人工多能性幹細胞(iPSCs)…

0
36

 
雑誌「ムー」を読んでいると、気になる記事が幾つか見つかる。真実なのか、ウソなのか、わからないことも多いけれど、普通の新聞記事よりは、役に立つことも多い。
 
今月号で、一番の気になったのは、iPS細胞から、人間を培養する記事だった。
 
iPS細胞と言えば、日本では「山中伸弥」教授が有名である。もちろん、iPS細胞については、日本だけではなく、世界中で研究が行われている。記事の研究成果は、日本ではなく、ドイツのものだった。ドイツでは、人間の細胞を培養して、人間のミニ脳を成長させ、育てる実験が行われた。このミニ脳に、ビタミンAを加えると、なんと、2つの眼が発現してきたという。
 
美味しい食品に興味がある人の数に比べると、iPS細胞に興味のある人の数は、圧倒的に少ない。たから、ブログの記事を書いても、普通だと、アクセス数は伸びないという課題はある。
 
ただ、iPS細胞とビッグデータの解析について、少しだけ専門家っぽく見えるように、修了証明書が取れる講座を探してみると、ニューヨークのマウントサイナイ医科大学というとことで、iPS細胞の遺伝子解析コースが開講していた。これにしようと思った。
 
論文1
https://www.cell.com/cell-stem-cell/pdfExtended/S1934-5909(21)00295-2
 
論文2
https://www.eurekalert.org/news-releases/925127




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here