があるとは思う・・。 Source
   (1)チェック機能付のエディタ 真面目に英文を書くために、あまり使っていなかった「Hemingway」というエディタを、引っ張り出してみた。 このエディタは、英文のレベルの評価をしてくれるもので、Gumroadで売っている。   (2)文学的な英文の書き方 「Hemingway」エディタの推奨する文学的な英文の書き方は、以下の通り。   ① 読みやすさの学年レベルを下げる。    ・作家ヘミングウェイの文章は、学年レベル3。  ・一般的なアメリカ人の英語は、学年レベル10。  ・学年レベルが高い方が、良いわけではなく、レベル15の場合は、かなり読みにくいという判定になる。   ② 副詞を使わない。     ・副詞は、使わないで、同義の別の言葉に、置き換える。    "He is really smart" --> "He is brilliant."    ③ 「受身形」を使わない。    “The ball was thrown by John.”-->"John threw the ball."    ④ 複雑すぎる単語を削除する。    ・もっとシンプルな言葉で書く。    ⑤ ルールは破られるためにある。    ・ルールは、あくまで一般論なので、好きなように書いてよい。   ヘミングウエイの名作「日はまた昇る」(The Sun Also Rises)を、このエディタに、入力してみると、赤線がたくさん引かれることになった。必ずしも、ルールに沿ってなくても、いいらしい。   (3)「日はまた昇る」のあらすじ   ついでに、小説についても、調べてみる。 どうやら、ジェイクの愛した人妻ブレッドは、若いスペイン人闘牛士のペドロ・ロメロと駆け落ちするが、最後は、ジェイクの元に戻ってくるというような話らしい。   (4) 旧約聖書(Ecclesiastes 1:4 )   この小説のタイトルの出典は、旧約聖書だというので、読んでみる。 「1つの世代が過ぎて、別の世代がくる。 けれど、地球は永遠に変わらない。 太陽も、昇り、そして沈む。 だけど、太陽は元の場所に急いで戻ってきて、また、昇る。 ・・  ほら、それって、新しいの? それは、私達よりも何年も前から、存在しているよ。」   変化という時代の中で、実は、多くのものは、変化していないのだと、旧約聖書は、書いているようだ。 Source
今日の読書(Self Confidence)。自信を持つことが大切ならしい。自信をもつと、自分と世界が、変わってくる。本によると、心と体は、連動しているらしい。要するに、少しばかり、体を動かすことが、自分と世界を変える第一歩ってことか・・。 Source
私の曲を作る才能は、ベートーベンよりも、かなり劣る。だから、自分で作曲しないで、昔の偉人の曲をアレンジしようと、心に決めた。 Source
(1)ゲームジャムの案内 BUILDBOXのゲームジャムの案内が入ってきた。1位になれば、賞金は2000ドルだけれど、5位だと200ドルになり、6位以下は、ゼロ円になる。多くの人は、努力の先に、ゼロ円を手にするという大会でもある・・。   公式案内: https://www.buildbox.com/gamejam/ (2)低機能なツール BUILDBOXというのは、マイナーがゲームエンジンで、簡単なゲームが作れるが、簡単なゲームしか、作れない・・・。だから、このツールで、世界ランキングに入るには、鉛筆しか持っていない状態で、宇宙船を作って月まで行けと、言われるようなものだと思う。   (3)ツールよりも大切なこと それでも、このツールだけで、なんとかする人はいる。何も持っていないのに、なんとかしてしまう人は、確かにいる。起案というか、企画というか、いろんな能力が優れているのだろう。   (4)サンプルゲームの検討 こんなのが作れれば、入賞できるかも、というゲームのタイトルが紹介されていた。   ① Blackout Bingo ② 21 Blitz ③ Solitaire Cube ④ Dominoes Gold ⑤ Pool Payday   なるほど、①番は、誰でもできるBINGOゲームだけれど、調べてみると、かなりスゴイ。バックグラウンドで、勝率の確率計算がしてあるのであろうし、実装としては、サーバーとの通信が必要みたいだ。   Blackout Bingo: https://apps.apple.com/us/app/blackout-bingo-win-real-cash/id1464235676   これは2000ドルというよりも、20万ドル以上の価値があるゲームに見えた。2000ドルの賞金が貰える実力というと、そんなレベルなのだろうか。   (5)ミイラ取りがミイラに・・。 BINGOゲームを作る研究をするため、BINGOゲームを始めてみる。なるほど、こんな単純なことが、ヒトは面白いんだろうなと、私は、ポチポチと数字をクリックしはじめた・・。 Source

