東京商工リサーチの倒産データをみてみる。…

0
291

東京商工リサーチの倒産データをみてみる。

 クールビズが始まって、今年も、いくつかのネクタイ販売店が、姿を消した。近年だと、ネット配信や、Amazonの登場で、出版社、書店、小売店が、継続的に消えていく。

 先月末だと、割と大きな金額の倒産は、日本海洋掘削さん(904億円)ですが、手続は、知財では名前が知られた阿部・井窪・片山法律事務所(中央区八重洲)でやっているらしい。

 革命的なイノベーションの波に乗れば、よく時代を読み切ったと言えるのだろうけど、変化に対する反応速度を上げるには、どうしたら良いのだろうね・・。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here