出会い系のアプリ(Tinder)の特許は、米国で保護されるのか? – DNA-ML

0
274

Tinderというと、時価総額1000億円~の出会い系アプリとして有名である。

好みの人が出てくるまで、写真を「スワイプ」して、気に入ったら〇をつけて、コンタクトを試みるという感じのアプリである。

このアプリは、特許で保護されるのか?

米国では、ソフトウエアの発明性を否定する「Alice事件」という有名な知財判例がある。

この判例を根拠として、多くのソフトウエアに関する特許が、拒絶されてきたが、2018年12月18日、写真をスワイプする発明は、保護してもいいのだという判決が、テキサス西部の米国連邦地方裁判所からでたようだ。

時価総額が1000億円もあれば、保護したいというのが、人情ではないだろうか。

Alice事件の判例に従えば、アプリの保護は難しく、Tinder事件を読むと、そこにはアプリ保護のヒントがあるのかもしれない。

実務は、思っているよりも、難しいものだ。

~~~~~~~以下、判決の機械翻訳文です~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年12月1日

アメリカ合衆国地区裁判所

テキサス州西部地区向け

ワコ事業部

MATCH GROUP、LLC、(原告)VS BUMBLE TRADING INC。(被告)

市民番号 6:18-CV-00080-ADA

被告BUMBLE TRADING INC。の
MATCH GROUP、LLCの最初の修正された苦情を却下する動議を拒否する命令

Match Group、LLC(「Match」)は、2018年3月16日にBumble Trading Inc.(「Bumble」)に対してこの特許侵害訴訟を提起しました。Compi。、Docket No.1。苦情はBumbleが米国特許No. 9,959,023を侵害したと主張しています。 (「023特許」)および9,733,811(「811特許」)。2018年9月27日に、バンブルはこの申し立てを提出し、FRBによる原告の苦情を棄却しました。R. Civ。P. 12(b)(6)(「モーション」)。整理番号23。この申し立ては、特許出願が35 USC§101の下で特許不適格であるため、特許請求を却下しようとしています。なぜなら、マッチメイキングと特定のカードをスタックから選ぶという抽象的な概念に関するものだからです。マッチは2018年10月11日に回答を提出しました。ドケット第30号。バンブルは2018年10月18日に回答を提出しました。ドケット第31号。両締約国は補足説明を提出しました。2018年11月5日に公聴会が開催され、問題は提出されました。下記の理由により、裁判所は被告の申立を否定します。

I.背景
A.
Matchが所有するモバイルおよびWebベースのオンラインデートアプリケーションであるParties Tinderは、非常に人気のあるアプリケーションになりました。Tinderは2012年にリリースされ、人々がインターネットを使用してお互いに会うための新しい方法を導入しました。Tinderを使用すると、右にスワイプして一致する可能性がある「いいね」をユーザーが独自に許可します。ユーザーには、写真形式の情報と短い伝記が提供されます。Tinderは、二重盲検相互オプトインシステム
を利用します。これは、ドラッグ可能なカードベースの特定のユーザーインターフェイスで実行されます。Tinderアプリケーションがオンラインデートの世界に革命をもたらし、文化的現象を生み出したという主張を、おそらく正しく主張してください。

バンブルは3人の元マッチエグゼクティブによって設立されました。それは、デートや職業上の関係を探している人々がそれらの目標を達成するのに役立つ、ロケーションベースのソーシャルおよびデートアプリです。

B.テクノロジーの概要
2007年12月、Match.comは、前述のアイデアに関する暫定的な申請を提出し、2つの主要なイノベーションを開示しました。(1)ソーシャルネットワークからシステムへの情報のインポート。サービス; (2)さまざまな考慮事項に基づいてユーザーの「スコア」を計算し、それらのスコアを考慮して検索結果を改善します。Pl’s Resp。を参照してください。例 D、2007年暫定、32:23-25; 39:30-40:4。2007アプリケーション
他の改善点も開示しました。ユーザーに関する「ポジティブ」および「ネガティブ」な「嗜好」を受け取り、検索結果を表示するときにそれらの「嗜好」を考慮に入れることについて説明しました。Id。36:10-25(一致結果エンティティがユーザーの好みを表明しているかどうかを考慮したアルゴリズムの記述); id。37:13-18(ユーザーが否定的な選好を表明したエンティティの削除について説明)。この出願は最終的に米国特許第
8,566,327 号になりました(この場合は主張されていません)。