マイノート。…

  カラフルなデジタル・ノートを、米国のネットショップ「Etsy」で買ってみた。デザインは、少しカワイイ。このショップは、日本ではマイナーで、米国では、よく知られている方だと思う。   デジタル・ノートといっても、基本的な部分は、単なるPDFなのだけれど、商品としては、かなり奥が深い。この商品に、★をつけた評価人数は、1万人ほどいるので、全体では、10万冊以上は、売れているだろう。   この商品が売れる理由は、いくつか考えられるけれど、1つには画像のステッカーが1000個ついている点にあると思う。10万冊といえば、億超えしているので、少しずつ、かわいいステッカーを追加してけば、知的資産的な価値が累積していき、競争力も更に高くなるに違いない。しかも、これは2022~2023年版なので、買い替え需要もある・・。   奥深い商品だと思った。 Source
「少年が羊の群れを連れて、見捨てられた教会に着いたのは、あたりがもう薄暗くなり始める頃だった。教会の屋根はずっと昔に朽ち果て、かって祭壇だった場所には、一本の大きないちじくの木が生えていた。」   そんな小説の一節を、Googleで英訳してから、英文を(Stable Diffusion)に、貼り付けて、画像を自動生成してみる。現代では、画像を生成させるための表現は、スペル(魔法の呪文)と呼ばれているらしい。 https://huggingface.co/spaces/stabilityai/stable-diffusion Source
  「王子を見つけるためには、100匹のカエルに、キスをしなければならないかもしれない。」   見方の角度を変えると、いろんな場合に当てはまりそうだと思った。 Source

WION on Twitter

イギリスで始まる人格AI化サービス。   インドのメディア(WIONews)によると、イギリスでは、その人のAIを作り、自分の葬儀で弔問客に話すサービスが始まったらしい。 WION on Twitter Source
--2,3回、書き直せば、読めるようになる物語--    (第1章)都市伝説 ぼくは、人間をやめて、モグラになることにした。   「……で、どうするの?」 「うん」 と、ぼくはうなずいた。   「とにかく、どこかに穴を掘ってみようと思うんだ。この穴をね、ずっと奥まで掘り進めていく。そして・・・」   「そして?」   「モグラの親分に逢うのさ」   「 モグラの親分って……あの、『もぐらの王さま』のこと?」   「そうさ!」   ぼくは叫んだ。    「でもね・・あれは、都市伝説だよ。モグラの親分なんて、本当は、いないんだから!」   彼女は言った。   「その都市伝説って、なんだか知ってる?」    「・・それは、声に出してはいけないのよ。不吉だわ!」   どうやら、ぼくたちは、お互いが聞いている話が、違うようだ。   彼女は、ぼくが、どうしてモグラの親分に逢いたいか、理解できない様子だった。     押し殺したような沈黙が続いた・・・。   「ドン、ドン、ドン。ドンドコドン・・・。」   そんな時、どこからともなく、太鼓の音が聞こえてきた。   太陽の日差しが、急に強くなり、ヒューヒューと風が吹き始める。   地面からは、アリが這い出てきて、踊りだした。   草むらからコオロギが出てきて、歌いだす。   「フォー、フォー、ラリフォー!」   あれっつ、コオロギは、そんな歌声で、歌うんだっけ?   何かが、オカシイ・・・。   「なんだ? なんなんだ?」   得たいの知れない緊張感が、こみ上げてきた・・。   そんな時、後ろの方から、 「こんにちわぁーー-!!」   元気のいい、あいさつ声が聞こえた・・・。   おそるおそる振り返った。   「えー---!!」   ぼくたちは、大声を上げた・・。    そこには、満面の笑顔を浮かべたモグラが、立っていたのだ!   「やあ! お二人さん。僕の名前は、モグラの親分。よろしくね。」 Source
