第三の男(1949年)…

0
135
1949年の映画「第三の男」を見てみる。作家の友人「ハリー」が、ウイーンで殺された。
殺された場所は、どこだろうか?
気になる・・。映画の中で、「皇帝ヨゼフの銅像まで運んだ」というセリフが入る。このセリフを頼りに、調べてみると、ハリーが殺された場所が判明した。建物の名前は、「Palais Pallavicini」という宮殿で、外観は、当時のままだった。映画のシーンと同じシーンを、Google Street Viewで探すのだが、結構、面白い。
映画の撮影は、この建物の周囲で行われており、映画の中のコーヒーショップは、スターバックスに変わったみたいだが、そのほかは、当時と同じ名前の店が、今でも建っている。
ただ、映画の中の建物は、あちこちで半壊している。トリックを使っているのでなければ、戦争後間もない映画なので、焼野原とは言わないまでも、本当に半壊していたのだろう。こんな中で、よく映画を撮影したものだと、ちょっとした気合が感じられた・・。
(1)第三の男

もっと見る

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here