「老舗」が消える理由を考える。…

0
183


銀座で消えた老舗を検索すると、最近だと「白いばら」がヒットしますが、その他にも、結構ありますよね・・。特に、飲食店が多い気がします。

さて、近年、ニューヨークで、 閉店した知財系の法律事務所というと、Kenyon & Kenyon; Pennie & Edmonds; Fish & Neave; Morgan & Finnegan; Darby & Darby; and Brumbaugh, Graves, Donohue & Raymondなどだそうで、100年以上の老舗が、あっけなく閉店しています。

リーガル業界を含めていろんな業界で、マクロ環境は変化しているので、環境変化にすばやく適応できるとか、未知の世界への調査隊を活動させるとかは必要だと思うのですが、最近だと、「看板を維持した合併」というのがあるようです。

そういえば、吉野家、はなまるうどん、ガストの「共通割引券」が好評なようで、そういうパターンもあるのかと、思ったのでした。



Source

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here