国際経済学を読む@不況の最中に何が会社を生き返らせ、繁栄に導いたのか? 軽く読書。…

0
96


 
「多くの人々は飛行機の利用を止めていた。経済が深刻な不振に落ち込んでいくなかで、飛行機は誘導路にからっぽのまま放置され、航空会社は何十億ドルもの損失を出した。
 
・・いくつかの大きな航空会社が倒産に瀕して10万人もの労働者を休職させたとき、下院は150億ドルの包括的救援法案を通過させ、これが航空機産業の安定化に決定的な役割をはたすことになった。
 
・・・創業後ちょうど4年、Priceline.comは倒産の危機にさらされていた。Priceline.comはいったいとうして、旅行産業にそんな革命的なことができたのか、恐ろしい不況の最中に何が会社を生き返らせ、繁栄に導いたのだろうか?」

答え
① 自社と顧客の利益のために使える機会を探しあてた。自社を含めすべての関係者の利益になることをした。
② 新参の会社から市場への挑戦を受けたときも、地に足をつけて俊敏に行動した。まだきわめて小規模だったヨーロッパに、ビジネス資源を積極的に移していった。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here