金商法第2条第2項第6号について考える。…

0
40

 
合法な外国でオンラインカジノの登記をして、仮想通貨(ブロックチェーン)で開発資金を調達し、カジノのオープン後に、出資金を15倍程度にして返却したら、日本では、合法なの? 
 
イギリスの株式市場で上場していた会社(Ganapati)が、日本の証券取引等監視委員会から、金融商品取引法の2種免許がないので、違法だと通知を受けたらしい。
 
単なるオンラインのスロットゲームといえど、126億5600万円も集めたので、2種免許ぐらいとれそうなものだけど、なにせカジノなので、金融庁が2種免許をくれるとかどうかは、怪しいと判断したのか、同社は、イギリスの株式市場で、上場を取り下げたらしい。
 
もちろん、上場をやめたからと言って、会社が無くなったわけではなく、普通にカジノ事業をしようと、しているようだ。スロットマシン自体は、今でも遊べる。
 
ここで、会社が126億円を集めたということは、株式市場などをあわせて、2000億円ぐらいは見込んでいたのだろう。
 
ただ、スロットマシンのソフトウエア自体は、UNITYのアセットストアで、買うと、わずか、79ドルで手に入る。ゼロから開発したら、例えば、1年間ぐらいかかり、7万9千ドルかかったとすると、開発コストに「1000倍」の差がでる。知っているか、知らないかで、こんなに違う。
 
スロットマシンのオンラインゲームで遊びながら、元手79ドルから、2000億円にするストーリーを描ける人はいるのだなと、感心した。すごい人が、いるものだ・・。
  
 
UNITY アセット:https://assetstore.unity.com/…/temp…/slots-perfect-kit-45011




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here