世界の今を知る@Windyの衛星データ…

0
60

 
最近、Windyさんが進化し始めている。風の情報だけでなく、ライブカメラも統合し始めたようだ。たとえば、オーストラリアのワイケリーから20kmほどのところにあるボニーリバーランド湖のようすを知ることができる。大学生のころ、この界隈の上空をグライダーで飛んでいた時には、この湖には気がつかなかったけれど、ここも風光明美な場所だと思う。
   
そのほか、Windyを見ると、世界で、NOx(二酸化窒素)が多い地域は、どこなのかがわかる。NOxは、間接的には、ガソリン自動車などの数を示している。ロックダウンや経済活動が縮小すると、NOxは減るので、衛星データからわかることは多い。
 
時代は、大きく変わってきているのだと思った。 

公式サイト:https://www.windy.com/





Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here