幸福とは、闇の中で感じる光のこと。…

0
32

 
私は、何万年か前、地球を訪れたとき、最強のバイオモンスターを作ろうと思った。そこで、サルに、アリの遺伝子を組み込んだ実験をして完成したのが、現在の人間である。面白いことに、人間は、武器を片手に、行進をはじめた。多くの土地に、拡散しながら、異なる種類の人間の攻撃を始めた。そのアリ的な行動の痕跡は、今でもある・・。
 
人間は、地中に穴を掘ることが、かなり好きであるが、モグラのような両手を持っていない。アリの遺伝子は、精神に組み込まれたけれど、両手は変化しなかったのだ。
 
その人間に、自由に穴が掘れる「ゲーム」を与えると、どんどん穴を掘り、掘った土を積み上げて、アリ塚のような棲家を作り始める。地中から、いろんな物を集めてきて、棲家に持ち帰る。これは、「マインクラフト」の世界そのもので、全世界で2億本以上売れたのもうなずける。
 
小さなアリは、地中深くの闇の中で、光を見つけることがある。深い闇の中ほど、小さな光が、美しくみえるものだと思う。
 
写真は、2次元マインクラフトと称される「Terraria」。半額セールの450円で買ったもの。




Source