中国のイノベーションの源泉はどこにあるのか 【解説動画】テクノロジーに対する受容力と順応力 | DHBR Video

0
32


中国のイノベーションの源泉はどこにあるのか?
 
ハーバードビジネスレビューの動画では、中国のGDP成長率32倍のグラフが作られていた。中国では、急速な成長に、ユーザが対応する習慣ができており、イノベーターやアーリーアダプターのユーザが多いという。かつては、コピーキャットと言われた中国であると、中国の多くの人が認めるけれど、この10年でイノベーティブでもある国に変貌している。動画の解説によると、優れたアメリカ企業は、コピーキャットのマネをするコピーキャットでもあるそうだ。中国にも学び、模倣する時代ということらしい。
 
ちなみに、解説動画の中で、日本の国旗や話は、ぜんぜん出てこない。そのほか、気になったことというと、プレゼン自体は、どうやって作っているのだろうか? 見た目は、最近のPreziのビデオツールのようにも見えるけれど、アニメーションは、それ以上に凝っているようだ。どうやって、作ったのか、気になる。

中国のイノベーションの源泉はどこにあるのか 【解説動画】テクノロジーに対する受容力と順応力 | DHBR Video



Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here