日本語の研究…

0
32

 
日本人なのに、日本語について調べてみることにした。国立国語研究所(NINJAL)のホームページには、各種の情報が掲載されていて、少し面白い。それにしても、「国立国語研究所」の略語が、「忍者」とは、偶然にしては、出来すぎている。
 
は、マイナーな分野らしく、Youtubeでの再生回数は400回に満たないが、そろそろ流行る(?)かもしれない。国立国語研究所のサイトには、現代から古典に至るまで、いろんなデータがある。例えば、「シェークスピア」という表現も、これは現代の読みらしく、古典に遡ると、いろいろな表現があることがわかる。
 
知っているはずの現代の日本語、知らないことが多い古典文学、深いレベルで掘り下げると、知らない宝物が埋まっていそうな気がした。
 
公式Youtubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/NINJAL-kokugoken/featured




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here