ドキドキ文芸部。…

0
57

 
「ビデオ・ゲーム開発における一番の問題は、実はゲーム作りとは関係ない。何百年にもわたって芸術家たちを悩ませ、創作活動の障害となってきた問題だ」(出典:血と汗とピクセル)。
 
さて、今日は、スゴイと思ったゲーム「ドキドキ文芸部」について書いてみる。日本アニメのように見えるけれど、これはアメリカで開発した「ホラーゲーム」。物語に隠された意外な展開に、恐怖するのだそうだ・・・。製作ディレクターは、Dan Salvato氏。
 
オリジナルは、英語版なので、英語の勉強には、ちょうどいい。英語版でよければ、itch又はsteamから無料でダウンロードできる。プラスという有料商品は、日本語にも対応しているようだ。
 
ゲーム自体は、たぶん、UNITYのアセット「宴3 Unity Text Adventure Game Engine Version3」(88ドル)を使って作られていると思う。ダウンロード数は、300万以上はあるだろう。

どうして、このゲームがスゴイと思うかというと、ネット情報評価サイト「メタクリティック」の中での評価点が、第7位であり、かなり高いから。第1位は、マイクロソフト社のフライトシミュレーター。コアなファンを作ろうとしているという意味では、これらのゲームは、似ている気がした。
 
① Steam
https://store.steampowered.com/app/698780/Doki_Doki_Literature_Club/
 
② itch
https://teamsalvato.itch.io/ddlc
  
③メタクリティック
https://www.metacritic.com/game/xbox-series-x/doki-doki-literature-club-plus!




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here