オリンピックの経済効果…

0
28

 
ニュースを見ると、が話題になっている。経済効果と言っても、利益があるグループと、損失があるグループと、実質的に無関係なグループがあるし、短期と長期では、利害得失も変わるだろう。
 
昔の日経記事を読むと、スタジアム建設等の直接費用は、1兆円を超えるらしく、建物が完成してお金が入ってきたところは、現時点で、オリンピックが中止になっても、損失は発生しないんじゃないかな。鉄鋼・資材も、同じ。飲食産業は6500億円を見込んでいたらしいけれど、もしも、無観客開催だったら、利益にはならないよね・・。さらに、日本の社会構造として、かなりの無関係グループもあるとは思う。
 
オリンピックの費用は、どこからか出ているのだろうけれど、3兆円の出費となると、国民1人当たり3万円を集めて開催するということに等しい。集めた3万円で、短期的・長期的に、経済的あるいは社会的な利益がでるのかという点を本筋として詰めて、不利益があるようなら、それも知恵を絞れば、なんとかなるとは思う。
 
もっとも、経済効果の計算自体が、かなりの利害を含んで計算されることが多いようなので、普通の人が、経済モデルを簡単に計算できるような民主化も、この国には、必要だと思った。
 
関連記事:経済効果の計算
https://www.nikkei4946.com/knowledgebank/visual/detail.aspx?value=89&page=6#list




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here