AI とLaw firms…

0
325

世界的に、法律事務所におけるAIの導入は、進んでいるのだろうか? CITY バンクが業界のレポートを発表したようなので、読んでみる。

業界でも、イノベーション、効率性、収益性が重視され、事業開発と人工知能に投資をするという結果がでている。将来は、事業モデルを変更する必要があると読んでいるところが多く、そのために始める小さなオプション事業もあるのではないだろうか。

近い将来、M&Aは、過去数年間に発生したのと同じ割合で継続すると見込まれている。どうして合併するのかと言えば、少なくとも一部には利益があるからのようで、反対者も当然いるんだろうね。

その他、気になったキーワードは、以下の通り。

(1)景気後退のリスクに対する守りと革新
 ・不動産コストの削減
 ・会議の場所の変更
 ・クリエイティブな価格設定
(2)雇用
 ・レインメーカー
 ・低コスト
 ・パートタイム
(3)代替業者
・低コストサービスプロバイダーの成長。
・eDiscovery
・訴訟サポート
・自動デューデリジェンス
・プロジェクト管理
・技術ソリューション
・オンライン購読サービス
(4)ビッグフォーの会計事務所の仕事
・比較的ニッチな法的サービス
・移民、労働、サイバーセキュリティ。
(5)世界
・イギリスではBrexit関連のアドバイザリー作業のブーム。
・ドイツでは、不況が発生する可能性がある。
・シンガポールは、重要なグローバルハブ。
・中国は拡大に慎重。
(6)グローバル・ローカル
・国境を越えた法的ニーズ
・地理的フットプリントの拡張
・新しいサービス
・レガシープラクティスの収益性の改善

情報元:
https://www.privatebank.citibank.com/…/2020-Citi-Hildebrand…


Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here