会社の寿命(1984年)とISO…

0
190

 
本の整理をしていたら、「会社の寿命」という有名な本が出てきたので、読みかえしてみる。すると、面白いことに気づく。この本の最後には、「新卒の諸君には、企業を歴史的に観る目を養う手段としてほしい」と書いてあった。どうやら、この本は、「新卒学生向けに書かれた本」だったのだ・・。
 
本の著者は、自分なりの信じるベストな道を示す気持ちで、その言葉を書いたのだとは思う。これは1984年の出版だそうだ。この場合、当時の思想であれば、「ベストな道のチェーン」が続くような社会になるだろうと、思った。




Source