株価と特許とイノベーション。…

0
194


先日、特許の発表で株価が上がるというニュースが流れたので、このような観点から、考えてみました。「特許の価値なんて一般人が正確に分かるわけではないのだから、株価との相関なんて、おかしい話だ!!」とも言えます。

しかし、イノベーティブな発明が発表され、知財保護されているという理由で、一般人も評価をしているとしたら、株価にも影響するでしょう。また、パイオニア的発明の公報が、後日、特許の審査で引用される傾向にあるとしたら、1つの推論が成立するのです。

「株価に影響を与える特許出願は、審査で引用されることが多い・・カモ」

それで、昨年、実際に計算をした方がいました。なんとなく、関係はありそうなのです。

イノベーションが無くなると、社会発展は停滞するわけですが、価値あるイノベーションかどうかは、将来、開発者が増加しそうなマーケットにおいて、少なくとも先駆的に特許出願網を作ったかどうか、とも言えそうだと思いました。

出展:
「Kogan, Leonid, Dimitris Papanikolaou, Amit Seru, and Noah Stoffman. "Technological innovation, resource allocation, and growth." The Quarterly Journal of Economics 132, no.2 (2017): 665-712. 」




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here