2035 年、その時デベロッパーはどう生きるか (AWS Summit Tokyo 2015 | Key-03)

0
289


税理士のいない国。

AWS Summit Tokyoの資料が公開されたようだ。ビデオ内の大前研一さんの話も、大部分は知っていることが多いけれど、利害の無い国、エストニアでは自動会計処理が進み、税理士は存在しないというのは、知らなかったな・・・。ビジネスとしての注目の地域は、台湾だそうだ。

まあ、話の中で、大前さんはコードを書くことは重要視していないようだけれども、マネジメントは必要だとしても、Supercellが、5人の開発者のみで、5000億円を2年間で作ったことを考えると、私はコードが書けることは、とても重要だと思うね・・。まあ、その意味するところは、株式企業制度の終焉かもしれないけどね。。^_^;




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here