TinderはMatchと提携しています。Tinderアプリは暫定アプリケーションの革新を使用しました。Match.comとTinderは関連会社であったため、MatchはTinderの革新をMatch.comアプリケーションの一部継続(「CIP」)として訴追しました。CIPの主張には2007年の出願からの革新が含まれていますが、Matchは主張が新しい資料に向けられていると主張しています。X2Y Attenuators、LLC v。Int’l Trade Comm’n、757 F.3d 1358、1366(Fed。Cir.2014)を参照してください(「{S] CIPアプリケーションの主題は必然的に異なります…)。仕様のCIP部分は、2つの関連する方法で先行技術のマッチメイキングシステムを改善することに焦点を当てています。(2)特定のジェスチャーによって部分的に特徴付けられるカードベースのインターフェース、

当然のことながら、Matchのよく知られた製品の動作方法を考えると、 ‘811および’ 023特許のクレームはすべて、ドラッグまたはスワイプジェスチャの使用に関連しています。’811特許のクレームはすべて、2人のユーザーが相互に肯定的な選好を表明しない限り、システムがユーザー間の「コミュニケーションを妨げる」ことを要求しています。’811特許は2017年8月15日に発行されました。’023特許は2018年5月1日に発行されました。両方の特許の審査中、特許庁は2014年の最高裁判所のアリスの決定とその決定を解釈する連邦巡回裁判所の判例法の重要な団体。’023特許は、発行前に主題の適格性の拒絶を明示的に克服しました。

II。却下する運動
「811と」023特許は、特許不適格主題に向けられているので却下するA.バンブルのモーションを

特許侵害訴訟の訴えを規定する連邦民事訴訟規則の規則8(a)は、クレームには「訴追者が救済を受ける権利があることを示すクレームの短くて明白な声明」を含まなければならないと規定している。R. Civ。P. 12(b)(6)、「救済が認められる請求の記載の不履行」について苦情を却下することができます。却下の申し立てを生き残るためには、苦情は「 Bell Atlantic Corp. v。Twombly、550 US 544、570(2007)。原告が事実に基づいた内容を訴える場合、裁判所は被告人が疑わしい不正行為の責任を負うという合理的な推論を引き出すことができると主張が顔のもっともらしい。Id。at556。妥当性基準は「確率要件」とは異なり、」しかし、それは被告が不法に行動したという単なる可能性以上のものを求めている。Id。苦情が被告の責任と一致する事実を認める場合、それは「可能性と「救済を受ける権利」の妥当性の間の境界線で止まります。同上。557で。

Iqbalは、却下の申し立てに適用される基準の根底にある「[2]作業原則」を特定します。Ashcroft v。Iqbal、556 US 662、678(2009)。第一に、「裁判所が苦情に含まれるすべての申し立てを真実として受け入れなければならないという教義は、法的結論には適用されません。単なる結論的な声明に裏付けられた、行動の原因の要素のスレッド・リサイタルは十分ではありません。」Id 「第二に、救済のもっともらしい主張を述べる苦情のみが、却下の申し立てを生き延びます。」Id at [679]「[十分に立証された]事実が、不正行為の単なる可能性以上に裁判所に推論させることを許可しない場合、訴状は主張しているが、弁護人が救済を受ける権利を「示していない」。」 Id。(FED。R. Civ。P. 8(a)(2)を引用)。

「セクション101は、特許法に基づいて特許を取得できる主題を定義しています。」Bilski v。Kappos、561 US 593、601(2010)。セクション101では、「新規で有用なプロセス、機械、製造、または物質の組成、またはその新規で有用な改良を発明または発見した人は誰でも、このタイトルの条件と要件に従って特許を取得することができます。」35 USC§101。「第101条は、特許保護の対象となる発明または発見の4つの独立したカテゴリー、プロセス、機械、製造、および組成物を指定しています。」Bilski、561 US at 601。「{i] nそのような拡張用語を選択します。。。最高裁判所は、セクション101の3つの例外を特定しました。

「自然の法則、物理現象、抽象的アイデア」。Diamondv。Chakrabarty、447 US 303、308-09(1980)。これらの例外は法定テキストでは必要ではありませんが、特定の発見は「すべての男性の知識の貯蔵庫の一部」であり、「すべての男性に無料で、誰にも独占的に限定されない」という考えと一致します。FunkBros. Seed Co. v。Kalo Inoculant Co.、333 US 127、130(1948)。これらの原則と一致するのは、「この排他的原則を推進する懸念は、横取りの1つである」ということです。AliceCorp. Pty。Ltd. v。CLS Bank Int’l、573 US 208、216(2014)(引用省略) )。その結果、最高裁判所は、「[i]そのような発見からの発明があるためには、自然法則を新しい有用な目的に適用することから来なければならない」と要求した。ファンクブラザーズ、333 US at 130 。これらの規則は、製品とプロセスのクレームに等しく適用されます。ゴットシャルク対ベンソン、409 US 63、67-68(1972)。

