肥満の若者ほどワクチンを注射するべき理由。…

0
35

 
論文を読む。ブラジルの監視システムに登録されたワクチン未接種の1,120,767人を対象に調査が行われた。肥満(BMIが25 kg / m 2以上)、心血管疾患(CVD)、糖尿病がある、20〜89歳の入院COVID-19患者313,898人を選別すると、ある傾向が分かった。
 
集中治療室(ICU)に入るのは、肥満であり、かつ、若者(20歳~39歳)が多いらしい。20歳よりも若い人のデータはなかった。
  
肥満、CVD、糖尿病に共通する条件は、血管内にコレステロールなどが付着していることだろう。この場合、血栓ができたら、詰まりやすいだろうが、これだけでは、年齢が若い方が、重症化しやすいという説明にはならない。なんとなく、生命活動が活発なことが、原因になっているように思える。
 
ともあれ、年齢にかかわらず、体重を減らして、血管をキレイにすれば、重症化する確率は、減るように思えた。
 
出典: 2021年8月19日 論文
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3907834




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here