ワクチンとデルタ重症化に対する効果…

0
36

ワクチンを注射したら、デルタ型のコロナウイルスによる重症化(hospitalization:入院)を予防できるのだろうか?
 
たぶん、以下の論文を根拠として、重症化が抑制できる、とされているのではないだろうか。
 
わかりにくい論文なので、自分で表にしてみた。
 
この表で、重症化に対する効果、ワクチンの効果(VE)の定義は、VE=1ー(症候性疾患のオッズ比(OR)×入院ハザード比(HR))という良くわからない定義だった(資料①内のリンクにあります)。
 
この式は、患者が発生する率が高く、かつ、どんどん入院する状態なら、ワクチンの効果(VE)が低いという風に読むと思う。だから、この効果(VE)の数値が高ければ、患者が発生しにくい、どんどん入院する人が少ない、すなわち、重症化しない人が多いと読むと思う(ちょっと自信ないので、間違っていたら、教えてください・・)。
 
この論文(資料①、②)には、モデルナの話は出ていない。モデルナの種類は、mRNA-1273というのだろうと思うけれど、Pfizer-BioNTechと同じ技術を使用しているようだから(資料③、④)、効果も、似たような感じかもしれない。
 
いずれの場合も、ワクチンは、時間が経つと、効果が薄れるようだ(資料③)。とすると、イスラエルのように、再度、ワクチンを打つことになるのかな。
 
出典:
①Yale Medicine
https://www.yalemedicine.org/news/5-things-to-know-delta-variant-covid

②England Journal of Medicine
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2108891
 
③BNT162b2 m-RNAワクチン(BioNTech&Pfizer)
https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/189643/2kichou.pdf

④Comparing the COVID-19 Vaccines: How Are They Different?
https://www.yalemedicine.org/news/covid-19-vaccine-comparison




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here