宇宙を手中に。…

0
195

ハハハハハハハハ・・・これでニュートリノを捕まえるぞ!

・・・・・・。

さて、「東京大学・宇宙線研究所」で作られているという謎の商品。300ピースのジグソーパズルが、手元に届きました。東京大学の生協で売っているらしいのですが、電車でいくのは面倒なので、Amazonでポチりました。

このスーパーカミオカンデは、どうみてもマニア向けの商品で、販売数が少ないせいか、小さいのに4000円もします。

Amazonによると、このカミオカンデのジグソーパズルを買う人は、ホワイトパズル(絵柄の全く無い白色のジグソーパズル)も、一緒に購入することが多いようなのです。

こんなパズル、完成するのか?

ちょっと考えてみます。

30×10=300ピースのジグソーパズルがあって、1つのピースの周囲に8つのピースが位置して、9個の正解の組み合わせを作るとするとします。端っこのピースも、直線部分は無いとします。10秒ごとに組み合わせが正しいかを試すとします。

この場合、300個から9個を選ぶ組み合わせは、たぶん、10の16乗もあるようです(間違ってたらごめんなさい)。だから、ジグソーパズルの切り方によっては、一生かかっても終わらないパズルになりそうなんです。


Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here