Bitcoin送金サービスの起業入門 – TechCrunch

0
181

4300億ドルとBitcoin。 〜世界の送金手数料〜

世界では、4300億ドルの金額が動いているらしい。手数料を3%だとすると、130億ドルの手数料。bitcoinのアプリに広告モデルを入れると、この手数料をゼロにしても、50億円ぐらいのビジネスは成立するわけだけれど、既存の業界を破壊する巨大なマーケットでもある。知識があれば、5人ぐらいでもシステムはできると思うけれど、フィリピンでも、この分野に注目している人がいるらしい。最大手だと、Googleが出資したRippleが注目されるけれど、予想通り、売り出し価格よりも低下しているようだ。もう少し値段が下がったら、1000円ぐらい買ってみようかな。^__^ノ

Bitcoin送金サービスの起業入門 – TechCrunch

[筆者: Luis Buenaventura] 編集者注記: Luis Buenaventuraは、bitcoinの送金サービスを行っているRebit.phのファウンダでプロダクト担当。同社のオーナー企業はフィリピンのSatoshi Citadel Industriesだ。 国際的な送金業務の扱い額の総額は年間4300億ドルと言われているが、bitcoinがこの産業に与える影…


Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here