英語と中国語と日本語。中国語版の英語の教科書を読んでみる。…

0
32

日本の教科書だと、

“She is a teacher”

とあれば、

「彼女は先生です」

という日本語の訳文が書いてあるはずである。

ここで、冠詞”a”が問題となる。

一般に、”a”は、”形のある1つのもの”を表している。そうすると、上記の日本語の訳文には、”a”に関する情報が欠落していることになる。

一方、中国語から見た英語の教科書では、上記の文の訳文として、

「她是一個老師」 ta shi yi ge laoshi

と書いてある。「一個」という文字が、”a”の訳文として、記載されている。中国語の方が、日本語よりも、英語に対する類似性が高いせいか、教科書でも、”a”を訳している。

日本の英語の教科書が、昔に比べて、変化しているかどうかは、知らないのだけれど、両者を比較すると、”a”の情報の欠落がない分だけ、中国語の教科書の方が良い気がする。

台湾で開催された翻訳ソフト開発のオープンミーティングには、100人以上が訪れた。日本だと、ほとんどやってこないと思う。技術的には、ディープラーニングの集会である。言語的親和性や、先端技術に対する情熱などを考えると、日本はもう少し頑張らないと、追いつけないかもしれない。


Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA