演劇ビジネス。 〜KITメディア講義メモ〜…

0
219

演劇ビジネス。 〜KITメディア講義メモ〜

演劇というと、日本にも幾つかの団体があって、昔は、小金井市の「こがねいキャラバン」なんて劇団があった。家族的な雰囲気で良かったのだけれど、確か、一度、破産したはずである。

さて、今日は、グローバルな演劇ビジネスのキーファクターなどについて、アメリカからテレビ会議を通じてしてもらった。優しい表情から話す柔らかい言葉の中に、演劇ビジネスを立ち上げた苦労も見えるかもしれない。プロデューサの仕事は大変なのだ。

そして、アメリカで10年も続くロングランの作品の場合、一人のプロデューサの稼いだ額で買えるのは、たかだか大きな家が2つ程度、である。まあ、1つの家の大きさは、新宿の高層ビル程度だけども・・・(笑)。

これら2つの事例、何が原因で結果が変わったのか?そんなことを考えたりした。いろいろあると思うけれど、近くを見ることは当然だとしても、最近は、その眼がどこまで遠くを見ているか、とか、その人のもつ哲学ではないかと、感じることあるのだけれど、どうだろう・・。^_^ノ



Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here