実験医学:細胞老化の真機能〜加齢性疾患に対する新たな治療戦略を狙え

0
162

玉ねぎ+チロシンキナーゼ阻害剤

羊土社から、新刊の発行案内が届く。老化細胞を除去する薬の研究が行われているが、ケルセチン(玉ねぎ)とダサニチブ(チロシンキナーゼ阻害剤:抗がん)を同時にとると、老化細胞が除去されるらしい。抗がんの研究は、長寿の研究と同じ。チロシンキナーゼ阻害剤って、一般には手に入らないのだろうか・・。

実験医学:細胞老化の真機能〜加齢性疾患に対する新たな治療戦略を狙え

老化細胞の生理機能や臓器の老化に与える影響が明らかとなってきました.メカニズムの理解から,がんや動脈硬化などの加齢性疾患に対して老化細胞を標的とする新たな治療法創出の現状を紹介します.

Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA