特許の判例を読んでみる@判例読書…

0
35

特許の判例を読んでみる@判例読
 
タックスヘブンの地域にある会社が、大手企業の製品を特許侵害で訴えた判例を読んでみる。「差止請求」ではなく、特許権侵害に対する「損害賠償金」の支払いを求める事案である。「革新的な発明」でも、「ちょっとした発明」でも、進歩性等の要件を満たせば、保護されるが、「ちょっとした発明」の場合、どの程度、保護するべきか? 権利者と侵害者のどちらを勝たせると、衡平なのか?
 
判例を読んでいると、たぶん、そんな感じで結論を決めて、そのための論理が作られている気がする。世の中では、個別事案の論理が、射程を超えて、一人歩きすることもある。
 
大手企業に損害賠償金を求めたタックスヘブン地域の原告は、勝ったのか、それとも、負けたのか?
  
結論は書かなくてもわかるかもしれないが、それでも原告を勝たせるには、どうしたら良かったのか? 少し違う切り口で、考えてみる。



Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA