医学の人工知能化…

0
28

 
その昔、スキーで転んで、近くの病院に行って、レントゲン写真を撮ったら、「折れていないから平気だよ」と言われた。後日、何だか痛いので、銀座の病院に行くと、何の検査もしないで、「折れてますよ」と言われた。実際、レントゲン写真を撮ると、折れていた。
 
診断には、属人性があって、医師が間違うことは、それなりにある。本屋に行くと、間違った処方箋を、指摘する本も出ていて、読んでみたけれど、結構、面白い。
 
骨折の判定について、再考してみる。医学書のコーナーに行くと、画像を見たときの診断の仕方の本などが並んでいる。画像診断は、人工知能の方が、人間よりも得意だし、結局、入力情報に対する判断解析という意味では、コンピュータの方が優れると思う。
 
だから、国民医療の充実という意味では、国が医療データーベースと人工知能化を進めた方がいいはずだけれど、かなりの利害対立が、あるのだろう。世の中が、良い方に変わりにくい理由は、そんなことにあると思った。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here