  (1)独裁国家・運営ゲーム 「ゲーム」がやりたいわけではないのだけれど、気になっていたゲーム「TROPICO6」をやってみる。これは独裁国家の運営のゲームで、インフラを整備して、食料を生産し、産業を作り、医療を整え、「幸福度」を増加させ、交易を行い、各種の主義主張に応えながら、超大国の侵略を防ぎ、独裁国家を運営するというもの。   島民の全データがわかるようになっていて、賄賂を渡したり、暗殺もできてしまう。 (2)メタバース・デジタルツイン もしも、島民が、リアルな個人とリンクしていたら、メタバース・デジタルツインということになる。さて、そんな世界は、可能なのだろうか?   (3)現実の世界をデジタルで代替する際の問題点 オンラインゲーム上で、現実の世界を、代替するには、いくつかの障壁がある。   ① 1つは決済の問題で、これはNFTや、仮想通貨で実装すると、解決できる。   ② もう一つの問題は、デジタルの世界の食料は、食べられないということである。美味しそうな魚のNFT画像を手に入れても、現実の世界では、画像は食べられない。トイレットペーパの画像では、お尻はキレイにならない。   我々は、通信回線を介して、電気のデータをやり取りしているが、電気は食べられない。   (4)問題の解決策 問題を解決するには、リアルな物質を輸送できるパイプやドローンがあるか、又は、リアルな世界を歩き回るアバター・ロボットが必要だと思う。そんなアバター・ロボットがあれば、現実の世界を、オンライン上で、代替できる。   (5)未来世界 日本では、「ムーンショット」計画があるが、その中に、アバター・ロボットのような構想も入っているとは思う。このように考えると、時代が進んだ後には、「外出するのは、アバター・ロボットだけ!」という世界は、いつかくるだろう。   (6)我々がバイオ・ロボットである可能性 もっとも、そういう意味では、我々自身が、別の空間から制御されているバイオ・ロボットである可能性は、実のところ少しある。肉体が死んでも、魂は死なず、宇宙の外側には何があるのだろうかと、悩む必要も、なくなるわけだ・・・。   STEAMのストア: https://store.steampowered.com/app/492720/Tropico_6/ Source
(1)FileCoin 「ファイルコイン」(仮想通貨)を使ったハッカソンの案内が入ってきた。「ハッカソン」というのは、プログラミング大会のこと。大会の賞金は、20万ドルぐらいは用意するらしい。参加していると、現場で、這い上がれるスキルが身につくかもしれない。   (2)Crypto and Blockchain ハーバード大学のオンライン仮想通貨コースの案内も、入ってきた。こちらは、賞金は貰えず、1980ドルかかる。ちなみに、同大学のリーダシップ短期コースは、6日間で1万7千ドルだった。   ①Hackathon: https://moralis.io/filecoin-hackathon/ ②Crypto and Blockchain: https://pll.harvard.edu/course/cs50-lawyers?delta=0 Source
  パラパラ読書。   例えば、ロサンゼルスで働いていれば、苦労なく、英語が話せるようになる。目の前に、クッキーがあれば、食べてしまう。強い意志の力があっても、立ち位置には、敵わないらしい。   ちなみに、日本語版は、米国原書の8分の1しか、売れていない。これも立ち位置の違いだろうか・・。 Source
日本語から足を洗おうかなと思う理由。日本語圏の人口は、1億人ですが、英語圏の人口は18倍の18億人。何かを書いて、それをお仕事にする場合、日本語で月給20万円の人は、英語なら月給360万円なるではないかと、思うわけです。   最近は、文章の自動生成や、SEOフレンドリーなアシスト機能のあるサービスもいくつかあるので、日本語よりも、書くのが楽なのかなと、思ったりしました。今日は、試しに、「neuro-flash」というライティング支援サービスを使っています。   「When I started wrting, I was very disorganized. Ideas would come to my head, but I had no structure or plan for what I wanted to write. As a result, my writing was choppy and all...

