シェールガス(天然ガス)。 〜ロシアの声(その2)〜…

0
393

 最近、バルチック海運指数が急上昇している。船舶の活動が活発になると、上昇する指数だ。日本の船舶会社の株価も上昇している。

 さて、何を運ぶのだろうか?

 ヨーロッパとロシアの間の物流が止まると、アメリカから購入することになる可能性があるのかな? 特に、ウクライナの天然ガスで揉めると、アメリカのシェールガスは、ヨーロッパに売れる。

 その他、石油や天然ガス関連で、中東で紛争が起きるとか、そんなことが起きたら、シナリオの通りになるかもしれない。

 ロシア側は、天然ガスの売り先がなくなると困るので、中国に売ることにしたはずだと思う。

 そこには「険悪になれば儲かる」という構造があって、「経済圏の組み替え」が進むだろう。シェールガスもそうであるし、この変化に巨額の投資をしていると、逆の動きには、反対をするに違いない。

 その1つの新経済圏TPPの加入には、マレーシアが反対しているようなので、マレーシア機の撃墜には、アメリカ等(の中の特定のグループ)の陰謀説もでているのだけれど、いずれも憶測にすぎないのだ・・・。

 ・・・などと書きながら、我ながら、頭のおかしい宇宙人の戯言かもしれないと、思ったりもするね。^__^/

(添付写真)バルチック海運指数のグラフ。7月の終わりから、一気に上昇を始めている。




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here