成功と失敗が生じる組み合わせ…

0
44

(1)売れる商品
「市場に適合した商品」(Product Market Fit)というPDF本を、読んでみた感想を書きます。著者のMarc Lowell Andreessen氏は、世界的に有名なベンチャーキャピタルの創業者として知られています。

(2)売れる条件
「バカ売れする商品」と、「全然売れない商品」があります。その違いは、何でしょうか? 市場、製品、人という3つのパラメータを考えると、①良い市場に、②良い製品を、投入すれば、売れるようなのですが、③チーム(人)に関しては、少し違うことがあるようです。
 
人の場合は、基軸の取り方によって、見え方が違うように思います。判断基準によって、答えが違う例は、以下のようなもの。
 
・「リンゴ」と「柿」は、どちらが美味しいか?
・「マヨネーズ」と組み合わせるなら、「ウナギ」と「キュウリ」は、どちらが美味しいか?
・「レッドオーシャン」で生き残れる能力は、「カメ」と「サメ」のどちらが高いか?
 
本によると、「機会に対する適合性」を判断基軸として、松竹梅のようにランクを付けたとしても、意外と、最高と思われたチームが、うまくいかない事例が多いようなのです。
 
これは意味深な事例で、本によると「過去の成功体験」が邪魔をすることがあるらしいのです。
 
この点を深く考察すると、2つの結論がでてくるように思います。
 
1:ブルーオーシャンで、良い製品を販売する場合、普通の人や弱いチームでも、良く売れる。できれば、これを目指す。
2:厳しい市場の場合は、業火に焼かれても蘇る不死鳥のような能力が必要。
 
(3)PDF本の入手
本の内容は、以下のリンクで、無料公開されています。何の制限もなく、普通に読めます。

https://a16z.com/wp-content/uploads/2021/08/The-pmarca-Blog-Archives.pdf




Source