危ない目の猫。…

  幾つか本やブログを読むと、思い浮かんできました。    ①「紫の牛」と聞くと、マーケティングで有名な「セス・ゴーディン」氏の著書「紫の牛を売れ」が思い浮かびます。②「白い豹」は、最近、出版された「Nicolas Cole」氏のビジネス書のことです。どちらの書籍も、他とは異なる(Make Difference)ことが大切だと書かれています。そこで、私も、③「危ない目の猫」という本のタイトルを、考えてみました・・。   中身は、まだ、無いんですけど、思い浮かんできました。せっかくなので、AIに書かせようかと、思ったりしてます。 Source

山のあなた。…

  多くの人は、思いました。「山の向こうには、幸福な世界があるんだ」と。   弥勒菩薩は、言いました。「今は忙しいので、56億7千万年後に、お伺いします」と。   世界には、それがバラ色に見える人もいるし、灰色に見える人もいる。もしも、幸せが、山の向こう側に無く、あの世の方を選択しない場合は、こちら側で創るしかないと思うけれど、それは、これまでの資本主義や既存の主義ではないだろうと、山を見て、そう思った。 Source

関ヶ原の戦い?…

  ここは、関ヶ原。遠い昔に思いを馳せてみる。周囲には「田んぼ」しかないけれど、「田んぼ」がある。要するに、ここは食料地帯。   その昔、本当に、この場所に、刀やカマを持って、人が集まってきて、殺し合いを、始めたのだろうか?   当時の現場を想像すると、トイレ、水、食料の様子が、最初に思い浮かぶ。お腹が空いた、喉が乾いた、ウンコ行きたい、それが普通の人だと思う。到着しただけでは、人は、殺し合いを始めない。古書を読むと、命令だけでは、兵隊も命をかけないとも、書かれている。   きっと、誰かが、最初のトリガーを引いて、殺し合いが始まったんだろう。そういう意味では、現代社会も、不安定なところがあるし、安定な世界がいいなという思いが、心に浮かんだ。 Source
  ブロックチェーンの開発の解説をされている方の動画を見ていると、パワーポイントではなく、パワーポイントに似たクラウドアプリ(PITCH)を使われていた。新しいソフトウエアは、既存のソフトウエアよりも、優位性がないと、使う人はいないので、このソフトウエアの場合は、以下のような特徴があった。   ① 個人的に使用する場合の基本は無料。 ② 数多くの無料テンプレートがある。 ③ 数多くのステッカーがある。 ④ チーム編集機能がある。 ⑤ 公開・シェア機能がある。 ⑥ デスクトップアプリとしても使える。   使ってみると、無料で使う分には、便利だと思った。   アプリ公式:https://pitch.com Source
  (1)アンケートに答えてAmazonのギフト券 アメリカには、アンケート調査に答えると、ポイントがもらえるサービスがある。ポイントは、Amazonのギフト券に変えてもらえるはずだけれど、「日本からでも、Amazonのギフト券は、貰えるかな???」   (2)アンケートに答えると・・。 投稿記事のネタとして、やってみたのだけれど、5問ほど、アンケートに答え終わった後で、「報酬が貰える資格がありません」と、表示された。アンケートに答えるのに、3分ぐらいかかったので、少し悔しい。   なお、一応、引き出せない金額として、最初に、10ポイント(約2円)が貰えている。20円ではなくて、2円。   (3)このマーケティング会社のビジネスモデルは・・・ そこで、マーケティング調査について、調べてみると、1問あたり10~20円というのが、マーケティング会社側の調査料金のようだ。5問の場合は、発注側のユーザAは50円~100円を支払うことになる。   なるほど、これは、情報マッチング・ビジネスなのだ。   マーケティングデータが欲しい発注側のユーザAは、特定の年齢や、趣味嗜好のデータが、欲しいので、バックグランドでは、それを発注している。一方で、その条件に合致したデータを登録したデータ提供側のユーザBには、その発注料金の一部を受け取っているということなのだ。   (4)Amazonのギフト券は? こんな風に考えると、アメリカのアンケート調査に、日本から、いくら答えても、Amazonのギフト券は、もらえない可能性が高いかもね・・・。 Source
  (1)放送大学 本屋を訪れると、放送大学のパンフレットが、目に入った。学習には、目的が必要で、放送大学といえば、「A社とA社のソフトウェアの学割が使いたい」などの理由の人も、たぶんいる。放送大学では、最近、データサイエンスの科目もできていたが、法学部や、医学部は無いようだ。   (2)「がん治療認定医試験」(腫瘍学)問題集 本屋には、そんな試験の問題集もおいてあった。問題を解くには、問題集が解ける知識があればいいけれど、受験自体は、日本の医師または歯科医でないと、できないようになっているようだ。受験はできないけれど、問題集は、買っておこうか・・・。 Source

I will become AI….

この絵は、AIに描かせたもの。生物の定義は、難しいけれど、少なくとも、私よりも絵がうまい。「月に行きたい」と望んだ者だけが、ロケットを飛ばして、月に行けるのだから、望んで努力すれば、私も、AIになれるのでは、ないだろうか。 Source
  (1)中国から届いたカエル像 デザイン研究用のカエルが、中国から到着した。さて、このカエルが持っている本には、何が書かれているだろうか?    (2)二宮金次郎像 二宮金次郎像の場合は、書籍の中身は「大学」だった。国民が、仁を持ち、謙虚で、貪欲なく過ごせば、国全体がそうなるという教えの内容が書かれている。   (3)カエルの本の中身 カエルさんの本の場合は、類推できるだろうか?   これは難しい問題だと思うので、答えを書くと、「ハート」のマーク♥。   (4)この商品の購買層 逆に言うと、想定ユーザが見えてくる。   ① 女性に買ってほしい。 ② 文字無しのグローバル販売がしたい。    ①、②の想定から、ハート♥のマークを想像するのは、難しいと思う。だって、本に、何も描かれていない可能性もあるわけだから。   (5)本に何かを書く意味 像の持つ本に、何か描いておく方が、こうやって、どうでもよいネタとして、書く人も出てくるわけだし、集客性には寄与すると思う。   本の中身、気になるでしょう。「知りたい」という欲望から逃れることができる人は、少なく、「なぜ、○○なのか?」という表紙は、興味を引っ張るはず。   好奇心という集客性があるってこと。   (6)世界の銅像 だから、「世界の銅像で、本を持っていたら、何か書いてあるはずだ!!」という前提知識、既成概念が、できてくる。考えて作った銅像の本が、白紙なんてことは、ないと思う・・・。   (7)カエルさん、ありがとう  小さなカエルだけれど、ハートのマーク一つで、集客性について、かなり考えたデザインなのだと、勉強になった。   スゴいなと思ったので、74円のカエルに頭を下げてみた。 Source

OpenSea….

