シンガポール・テマセク投資会社

0
44


台北にTTA(台湾技術アリーナ)というところがある。松山空港から徒歩10分ぐらいだろうか。時間が間に合ったら、行こうと思っっていたのだけれど、間に合わなかった。録画があったので、見てみることにした。テマセクは、シンガポール政府が所有する投資会社だそうだが、その話が面白かった。気に行った点を、軽く書いてみた。

(1)意思決定
今現在の損得で決定してはいけない。死ぬ間際に後悔しないように決めること。

(2)アイデアよりも大切なこと
①アイデアを実現すること。
②マーケットに広めること。
③ポジショニングを確立すること。

(3)斬新なグラフの切り口から分かること�・地球上に存在する哺乳類の割合。人間36%、家畜60%、野生動物4%。
・人工知能の第1位の人気開発分野は、ヘルスケア。
・ネット上の情報のテキストマイニングの解析によると、「ビッグデータ」は飽和気味だが、A.I.は急増している。

(4)Brainwash Dataとは?
サンフランシスコにある喫茶店(Brainwash)で盗撮された顧客の顔や動きのデータ。A.I.用の学習データのソースとして用いられたが、最も利用したのは、中国。

(5)特許と革命的な量子コンピュータ
72量子ビット、128量子ビットの演算が可能となってくると、演算速度がスカイロケット的に増加すると考えられている。この分野のNo.1は中国で、492件の米国特許出願がある。日本はわずか30件に過ぎない。韓国は45件である。特許出願の数が全てでは無いが、量子コンピュータなどの先端技術への取り組みに関しては、日本は消極的なようである。

(6)10億人を超えて指数関数的に増加するものでないといけない。

(7)技術、ファイナンス、心が大切である。特に、心が折れて挫けそうになることがあるとき、折れない心をもつべきである。


Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA