バカの研究。…

0
46

人目を惹きそうな本のタイトルを、パラパラと見ていて、日本語の「バカ」という言葉は、不思議な言葉だと思った。「バカ」という言葉は、ちょっとしたキャッチコピーとして、使われているようだ。

最近の出版だと、「バカの研究」という本がでているけれど、フランス語の原題は、「Psychologie de la Connerie」(愚か者の心理学?)。だから、タイトルの日本語訳は、すこ~し、ローカライズされていると思う。

理由は、よくわからないのだけれど、きっと日本では、「バカ」という言葉に、なんらかの反応をする確率は、高いのだろうね。なんでだろう、なんでだろう。


Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here