NFT用の仮のアカウントだけ作りました。アップロードするためのカエルの画像は、まだ、作成できていません。表紙の画像がないので、ブタさんを貼り付けておきました。芸術というよりも、「持っているだけで、得をするもの」というモデルが、いいと思うんですよね・・。 Source
  モラリス社のハッカソンの募集が出ていたので、ちょっと考えてみる。必要だと思われるITスキルは、solidity、Unity、hardhatぐらいだろうか。3つのスキルがあれば、他のスキルも揃っていると思われる。   先日、投稿したAI画像自動生成の会社も、募集要件は、1つだった。「JAX」が使えること。確かに、JAXが使えるならば、Pythonが使えるかどうかなど、聞かなくていいと思った。   「あなたが1番、"凄いと思ったサービス事業"は、なんですか?」 例えば、こんな質問でも、質問だけで、回答者、或いは、質問者の世界が、見えてしまうかもしれない。   要するに、このハッカソンは、"凄いなと思ったサービス事業"と、分野的には、似ていると思った。 Source
  動物の論文を読んでいるのだけれど、人間も、あまり変わらないなと、思ったという話。   (1)ミサイル・国際情勢 領土の話は、「本能」を刺激するので、かなり感情的になることが多い。だから、現代、或いは、過去の大統領だとしても、本能で感じる感情・欲望・闘争心は、一般市民と変わりはない。   (2)職場の人間科学 縄張りというのは、「空間の優先権」と見なせて、「先住効果」 (seniority)があるという。したがって、新しい子豚を、まとめて飼育する場合は、新規な場所に集めて同時に飼育を始めると、喧嘩が減るらしい。職場でも、人は、そんな感情を抱くことも多いのではないだろうか。   (3)男と女の愛想 雄のハトの巣箱に、雌のハトを入れると、雄は喜んで、喧嘩をしないらしい。ところが、雌のハトの巣箱に、雄のハトを入れると、領域を犯された雌のハトは、激怒し、愛情は憎しみに変わるそうだ。なんだか分かる気がする。   出典は、「畜産の研究」(李世安 著)で、リンクは以下の通り。   https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2030833444.pdf Source
  もちろん、紫色ですよ・・・。知らないんですか?    (Q2)絵を描いて販売するのは、芸術家だけですか?   いいえ。Yahooのサイトでは、「家族支援財団」などが、子供たちが描いた絵も、NFTとして販売しています。このタイプのNFTを購入すると、著者の署名入りの電子感謝カードを受け取ることができるようです。   (Q3)Yahooと知財の関係と言えば?   商標のAI開発大会で、優勝しましたよね・・・。この大会、私も商標データを解析しようとしたんですけどね。    台湾で、Yahooが、NFTを販売しているのが気になったので、つぶやいてみました。利害関係は、ないですよ。   公式販売サイト: https://nft-store.blocto.app/yahoo/ Source

AI Patent Drafting….

特許の世界だと、(CLAIM)といって、発明の要約を1文で記載する箇所があります。昔の特許出願の(CLAIM)を、AIに入力して、図を描かせてみました。   人間作製図では、支持ピンに取り付けられた磁石(24)が描かれていますが、AI自動生成図の写真でも、よく見ると、支持ピンの中ほどに、磁石らしきものが描かれているのです・・・。 Source
  警備ロボットが、巡回をしていた。最初は、1台から始まる。このロボットは、何をしているんだろうか?   「警備に決まっているじゃないか!」 「本当に? 具体的に言うと、警備って、何だろう?」 「巡回パトロールだよ。」   そんな会話が、頭の中を流れた。 Source
  DALLE2の利用申請が承認されたようで、案内がきました。   "The wait is over, your invite has arrived! We can't wait to see what you create. As one of the first to access this technology, we trust you to use DALL·E responsibly. "    DALL·EのDiscordの加入者数は、世界で30177人でした。インターネット人口が、50億人ぐらいだとすると、この話は、0.0006%、要するに、少なくとも、16万人に1人ぐらいには通じるはず。Youtubeの再生回数は30万回。   東京都の人口が1000万人だとすると、60人ぐらいは、利用者がいて、600人ぐらいはYoutubeを見たということだから、それを知らないで話すと、「頭がオカシイ」と言われても、仕方がないんだろうね・・・。   公式解説リンク:https://www.youtube.com/watch?v=qTgPSKKjfVghttps://www.youtube.com/watch?v=qTgPSKKjfVg&fbclid=IwAR3RfDRFM_5UVpm4QH0P_kFriQESvxWTmXk880xM4FImUpLAaehOg3JOJ3U Source
  「カップ一杯のミルクください、湾岸のブタさん」・・とAIに入力した。本当は、「BABY PIG」と入力するつもりが、「BAY PIG」と誤入力したせいか、何やら、頭が壊れた感じの画像が生成された・・・。 「どうぞ、飲んでください・・・」と、語りかけてくるようだ・・。Midjourneyで作成。 Source
最近の画像自動制作サービス「Midjourney」を使ってみる。要するに、いくつかの単語を入力すると、AIが、画像を自動生成してくれる。標記の単語を入力してみる。青色のロゴが作られるかな? と思ったら、なんと、「古代文明」の遺跡から発掘された遺物ような絵柄が生成された・・。   「古代文明」と言えば、「未来少年コナン」、「天空の城ラピュタ」を思い浮かべる・・。あるいは、UFOの発着基地とか。    「古代文明」を創れとは、何を意味しているのだろうか? Source

PATENTX….

WIPOとハーバード大学が、オンラインコースを始めるというので、ネットを探してみると、ハーバード大学のロースクールの講義が、公開されていた。視聴してみると、ちょっと気になる点を見つけてしまったので、メールでも出そうかなと、そんなことを考えた・・。 https://www.wipo.int/academy/en/news/2022/news_0032.html Source
  (1)配送料の不思議 蛙のデザインの研究のため、中国のアリババのExpressで、カエルのミニ置物を買った。配送業者は、1998年創業のヤンウェン。小包の配送料が、99円からというらしいのだけど、どういう仕組みになっているんだろうか? ちなみに、カエルの置物の通常の配送料は、もっと高い・・。   (2)内外価格差はあるのだろうか? 食料品などの価格を見てみると、日本で売れそうな商品の価格は、日本のAmazonと同じ価格だった。大規模な輸入事業が成立している業者さんは、中国まで行って、仕入れているってことだろうね。   (3)DALL・E2(AI) デザインを研究するなら、「DALL・E2でしょう!」といって、「そうだよね・・」と答える人は、そこそこいるかもしれないけれど、そこそこ、一般的なものだろうか・・。DALL・E2は、入力テキストや、入力画像を解釈して、新たな画像を作り出すAIのこと。「DALL・E2」の関連のYoutubeを見ると、かなりスゴイ。利用申請はしたのだけれど、まだ、返信がきてない・・・。   DALL・E2公式:https://openai.com/dall-e-2/ Source

ANGRY FROG….

  NFT用のテスト画像を作成してみた。コンセプトは、「怒りのカエル」。自動生成で大量生産という方法もあるのだろうけれど、ピクセルアートで作ってみた。真面目に作ると、結構時間がかかる。30%程度の完成度なのに、5時間はかかった。この画像には、幾らぐらいの価値があるだろうか? たぶん、それは企画次第なのかもしれないし、0円かもしれない。 Source
  NFTの研究をしてみると、IPFS(InterPlanetary File System)ができた当時には、無かった幾つかのサービスが登場していた。 デジタルアートを販売する場合、中央集権型のサーバにデータを保存しておくと、サーバを解約した時点で、アートが消えてしまう。   分散型のストレージで、1000年ほど、データを保存してくれるならいいのだろうけれど、1000年ストレージの設計は、かなり難しい気がした。   分散型と言えど、誰かが、サーバ代を払う必要がある。   「Pinata は、web3 の未来を築くクリエイターと開発者のための大手メディア管理会社」だと書かれていた。Pinataの「中の上」のサービスでは、例えば、月額100ドルを払えば、Web3アプリ、ゲーム、スケーリングするために適切な量のデータを扱うことができる。1000年間、サービスを利用するのに必要な金額は:   100ドル×12カ月×1000年=120万ドル。   アーティストは、1000年後には、生きていないから、どうするんだろう・・・。   Pinata https://www.pinata.cloud/ Source

小さな変化。…

  マクドナルドのトレイの上に敷かれた紙のデザインが変化した。デザインぐらい変わるのは、当たり前だと、思うかもしれないけれど、この紙のデザインの変化から、読み取れることは、幾つかある。   ①変更前は、人の募集が描かれていたのだけれど、今回、消えた。なぜか? ②裏側に、「おもしろいことがある」、と書かれている。なぜか? 何が書かれているか?   マクドナルドの鶏肉は、タイ王国製らしい。米ドルに対して、円安だけれど、バーツ安も進んでいるという。需要は、若干、低下していると推定されるし、人は足りているのだろう。   さて、この紙の裏側には、何が書かれているだろうか? Source
  八重洲の地下街に、①「癒し」、②「おトク」の看板が設置されていた。夏だと暑苦しそうな③「髭のオジさん」が描かれている。台湾で、かなり有名な中華料理チェーン店のロゴも、髭のオジさん。   髭を生やす本当の理由は、自分の中の自分に聞いても、よくわからない。なんとなく、暑苦しいせいか、記憶に残りやすいのかもしれない。昔から、気になる謎の1つ。 Source
  男と女。交錯する現実と仮想世界の物語。動画で、小説とか、書いてみると、面白いかもね・・。   ① 本文制作:かなりAIノベリスト ② 音声:VOICEBOX ③ 自動キャプション:Vrew ④ 3Dキャプチャー:Nvidia Audio2Face Source
  いつものように、ぺルーのコロナウイルスサイトを覗いてみる。最近は、オミクロンBA5.6というタイプが、増加しているようだ。   オミクロンの型番には、BA1、BA2、BA3、BA4、BA5・・・などの名称がつけられている。1つの型番のウイルスは、現在のところ、47箇所の変異が可能となっている。47箇所を、自由に変化させて作れる組み合わせの数は、かなり多いと思うので、そのうち、BA1000なんていう型番も、登場するかもしれない。   10万通りぐらいの組み合わせはあるのではないだろうか?    オミクロンには、現在でも、数十種類の変異株がある。オミクロンの型番ごとの流行を見てみると、どれも「新しいやつが登場して、増加した後に、減少する」というサイクルを繰り返している。 そうだとすると、コロナウイルスが消える可能性は、ゼロでないと思うけれど、現実的には、コロナウイルスとともに、生きていく仕組みづくりの方が、大切かもしれない。   例えば、①飛行機も、感染防止構造にして、②感染防止の宿泊セット販売を基本にして、③社会制度も整える、とすれば、経済も回るだろうに・・。   ①種類表の出典:「BA.2.12.1, BA.4 and BA.5 escape antibodies elicited by Omicron infection」 https://www.nature.com/articles/s41586-022-04980-y_reference.pdf ②ペルー公式サイト:https://bit.ly/3ma4YvZ Source

LOST ARK….

(1)ロシア・韓国・米国 ロシア系のSNS「OK」を見ていたら、「LOST ARK」の広告が入ってきたので、インストールをしてみた。「LOST ARK」の制作は、韓国の「Smilegate RPG」、パブリッシャーは米国の「MY GAMES」なのだけど、ロシア語版のせいか、どうやらアクセス地域制限があるようで、日本からだと立ち上がらなかった。   (2)Amazon Games 日本語版はあるかなと、検索してみると、パブリッシャーが、「MYGAMES」ではなく、「Amazon Games」に変更になっていた。ゲームの版権の持ち主が、日本を含むいくつかの地域では、変更になっているようだ。「Amazon Games」社が、日本などのいくつかの地域での販売権を買ったのだろうか・・? ネットで調べえてみると、いろんな情報があって、本当のところが良くわからない。   (3)消えた日本人キャラクター ゲームには、想定している購買ユーザがいる。    このゲームでは、中国、米国、欧州っぽいキャラクターや風景が多い。昔は、「サムライ」や「忍者」も、キャラクターとして登場したが、イントロを見る限りは、このゲームには、日本人を連想させるキャラクターはいないようだ。   そういえば、中国発のゲーム「原神」の売上累計が、1兆円を超えたそうだ。確か、日本では、神田の小さなビルに事務所がある(あった)。「LOST ARK」も、韓国発で、デザインはかなり良く見える。少なくとも、そこには、熱量があるように思った。   スティーブ・ジョブズは、「Stay hungry, Stay foolish」と言ったらしい。サムライ、忍者、フジヤマ、ゲイシャ、それぞれのキャラクターが、熱量を帯びたとき、日本も世界から注目されるのでは、ないだろうかと、そんなことを思った。 ロシア語版LOST ARK  https://www.youtube.com/watch?v=jofglIwHbug&t=1shttps://www.youtube.com/watch?v=jofglIwHbug&t=1s&fbclid=IwAR0GMGjGNnDIfSpGBCKNR_m8hh03ymRzxyGifi1SQ8IQbYr1uq_ycMp82w8 Source
  「美しさとは何だと思う?   美しいから美しいのではない。   醜いから醜いのではない。   立場、身分、名誉、姿形、そして自信すらも、美の本質ではない。   醜くただれていようが、理不尽を前に倒れようが、   立ち上がることすら否定されようが、   睨みつけ、慈しみ、憧れ続ける、    その眼差しこそが、美しさの本質なのだ。   闇に目を凝らすのだ。   誰も見つけたことのない光は、真の闇の中にしかない。」 Source

