インドと言語。…

0
87

 
インド人は、英語を話すのかというと、ちょっとわからないけれど、公用語は22言語あるそうだ。今日は、「Magzter」という定額雑誌のサイトで、子供向けの雑誌を覗いてみた。この雑誌の言語は、何語か分かるだろうか? 最初に見たときは、タイ語なのかなと思ったけれど、実は違った。
  
調べてみると、この言語は、インド南部の「マラヤーラム語」らしく、3570万人ほどユーザがいるらしい。
 
「Magzter」では、そのほか、中国の自動車工業や、医薬系の雑誌など、5000冊ほどが読める。月額約1000円で利用できる。
  
各国の雑誌は、日本とは、色使いや、フォントのデザインが、大きく異なる。マンガのコマ割りも異なる。マラヤーラム語の子供向け雑誌には、2列8コマ漫画が出ているけれど、右から読むか、左から読むか、分からなかった。
 
1000円を払わなくても、最初の数ページは、覗いてみることは、できる。個人的には、「メンズ雑誌」のジャンルの他、教育カテゴリーの「コロンビア・ジャーナリズム・レビュー」という季刊誌が、面白いと思った。
  
定額制のサービスとして、個人的には、日本では、Book放題を使っている。こちらは月額500円で、経済雑誌と、アニメ雑誌などを読むことができる。東洋経済、エコノミスト、プレジデントなどの経済紙も含まれているので、お得だと思う。
 
(1)Magzter
https://www.magzter.com/
 
(2)Book放題
https://bookhodai.jp/




Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here