キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)

0
42

マフィア型の組織の価値について考える。
 
スタートアップ本を読んでいたら、創業時の知的財産情報契約(PIIA)について、書かれていた。PIIAは、例えば、発明等は、会社に帰属するという感じの契約のことである。このように、株式市場などで譲渡性のある企業では、知的財産を社内に留める工夫がなされる。
 
一方で、マフィア型の組織の場合は、どうだろう? 日本では、あまり人気がないと思うが、「キングスマン」は、マフィア映画である。ギャング映画といってもいい。キングスマンには、資金は大量にあるのだけれど、株式市場では、取引されていない。
 
このようなマフィア型の組織の場合、その価値の作り方は、株式会社とは、だいぶ異なる気がする。100年を超えるような組織もあるのかもしれないが、あまり知られていない。
 
調べて、本でも書いたら、売れるかも・・。
 
キングスマン: https://amzn.to/2V99IUcな

キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫)

Amazon.co.jp: キングスマン ゴールデン・サークル (竹書房文庫) eBook: ティム・ワゴナー: Kindleストア


Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here