POLYGONとDocusaurus…

(1)POLYGON 仮想通貨「POLYGON」は、人によっては、怪しいと思われつつも、「自民党NFT」が、「POLYGON」で作られたらしいから、一定の信用は、あるのではないだろうか。個人的には、発行量が多すぎるという「SOLANA」も、低コストのDAPPを作るなら、使い道はあるような気がする。   (2)Docusaurus 仮想通貨「POLYGON」の公式解説ページは、「Docusaurus」で作られていたので、写真の通り、使用してみる。分かりやすい作りになっていると思う。   Docusaurus公式:https://docusaurus.io/   (3)開発大会 POLYGON開発大会の第1位の賞金は5万ドル。賞金総額は、50万ドル。上位10%に入れば、何か貰えるような気がする。 開発大会:https://buidlit.devpost.com/   こんな話も、知らない方にとっては、宇宙人の話だと思うだけれど、使える話題だと思う方も、いるかもしれない。 Source
100ドルを3カ月で1億円にした実録ビデオ。かなり面白い番組だったけれど、「まとめ」動画が公開されていたので、その「まとめ」を、まとめてみる。 ①自分ひとりでは無理だから、②仲間がいるし、③商品の買い手も、④競合も、結局のところ、すべて人間である。要するに、「人の世界」の中で、プレッシャーと痛みに耐えながら目標に向かって歩いた先に、ゴールがある、ということだと思った。 そういえば、ゲームの「原神」の売上が、「1兆円」を超えたらしい。このゲームのキャラクターには、所属属性、攻撃、防御、熟知、スタミナ、好感度というパラメータがあり、チーム編成やキャラ育成の仕方で、勝率が変わる。 時々、ゲーム本来の目的とは別の視点で、このゲームをやってみようかな、という動機ができる・・。 出典: https://www.youtube.com/watch?v=8m5wmHMp9Sk Source
  モバイルアプリで販売しているSTEPNのデジタルスニーカー。1足が約9700円みたいだ。このアプリの第2四半期の利益は168億円とのこと。そう聞くと、ブロックチェーン開発者の報酬15万ドル〜は、安く聞こえるかもしれない。 Source

GROW OR DIE….

  単純な話で、成長の方向に進んでいなければ、消滅の方向へ進んでいるって、ことらしい。   ベクトルの向きを変える一般のビジネスの解決法としては、3通りしかないという。一般的ではない場合、例えば、25%の市場縮小率の場合には、撤退したという事例がでていた。   今日は、4通り目の革新的な解決法を示した「実例」の本を読んでいるのだけれど、かなり面白い。そんな方法、思い浮かぶものだろうか・・・。 Source
  この本の著者は、教授で、ハーバード大学医学部の老化生物学センターで働いている方だけれど、別の方のYoutubeで登場していて、遺伝的に心臓が悪く、何もしないと、短寿命の典型だと話されていた。   そうか、そうだったのか・・・。    彼の発見した最も長寿の食事方法は、 Mediterranean Diet(地中海式ダイエット)であり、基本的には、①魚と、②野菜だけを食べる。トーストを食べるのを止めたそうで、肉も食べないそうだ。医者の利点を生かして、体の指標を測定すると、かなり良くなるらしい。   もしも、同氏が、完全無敵の体だったら、医者にもなっていなかったのかもしれない。   ちなみに、「小柄で、野菜好きの女性」、というのが統計的には、長寿命なのだそうだ。「モデル体型の長身の肉食系女子」よりも、長生きをするということなのだろうね・・。 Source
  それは、今日の読書で思ったこと。Amazonのベゾス氏が、「BOLDであることが重要だ」と、説いています。写真の本は、BOLDという言葉が使われている以外、無関係なのですが、どういう意味でしょうか?   ー--引用ー-- ”「並外れたリターン」は、多くの場合、「従来の知恵」に逆らう賭けから生まれますが、「従来の知恵」は、通常は正しいのです。   もしも、10%の確率で100倍のリターンが得られるのなら、毎回そのベツトをする必要があります。しかし、それでも、あなたは、10回のうち9回は間違っているでしょう。   野球の場合、たくさん三振すれば、ホームランも打ちます。   しかし、野球とビジネスには、決定的な違いがあります。   野球の場合は、上限の打率は4割です。しかしながら、ビジネスでは、たまにプレートに上がると、1000倍のリターンを獲得できます。このロングテールのリターン分布は、BOLDであることが重要な理由です。 ージェフ・ベゾスー” "Outsized returns often come from betting against conventional wisdom, and conventional wisdom is usually right. Given a 10 percent chance of a 100 times payoff, you should take that...
   (1)人口と経済と政治 日本の中で、人口が増加している市は13%。残りの87%の市では、人口が減少している。人口が減れば、消費は減るし、どんな政策を作っても、縮小経済を止めるのは難しいと思う。   男女が合計で10人いて、恋愛ポイントの高い上位40%が、くっついて、4人の子供が増えた場合、世代間では6人の人口減少になる。要するに、この程度では、人口はかなり減ってしまう。    たぶん、人口を増やすには、ドロドロな男女交流を許容したり、そうではない場合は、バイオ的な生産や、家族の在り方も自由にしないと、いけないと思うけれど、そう感じていても、その政策を実行する動機が、政治家にないのかもしれない。   (2)自動化やAI化 人の作業を、機械で置き換えると、単に、人の仕事がなくなるだけになってしまう。   国の発表しているレポートを読むと、少し偏りがあるように思う。幸せな町のゴールのような目標を考えて、そこから論理を組み立てて欲しいとは思う。   選挙との関係でいうと、「選挙に選ばれる能力」と、「幸せな町を作る能力」とは、直接的な関係は、無いように思えた。 Source
- Advertisement -

LATEST NEWS

MUST READ