動画を見る

0
251


手動式の算盤。

算盤を思い浮かべると、1つのラインに「5」と「1〜4」の「珠」がついている。片手の親指を数字の「5」、人差し指から小指までの4本を「1〜4」までに割り当てると、算盤と同じという理屈。左手(十の位)と、右手(一の位)で、2桁の算盤の完成ということらしい。例えば、親指と、人差し指と、中指を立てると、数字の「7」になる。この技術は、韓国で発達したようだけど、知らなかった・・。ちょっとやってみたい。^_^ノ




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here