§101の広範な言語にもかかわらず、「自然の法則、自然現象、および抽象的な概念は特許性がありません。」Mayo Collaborative Servs。v。Prometheus Labs。、Inc.、556 US 66、70(2012)(引用は省略)。抽象的概念の例外には、精神プロセスと情報分析の従来の方法、「[商取引システムで長い間普及している初歩的な経済慣行]」、「長年の商慣行」、「人間の活動を組織化する方法アリス、573 US at 219; Cyber​​Source Corp. v。Retail Decisions、Inc.、654 F.3d 1366、1371(Fed。Cir。2011); FairwarningiP、LLCv。IatricSys。、Inc.、839 F.3d 1089、1097(Fed。Cir。2016)。

最高裁判所は、「自然の法則、自然現象、および抽象的概念を主張する特許と、これらの概念の特許適格な適用を主張する特許」を区別するために、2部テストを開発しました。問題の特許が「特許不適格な概念に向けられている」かどうかを決定します。Id。アリスステップ1の下で、裁判所は、問題のクレームが司法上の例外に向けられているかどうかを尋ねます。これは、コンピューターで実装された発明の場合、抽象的なアイデアの例外に関係しています。特許がそのように指示されている場合、裁判所はステップ2に進み、「各クレームの要素を個別に、および「順序付けられた組み合わせとして」検討して、追加要素が「クレームの性質を特許」に変換するかどうかを判断する必要があります-適格なアプリケーション。」Id (メイヨーを引用、

2番目のステップは、「発明の概念、つまり、実際の特許が不適格な概念自体の特許よりも大幅に多いことを保証するのに十分な要素または要素の組み合わせの検索」として説明されています。(引用は省略)。

2つのステップは関連しており、多くの場合、クレームの内容の重複する精査が含まれます。最初のステップはクレームの「焦点」、その「全体としての特徴」、および2番目のステップ(到達した場合)主張されたクレーム要素が具体的に追加するもの、正確には、クレームが向けられた不適格事項の適用において要素が「発明概念」を特定するかどうか。Elecを参照してください。Power Grp。、LLC v。Aistom SA、830 F.3d 1350、1353(Fed。Cir。2016)(引用EnjIsh、LLC v.Microsoft Corp.、822 F.3d 1327、1335-36(Fed。Cir。2016) ))。

アリスは、これらの原則の適切な適用に関する最新の声明です。アリスは、Mayo Collaborative Servsで最初に採用されたセクション101の問題を解決するための2段階アプローチを拡張しました。v。Prometheus Labs。、Inc.、566 US 66、77(2012)。最初のステップでは、裁判所は「争点のクレームがこれらの特許不適格概念のいずれかに向けられているかどうかを判断する」必要があります。アリス、573 US 217、217(メイヨー、566 US、77を引用)。クレームが不適格な概念に向けられていない場合、調査は終了し、クレームは適格です。Enjish、LLC、822 F.3d at 1339。

この基準が満たされている場合、2番目のステップで、裁判所は「[w]私たちの前のクレームに他に何かありますか?」と尋ねる必要があります。追加要素が「クレームの性質を特許適格出願に変換するかどうか」を決定するための「順序付けられた組み合わせとして」。(メイヨー引用、566 US at 78-79)。この2番目のステップを適用する際、裁判所は「「発明の概念」、すなわち、実際の特許が[対象外の特許を大幅に上回ることを保証するのに十分な要素または要素の組み合わせ]を検索する必要があります。コンセプト]自体。」Id。(メイヨー引用、566 US at 72-73)。

上記の事例に加えて、連邦巡回区は、抽象的な概念に向けられていないため、35 USC§101に基づくソフトウェア関連発明の特許権を主張する判決を多数出しました。これらのケースは、ソフトウェアベースのイノベーションが「コンピューター技術の非抽象的改善」を可能にし、アリス分析の最初のステップで特許に適格な主題とみなされることを確認する、Enjishを含む増え続けるケースと一致しています。連邦巡回控訴裁判所は、ユーザーインターフェイスの具体的な改善が、特許適格なコンピューターの改善を列挙していることを繰り返し確認しています。特許の発明者は、「メニュー」または要約、アプリケーション、アプリケーションの起動、データ、またはデータの要約を発明しなかったことを認めています。

コンピューターを「単なるツールとして」呼び出す「抽象的なアイデア」ではなく、コンピューターデバイスの改善に関するクレームは、特許の対象となります。Core Wireless Licensing SARL v。LG Elecs。、Inc.、880 F.3d 1356、1362(Fed。Cir。2018)。Core Wireless Licensing SARLにおいて、連邦巡回控訴裁判所は、「以前のシステムに比べて特定の改善が認められ、電子機器のユーザーインターフェースが改善された」ため、35 USC§101でユーザーインターフェースクレームが特許適格であると判断しました。880F.3d at 1363コアワイヤレスライセンスSARLでは、クレームされた発明は、各アプリケーションのアプリケーションサマリを起動していない状態でメインメニューに表示するモバイルデバイス用のグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)に関係していました。コンピューティングデバイスに対するクレームは、インデックスの抽象的な概念ではなく、電子デバイスの改良されたユーザーインターフェイスに関するものであると裁判所が結論付けたため、特許適格と判断されました。裁判所は、クレームは「電子デバイスで情報を要約および表示する特定の方法」に向けられたものであり、クレームはそうではなかったと認定しました。
「コンピュータ上で汎用インデックスを表示するための従来のユーザーインターフェイスメソッド」。

連邦巡回控訴裁判所は、ステップ1でトレーディングテクノロジーズインターナショナルv。CQG、Inc.、675 F. App’x 1001(Fed。Cir。2017)で資格のあるユーザーインターフェイスの申し立ても発見しました。問題のクレームには、商品取引に関連する「市場情報の表示方法」が記載されています。

具体的には、クレームは、動的な量の入札と質問の情報を静的な価格情報とともに表示するインターフェースを引用しているため、トレーダーは商品をより迅速に取引できると同時に、希望の価格で取引が行われます。Id。それらの発明者は静的価格設定、動的数量、入札価格、または売値を発明しなかったが、裁判所は、主張されたインターフェースは先行技術モードの改良であり、先行インターフェースでは価格は取引が実行されている間に変化する市場状況について。Id。1006年。

連邦巡回控訴裁判所は最近、Borland / DETスプレッドシートタブの特許クレームが抽象的アイデアに関するものであるという地区裁判官の判決(一部)を破棄しました。Data Engine Technologies v。Google、F。Cir。2017-1135(2018年10月9日)。連邦巡回裁判所は、請求の少なくとも一部は抽象的ではなく、複雑な3次元電子スプレッドシートをナビゲートするための特定の改善された方法に関するものであると判断しました。

適格な発明では、既存の3次元スプレッドシートインターフェイスに「ノートブックタブ」を追加して、ページ間を移動しました。スリップOp。7-8で。繰り返しになりますが、3次元のスプレッドシートには、クレームされた発明がすでに存在しており、「人間は長い間タブを使用して情報を整理していました」。at 20.この否定できない事実にもかかわらず、連邦巡回控訴裁判所は、代表的な主張がユーザーインターフェース技術の特許性のある改善を列挙していると判断した。ここで主張された特許とは異なり、巡回裁判所は、特許が「3次元ワークシート環境をナビゲートするための使い慣れたノートブックタブを備えた非常に直感的で使いやすいインターフェイス」を提供することにより、既存のインターフェイステクノロジーの問題を解決したと認定したため、特許適格。スリップOp。at 13.ここでの分析にとって重要です。巡回裁判所は、ノートブックタブの改善により、特に「ユーザーが馴染みのあるオブジェクト、つまり、ユーザーが既に知っている現実世界のオブジェクトのパラダイム」を含むため、コンピューターベースの問題を解決したことを開示しました。at 4.この申立の目的のために、裁判所は、Core Wireless、Trading Technologies、およびData Engineの決定が説得力があると判断します。ここでの主張は、出会い系アプリケーションのための、この場合の新しいユーザーインターフェースに向けられています。たとえば、クレーム1(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。このアプリケーションの特徴は、「[オンラインデートプロファイル]のグラフィック表示」である「カードのスタック」と、それらに関するユーザーの好みです。ユーザーがすでに知っている現実世界のオブジェクトのパラダイム。」Slip Op。at 4.この申立の目的のために、裁判所は、Core Wireless、Trading Technologies、およびData Engineの決定が説得力があると判断します。ここでの主張は、出会い系アプリケーションのための、この場合の新しいユーザーインターフェースに向けられています。たとえば、クレーム1(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。このアプリケーションの特徴は、「[オンラインデートプロファイル]のグラフィック表示」である「カードのスタック」と、それらに関するユーザーの好みです。ユーザーがすでに知っている現実世界のオブジェクトのパラダイム。」Slip Op。at 4.この申立の目的のために、裁判所は、Core Wireless、Trading Technologies、およびData Engineの決定が説得力があると判断します。ここでの主張は、出会い系アプリケーションのための、この場合の新しいユーザーインターフェースに向けられています。たとえば、クレーム1(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。このアプリケーションの特徴は、「[オンラインデートプロファイル]のグラフィック表示」である「カードのスタック」と、それらに関するユーザーの好みです。ここでの主張は、出会い系アプリケーションのための、この場合の新しいユーザーインターフェースに向けられています。たとえば、クレーム1(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。このアプリケーションの特徴は、「[オンラインデートプロファイル]のグラフィック表示」である「カードのスタック」と、それらに関するユーザーの好みです。ここでの主張は、出会い系アプリケーションのための、この場合の新しいユーザーインターフェースに向けられています。たとえば、クレーム1(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。このアプリケーションの特徴は、「[オンラインデートプロファイル]のグラフィック表示」である「カードのスタック」と、それらに関するユーザーの好みです。
カードは「ジェスチャー」によって検出され、「肯定的な選好」ジェスチャーは「右スワイプ方向の検出」によって決定されます。ユーザーがこのジェスチャーを実行すると、インターフェースが変更され、新しい情報項目と最初のカードを自動的に取り外します。裁判所は、これらの主張が既存のインターフェース技術を十分に改善し、第101条に基づく却下の申し立てに耐えることができると認定します。

‘023特許のクレームは、「[スタックの最初のオンラインデート]の最初のカードとしての[最初のオンラインデートプロファイル]のグラフィカルな表現」を提示する「インターフェース」、「ジェスチャーを検出する」プロセッサ、肯定的な好みの指示に対応し、システムは肯定的なジェスチャーに関連付けられた「右スワイプ方向」を検出できます。たとえば、クレーム3を参照してください。ジェスチャの検出に応答して、インターフェイスはプロファイルの2番目のグラフィック表示を自動的に表示し、最初の表示を削除します。Id。裁判所は、この動議の目的のために、 ‘023特許のクレームはCore Wireless、Trading Technologies、およびData Engineのクレームと区別できないというMatchの主張に同意します。これらの適格な特許クレームと同様に、ここでのクレームはこの場合の新しいユーザーインターフェースを対象としています。出会い系アプリケーションの場合。たとえば、クレームI(「ユーザーインターフェイスをナビゲートする方法」を引用)を参照してください。クレーム3(特定の方法でグラフィックスを提示する「インターフェース」を含む「システム」を引用)。アプリケーションの特徴は「カードのスタック」、つまり「[]オンラインデートプロファイルのグラフィカルな表現」であり、これらのカードに関するユーザーの好みは「ジェスチャー」によって検出されます。ジェスチャーが決定されます
ユーザーがジェスチャを実行すると、新しい情報の表示と最初のカードの自動削除の両方が行われるようにインターフェイスが変更されます。

これらの革新により、既存のインターフェース技術が改善されます。この改善は、「[潜在的な一致]を介したユーザーのナビゲーションの速度」を向上させたため、商業的に成功しました。これは、インターネットを介して他の人と会うことに興味を持つかなりの数の人々にとって明らかに重要です。Core Wireless、880 F.3d 1363; ¶J103-105のFAC; 125- 28。

‘811特許は、’ 023特許と同じ理由の多くに適格です。’023特許と同様に、オンラインデートプロファイルのグラフィカルな表現を備えたインターフェースを採用したシステムについて説明しています。「スワイプジェスチャ」の使用によるプリファレンスの表示、およびそのようなジェスチャの受信後に1つのプロファイルを削除し、別のプロファイルを表示することについて説明します。たとえば、請求項7を参照してください(「[インターフェイスに、最初の潜在的な一致の表示を事実上削除させ、….インターフェイスに、次の潜在的な一致を表示させます…
」)。したがって、 ‘023特許とほぼ同じ方法で、非抽象的な主題を述べています。裁判所は、 ‘811特許が、より狭い機能と、改善されたインターフェイスとシステムのフローに関するより詳細な事項を記述していることに同意します。

裁判所は、Berkheimer v HP、Inc.、881 F.3d 1360(Fed。Cir。2018)およびAatrix Software、Inc. v Green Shades Software、Inc.、890 F.3d 1354(Fed 。Cir。2018)。バークハイマーでは、巡回裁判所は次のように書いています。

クレーム要素または要素の組み合わせが関連分野の熟練した職人にとって十分に理解され、日常的であり、慣習的であるかどうかの
問題は、事実の問題です。このような、無効性の結論に関連する事実は、明確で説得力のある証拠によって証明されなければなりません。Microsoft Corp.
v。i4iLtdを参照してくださいP’ship、564 US 91、95、131 S.Ct. 2238、180 L.Ed. 2d 131(2011)。無期限、実行可能性、または自明性と同様に、クレームが特許適格性のある
主題を引用するかどうかは、根本的な事実を含む可能性のある法律の問題です。Akzo Nobel Coatings、Inc. v。Dow Chem。Co.、811 F.3d 1334、1343(Fed。Cir。2016)
(「無期限とは、私たちがde novoで検討する法律の問題であり、[]根本的な事実の決定を条件とする。」); Alcon Research Ltd. v。Barr Labs。、Inc.、745
F.3d 1180、1188(Fed。Cir。2014)(「クレームが35 USC§112の有効化要件を満たしているかどうかは
、判断の根拠となる事実の調査結果に基づいている可能性がありますが、私たちは尊重せずに検討する法律の問題です明確なエラーを確認します。」); Apple Inc. v。Samsung Elecs。Co.、
Ltd.、839 F.3d 1034、1047(Fed。Cir。2016)(en banc)(「自明性は、基礎となる事実に基づく法律の問題です。」)。私たちは以前に「101条の
調査には「事実上の問題が含まれている可能性がある」と述べました。」Grader、811 F.3d at 1325(元の強調)(Accenture Global Servs。、GmbH v.Guidewire Software、Inc.、728 F.3d 1336、1341(Fed。Cir。2013)を引用
)そして、最高裁判所は、§101の決定を下す際に、調査が「時々
§102に基づく新規性のような他の事実集約的な調査と重複しています。Mayo、566 US at 90、132 S.Ct. 1289。 

InAatrixでは、裁判所は次のように書いています。
クレーム要素または要素の組み合わせが、特定の時点で関連分野の熟練した職人にとって十分に理解され、日常的であり、慣習的であったかどうかは、
[ing]証拠、「mak {ing]信頼性判断」、および「エナメル化に完全に抵抗する狭い事実」に対処します。at 967(Pierce v。Underwood、487 US 552、561-62(1988)を引用)。アリスの最高裁判所は、主張された活動が「業界に以前に知られている」かどうかを質問し、メイヨーでは、彼らが「以前にこの分野の研究者に関与していた」かどうかを尋ねました。AliceCorp. Pty。v。 134 S. Ct。2347、2359 (2014); Mayo Collaborative Servs。v。Prometheus Labs。、Inc.、566 US 66、73(2012)。実際、裁判所は、「追加のステップの重要性を評価する際に、§101の特許適格性調査と、たとえば、§102の新規性調査は時々重複する可能性がある」と認識しました  。  Microsoft Corp. v。Biscotti、Inc.、878 F.3d 1052、1068(Fed。Cir。2017 )。最高裁判所とこの裁判所は、何十年もの間、予測は事実上の問題であると述べてきました  。特許の適格性に関する究極の問題は法律の1つですが、事実の根本的な問題が含まれていることは驚くことではありません。

Aatrix、890 F.3d at1355。UnderFed。R. Civ。P. 1 2(b)(6)原告(すなわち、特許権者)による苦情で主張されたすべての事実は真であるとみなされ、原告が訴状で訴えた事実に基づいて勝訴できない場合にのみ解雇が適切です。さらに、裁判所は、この初期段階では、発見は発生しておらず、専門家も関与も退陣もしていないと指摘している。申し立てで行われた申し立てを、Matchにとって最も有利な観点から見て、Matchの有利な推論をすべて解釈すると、裁判所は、ルール12の段階でMatchが行った申し立てに異議を唱える根拠がありません。

特許が有効であるという推定があります。Ruiz v。AB Chance Co.、234 F.3d 654、662(Fed。Cir。2000)。被告は、明確で説得力のある証拠によって無効性を証明する負担を負い、その負担は、正当性を証明するために原告である特許権者に移ることはありません。却下の申し立てが特許不適格主題の主張に基づいている場合、「特許の妥当な解釈のみが不適格の明確かつ説得力のある証拠でなければならない」場合を除き、却下は一般に不当です。JSDQMesh Techs。LLC v。Fluidmesh Networks、LLC、Civ。No. 16-212、2016 WL 4639140、* 1(D. Del。Sept. 6 2016)(元の強調); accord Ultramercial、Inc. v。Hulu、LLC、722 F.3d 1335、1339(Fed。Cir。2013)、vacated sub nom。

WildTangent、Inc. v。Ultramercial、LLC、134 S. Ct。2870(2014)。特許訴訟では、特許に付随する有効性の推定により、却下の申立ての成功はより困難になります。

35 USC§282(a)(「特許は有効であると推定されるものとする…」[および]特許の無効性を確立する負担またはその請求は、かかる無効性を主張する当事者に委ねられる」を参照。

すべての裁判所がこの推定を§101に基づく有効性の異議申し立てに拡張したわけではありませんが、裁判所は有効性の法定推定を適用した決定に同意します。たとえば、Proto Labs、Inc. v。Ico Products、LLC、civ。を参照してください。No. 15-2562、2016 WL 4974951、* 5(D. Minn。Sept. 2016)(ケースの引用および法定有効性の推定の適用)。

裁判所は、これらの要因に基づいて、却下の申し立ての拒否が現時点で適切であると判断します。裁判所は、この判決は、サマリージャッジメントの段階で将来再び提起されることを害することなく行われることに留意している。レコードの発見とさらなる発展の後、バンブルは主張されたクレームが無効であることを実証することに成功する可能性が完全にあります。裁判所の決定は、§101の無効化の異議申し立てが却下の申立ての段階で拒否された他のケースと一致しています。たとえば、Bascom Global Internet Servsを参照してください。v。AT&T Mobility LLC、827 F.3d 1341(Fed。Cir。2016); およびMcRO、Inc. v。バンダイナムコゲームスAm。Inc.、837 F.3d 1299(Fed。Cir。2016)。

B. BumbleのMatchの企業秘密クレーム
マッチを却下する動きは、BumbleがTinderで社内で開発されたデザインコンセプトを採用し、自社製品用にリリースしたと主張しています。バンブルは、それが盗んだ特定されたビジネス概念は、実行された場合、それがなかったので、秘密であることから価値を引き出すことができなかったと主張します。裁判所は、これは事前発見段階での解雇にふさわしくない問題であると認定し、今後、略式
判決の申し立てとして修正されることを妨げることなく、申し立てを拒否します。

C.制限条項に
基づいて解散するバンブルの申し立てバンブルは、制限条項に基づいて裁判所を却下するよう移動します。タイムバーは積極的な弁護であり、バンブルには、クレームがタイムバーであることを証明する負担があります。米国対セント。Gulf Lines、Inc.、974 F.2d 621、629(5th Cir。1992)。裁判所は、この問題を法的な問題として解決するかもしれない、その寄託時に提起された証拠に基づいて、訴訟が修正されることを害することなく、動議を拒否します。

D.バンブルのストライキの動き:
バンブルは、第一修正訴状の段落20 1-208を打つために移動しました。裁判所はこの申し立てを否定します。

III。結論
上記の理由により、裁判所は被告バンブルの却下の申し立てを全面的に否定します。したがって、次のとおりです。

ORDEREDそれらの特許が物がされ、特許不適格対象に向けられていることに基づいて「811と」023特許を却下するという被告のモーションを損なうことなく否定しました。

さらに、原告の営業秘密の主張を却下する被告の申し立ては、偏見なく拒否されることを命じた。

さらに、制限条項に基づいて却下する被告の申し立ては、偏見なく拒否されることを命じた。

FINALLY ORDEREDストライキ被告のモーションがされていることを否定しました。

2018年12月18日に
署名しました。ALAND ALBRIGHT

アメリカ合衆国地区裁判官

Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here