図夢歌舞伎「弥次喜多」…

0
67

「家族商店」というコンビニを舞台としたお笑い時代劇。新型疫病が大流行した時代、この世とあの世が繋がっているコンビニで、世界が変わろうとしているときのお話らしい。「図夢(Zoom)歌舞伎」というタイトルで、時代のトレンドを追求した作品にみえる。レンタル料金は、1900円なので、ネット社会としては高額設定だけれど、ちょっと見てみたい・・・。「1900円でも、ちょっと見てみたい」と思う自分の感情を分析して、キーワードにすると、以下のような要素群になった。
  
======キーワード======
① あるある的な著名性:弥次・喜多、ファミリーマート
② 文学作品にみる流行テーマ:第155回芥川賞受賞作「コンビニ人間」
③ 世界映画と競争しないための独自性:時代劇風の演劇
④ 時代のトレンド:コロナウイルス、世界の構造転換
⑤ 現代風の普遍テーマ:あの世とこの世(異世界)、秘密
=================
 
映画リンク:https://amzn.to/35498fr
 
これは、メモを取りながら、見てみたい作品かもしれない・・。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here