なるほど診療報酬!|国民のみなさまへ|日本医師会

0
37

医師と報酬について考える。

専門性の高い職業として、よく「医師」が挙げられる。医師の場合は、患者の負担は、健康保険で助成され、抑えられているが、国からもお金が貰えると思えば、その他の職業からすると、羨ましいことなのかもしれない。

報酬は、需給バランスにも依存するので、医師の多いペルーでは、報酬は、とても安い。

一方、医師会では、「診療報酬の過度の抑制が続いているために、深刻な医療崩壊が起きています」と話している。確かに、介護、入院、手術など、肉体労働を伴う仕事は、採算がとりにくいと思う。

もちろん、画像解析やデータ解析が充実すれば、病気の判断や標準的な治療法は、人工知能が教えてくれるようになるだろうから、標準的な頭脳作業は楽になる。ここで、負の感情を経験した人などからか、医師不要論というのもでてくる。ただ、標準的頭脳作業を超えて、低コストで、病気を治すことができる医師は、少ないと思う。

国策の場合は、人が死んだ方が都合がよいという場合もあるし、ペルーの例にもあるように、国が介入すれば、報酬は自由自在で、高くすることも、低くすることもできる。結局のところ、健康保険が無くても、患者の負担が減り、医師も助かるという仕組みを作ろう! というのが、時代にはあっているのではないだろうか。


バックナンバー:
http://159.89.207.219/

なるほど診療報酬!|国民のみなさまへ|日本医師会

私の払っている医療費ってどうなってるの?なるほど診療報酬! 日本医師会は適正な医療費の中で国民が安心、納得できる過不足ない医療の提供を目指していきます。

Source

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA