何も考えず、自分に優しくすると、健康になる。…

0
74


 
心のストレスは、体の老化を早め、老化は病気の発症率を5000倍に増加させるというので、ストレスを減らすことは、健康にとっては、重要と言えますよね。ちょっと、最近の論文を読んでみると、以下のような効果があるようです。
 
A: 乳がんには、瞑想、MBSR、CBCTが有効で、ストレス、炎症性サイトカインを減らすことができます。
B: 前立腺がんには、MBSRが有益です。

ここで、MSBRは、「マインドフルネス・ベースのストレス軽減」の略語ですが、一体、何をすれば、良いのでしょうか? まとめてみました。

①ボディスキャン: 身体の個々の部分に意識を集中します。ヨガの姿勢で身体の部分に意識を集中するのも有効です。
 
②座り瞑想:快適な姿勢で座り、呼吸の感覚に完全に注意を向けます。
 
③何も考えないで受け入れる。現在の瞬間に集中し、来るものを自然に受け入れ、面白そうなことには、好奇心をもちます。
 
⑤感情の理解: 感情は、単なる感情であることを理解します。

⑥新鮮な心を持ち、不信感を捨て、自分の心を信じます。どうでも良いことは、思考からリリースしてあげましょう。
 
⑦自分に優しくします。親切で温かく、自己非難しないことが大切です。

CBCTは、思いやりのトレーニングのようです。要するに、自分に優しく、人にも甘くということかと思いました。
 

情報元:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6623989/…




Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA