臥虎蔵龍。…

0
34

 
大学教授をしていた著者は、教授をやめて私立探偵になることにしたらしい。
 
私の好きな実話「Banker to Baker」(銀行員からパン屋へ)の場合は、銀行員よりもパン屋の方が、実はいいと気づいた話だった。
 
この探偵物語の話は、著者が、大学教授をしていて、台北市内の臥龍街が舞台というところまでは、実話で、あとは小説なのだと思う。
 
後書きによれば、臥龍街は「臥虎蔵龍」という言葉と、関係あるらしい。この言葉は、隠れた才能も意味する。表舞台ではなく、目には見えないけれど、そこには虎と龍が、眠っているということなんだろうね。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here